Author: web

Home / Articles posted by web
バイク保険って必要ですか?

バイク保険って必要ですか?

どんな記事?

・バイク保険には、必ず加入しなければならない自賠責保険とバイク任意保険の二種類がある

・バイク任意保険は、自賠責保険ではカバーされない範囲を補償するための保険である

・対人賠償に関して、自賠責保険では最高3000万円までしか補償されないが、任意保険では全額補償を選択できる

・自賠責保険では対物補償がされないが、バイク任意保険では対物全額補償を選択できる

 

 

(内容)

今回、扱うのはバイク保険です。バイクは自動車に比べると事故率が高い乗り物です。バイクを利用されている方は一度はバイク任意保険の加入を検討したことがあるのではないでしょうか。自動車の任意保険と比べると加入率が低いバイク保険ですが、万が一の事故に備えるバイク任意保険について解説したいと思います。

 

 

・バイク保険とは?

バイクに関する保険は自賠責保険とバイク任意保険の2種類があります。

自賠責保険とは、強制保険と呼ばれていて、公道を走るすべての車、バイクに加入が義務付けられています。もし、加入せずに公道を走った場合は、1年以下の懲役、または50万円以下の罰金、6点の違反点数がついて、30日間の免許停止となります。

一方で、バイク任意保険はこの自賠責保険で補償されていない範囲をカバーするための保険で、バイク利用者が任意に加入できるものです。

 

まず自賠責保険で補償されている範囲を見てみましょう。

 

 

・自賠責保険の補償範囲

自賠責保険では、バイクの運行中に他人にケガをさせたり、死亡させたりする対人賠償事故を補償します。補償内容は、傷害による損害で最高120万円、死亡による損害で最高3000万円などになっています。その他にも後遺障害による損害に対しても補償がでます。

仮にこの自賠責保険だけに加入しており、バイク任意保険に加入しなかった場合、次のようなことが考えられます。

 自賠責保険で足りない相手方への賠償は自身で負担

 他人のものを壊してしまった場合は、全額自身で負担

 自身のケガ、同乗者のケガも自身で負担

事故を起こしてしまった際に請求される損害は莫大なものです。自賠責保険では足りない部分を補填するために、バイク任意保険の加入が推奨されています。

それでは、バイク任意保険で補償される内容を見ていきましょう。

 

 

・バイク任意保険の保険対象

バイク任意保険には、大きく対人賠償保険、対物賠償保険、搭乗者傷害保険、人身傷害保険の4つがあります。それぞれの保険の内容を1つずつ見ていきます。

  対人賠償保険

対人賠償保険は、自賠責保険でまかないきれなかった保険金額の差額分を補償します。仮に死亡事故を引き起こした際に数千万から数億円の損害賠償請求がきたときには、自賠責保険では十分に損害賠償責任を賄えない場合があります。そのため、多くの人は対人賠償保険では、無制限の保険をかけることが多いです。

  対物賠償保険

対物賠償保険は事故によって破損させてしまった物に対する損害賠償を補償する保険です。自賠責保険には対物補償はないため、こちらも多くの人が全額補償を選択しています。

  搭乗者傷害保険・人身傷害保険

搭乗者傷害保険は、バイクに同乗していた人がケガをした場合に支払われる保険で、人身傷害保険は運転者がケガをした際に支払われる保険です。どちらも傷害保険や医療保険で治療費の多くの部分が支払われるので、これらの保険の加入状況を見て申し込むことが多いようです。

 

 

いかがでしたか?もしバイクによく乗られる方でしたらバイク保険への加入を検討してみてもよいのではないでしょうか?事故はいつ起こるかわかりません。万が一事故を起こしてしまった場合に備えて、十分準備しておきましょう。

 

自転車保険は必要ですか?

自転車保険は必要ですか?

どんな記事?

・自転車保険は、自分自身の治療費をカバーする傷害補償と、損害賠償金をカバーする個人賠償責任保険の2つ

・自転車保険加入を検討する際に肝となるのが、個人賠償責任保険の有無

・自動車保険や火災保険の特約で個人賠償責任保険に加入していれば、自転車保険は必要ない

・もし個人賠償責任保険も医療保険にも加入していなければ、自転車保険の加入を検討してみるのがよい

 

 

(内容)

近年、県や自治体などが、自転車保険の加入の義務化を導入・検討しているほど、自転車保険はその必要性が注目されています。みなさんは自転車保険の補償内容についてくわしくご存知でしょうか。ここでは自転車保険について解説していきます。

 

・自転車保険の構成

自転車保険には、自分自身が怪我をしたときの治療費をカバーする「傷害補償」と、事故によって第三者にケガをさせた、また財物を傷つけたときの損害賠償金をカバーする「個人賠償責任補償」の2つで構成されています。

自転車保険の義務化が検討されているのは、自転車事故の賠償額が高額になるケースが増えているからです。たとえば、2013年に起きた自転車事故で、自転車で女性をはねた小学生の母親に対して、約9,000万円の支払いが命じられた判決があります。こうしたリスクに備えるために自転車保険は存在すると言えるでしょう。

 

 

・誰が自転車保険に加入する必要があるか?

万が一に備えた自転車保険。しかし誰もが加入する必要があるわけではありません。なぜならこうした損害賠償の肝である「個人賠償責任保険」が、自転車保険でなくとも加入できるからです。

自転車保険が不要な人は主に次の2つのタイプの人です。

①本人が個人賠償責任保険に加入している

②家族が個人賠償責任保険に加入している

個人賠償責任保険は自動車保険や火災保険を通して特約というオプションとして加入することができます。また家族の誰かが個人賠償責任保険に加入している場合、契約者本人以外も補償の対象となっている場合があります。そのため、まずは契約者本人、または家族が個人賠償責任保険に既に入っているかどうかを確認しましょう。もし入っている場合は同じ補償を2つ契約してしまうことになるので損になってしまいます。

また、「傷害補償」についても確認しておきましょう。こちらは医療保険に加入しているのであれば、改めて自転車保険に加入する必要はないといえます。

 

まとめると、

個人賠償責任保険のない人は、自転車保険やその他の保険の付帯で個人賠償責任保険に加入する。

個人賠償責任保険に加入している人で、医療保険に加入していない人は、医療保険や傷害保険と比較して、必要であれば自転車保険に加入する。

個人賠償責任保険と医療保険に加入している人は、自転車保険は特に必要ない。

 

 

いかがでしたか?自転車保険は必ずしも必要ではないということがご理解いただけたのではないでしょうか。事故の際に必要な個人賠償責任保険、また医療保険や傷害保険などがきちんと加入されていれば、必要ではありません。まずはこれらの保険に加入しているかどうかを確認してみましょう。

 

自賠責保険と任意保険って何が違うの?

自賠責保険と任意保険って何が違うの?

どんな記事?

・加入の義務付けられている自賠責保険とそれだけでは不足している部分を補うことを目的とした任意保険の2種類がある

・自責保険の場合、対象となるのは被害者の身体に対するもののみ

・任意保険の被害者の自動車や、自分自身の身体・自動車に対する損害も対象となる

・任意保険は特約も存在し、自分にあった設計をすることができる

 

 

1.自動車保険とは?

みなさんは自動車保険に「自賠責保険」と「任意保険」の2種類があることをご存知ですか??

「自賠責保険」とは、別名強制保険とも呼ばれていて、全ての自動車、バイク、原動機付自動車を運転する場合は加入が義務付けられています。これは自動車損害賠償保障法という法律で定められており、違反すると、懲役・罰金・免許停止などの処分を受けることになります。

一方の「任意保険」とは自賠責保険だけでは不足している部分を補うことを目的とした任意の保険です。死亡事故などを起こすと億単位の賠償金を支払わなければならないケースもあります。この場合は自賠責保険だけでは損害を補うことができません。そこで、この不足分を補うために任意保険があるのです。もちろん任意なので、加入するかしないかは各々が自由に決めることができます。

 

2.それぞれの補償範囲は?

自賠責保険は、自動車事故の被害者を救うことを目的としたものなので、補償の対象となるのは対人事故の損害のみです。つまり、被害者の自動車や自分の身体・自動車に対する損害に対しては保険金が支払われません。また被害者のケガに対する損害の補償額にも上限があり、その上限を超えた部分は自己負担となってしまいます。

自賠責保険で支払われる保険金の最高限度額は死亡時3000万円、後遺障害4000万円、傷害120万円です。この金額は被害者1名ごとに決められているため、もし同時に2人死亡させてしまった場合でも、1人1人に3000万円が支払われます。

 

一方で任意保険の場合は、被害者の身体だけでなく、被害者の自動車や自分自身の身体・自動車に対する損害も対象となります。任意保険のおもな補償内容は以下のとおりです。

 

・対人賠償保険:他人にケガをさせたり、死亡させてしまったときに、自賠責保険の補償上限を超える損害賠償を補う

・対物賠償保険:事故により、他人の車や物などに損害を与えた場合の補償

・搭乗者傷害保険:運転手を含む車に乗っている人が死亡・ケガをした場合に適用される保険

・自損事故保険:運転手の責任で起こった事故により運転手が死亡・ケガをした場合に適用される保険

・無保険車傷害保険:相手方の過失により事故に巻き込まれたが、相手が対人賠償保険に加入していないなど賠償能力が無い場合に適用される保険

・人身傷害補償保険:過失の割合に関わらず、自分自身の過失も含め治療費などの実損害額の保険金が支払われる

・車両保険:事故によって破損した車の損害に対して適用される保険

 

だいたいはこの7種類の保険が組み合わさって販売されています。また補償内容をより充実させたり、補償内容を限定させたりできる特約も存在し、任意保険には様々な種類が存在します。基本的には対人賠償保険・対人物賠償保険・搭乗者傷害保険もしくは人身傷害保険に加入するといいようです。

 

ちょっとした事故でしたら、自賠責保険のみで賠償金を支払うことができるかもしれませんが、死亡事故などを起こしてしまった場合は一生働いても支払えないような金額の賠償金が課せられることも珍しくありません。そのため、現在ではほとんどの人が任意保険にも加入しています。いざというときに備えて、自分に合った任意保険に加入しましょう。

 

知っておいたほうがお得!養老保険について

知っておいたほうがお得!養老保険について

どんな記事?

・養老保険は死亡保険と生存保険の特徴をあわせもった生死混合保険の一つ

・保険期間内に死亡した場合に死亡保険金が、契約満期時には満期保険金が受け取れる

・メリットは、貯蓄型の保険として満期に保険金がもらえ、満期保険金の据え置きや分割での受け取れる

・デメリットとして、毎月の保険料が高いこと、低金利の現在、満期保険金の額が以前よりも少ない

 

 

(内容)

生命保険には大きく、死亡保険、生存保険、生死混合保険の3つがあります。

今日取り上げる養老保険は、生死混合保険の代表的なものの一つです。みなさん養老保険という言葉は聞いたことがありますか?あまり知られていない養老保険について説明していきます。

 

・養老保険って何?

養老保険は貯蓄ができる生命保険の一種です。

契約時に一定の保障期間を定めて、死亡した場合は死亡保険金が、死亡せずに保障期間を満了した場合は満期保険金が支払われる保険です。期間内に死亡した場合も満期に生存した場合も保険金が支払われることから、生命保険のなかでも死亡保険と生存保険の混合である生死混合保険に分類されています。保険料の支払いは契約満了時まで一定となっています。

死亡保障機能と貯蓄機能が備わった保険ですが、利用する場合は貯蓄をメインとして契約される方が多く、保険会社によっては、満期保険金を一定期間据え置くことも、年金のように分割して受け取ることもできます。

生命保険会社が将来の満期保険金の支払いに備えて、保険料の一部を積み立てており、途中で解約した場合には、解約返戻金として積立金の一部を受け取ることができます。

 

・メリット

養老保険は死亡保険と生存保険がセットになっていることが大きなメリットでしょう。

保険料の安い生命保険に加入した場合、毎月の保険料負担が軽くなりますが、支払った保険料が戻ってくることはありません。それに対して養老保険では契約満期時に満期保険金が受け取れるので、毎月の保険料の支払いで計画的な貯蓄をしつつ、万が一に備えた保障が得られるという一石二鳥の保険であることが最大のメリットです。

また契約期間が一定なので、収入が減る時期などに満期を設定しておくことで、無理な保険料の支払い負担を回避するとともに、お金が必要な時期で満期保険金を得られるというように、満期をうまく活用することで計画的な資金運用ができます。

 

・デメリット

生死にかかわらず保険金が受け取れる保険ですが、その分ほかの生命保険よりも保険料が割高になっています。そのため養老保険で高額な死亡保障を確保しようとすると保険料が高すぎて支払い続けられないということが多くなります。

またかつて金利が高かった時代には、多額の満期保険金が受け取れる貯蓄商品として人気でしたが、低金利の現在では満期保険金がわずかに増える程度か支払った保険料の総額より少なくなる場合もあるので、加入する際には注意が必要です。

中途解約した場合の解約返戻金も、それまでの保険料の支払総額よりも下回る額しかもらえない場合があることも覚えておくとよいでしょう。

 

養老保険は保険会社でも扱われていることが少ないですが、特徴とメリット・デメリットをおさえられたのではないでしょうか。養老保険もデメリットばかりではなく、上手に運用すれば活用価値のある保険だと思います。一つの選択肢として考えてみてはいかがでしょうか。

 

0809

定期保険ってなに?

定期保険ってなに?

どんな記事?

・定期保険は掛け捨て型の死亡保障

・契約期間は終了すれば、そのまま保障がなくなる

・契約期間の決め方は年単位か年齢で期間を決めることができる

・世帯主に万が一のことがあった場合、家族の生活を守るための保険

 

 

(内容)

■定期保険とは?

保険には終身保険と定期保険の2種類があります。今回は定期保険の仕組みや特徴についてお伝えします。終身保険は契約した日から一生涯続く、貯蓄性のある保険ですが、定期保険は掛け捨て型の死亡保障と言われており、基本的に貯蓄性はありません。定期保険は、契約された保険期間中に被保険者が死亡した場合、遺族に死亡保険金が支払われるという商品です。したがって、契約期間中に被保険者が死亡しなかった場合には、保険金は支払われません。つまり、契約期間が終了すれば、そのまま保障はなくなってしまう保険なのです。また貯蓄性がないため、積み立てるお金も少ないので、途中解約をしてしまうと、ほとんどお金は返ってきません。だから掛け捨て型と呼ばれているのです。

これだけを聞くと損に思われるかもしれませんね。ですが、そうではありません。定期保険は、契約の終了時期が決まっており、被保険者が亡くならない限り支払は発生しません。なので保険料は比較的安く設定されています。特に若い人ほど、保険会社が保険金を支払う可能性は低くなるので、若い人ほど保険料は安くなります。

 

■契約期間の決め方は?

契約期間の決め方には2種類あります。

まず1つ目は、何年で満了にするかです。これは10年、20年など年単位で期間を決めることができます。ただし、このタイプは更新型なので、10年で契約したとしても、期間が終了すれば自動的に10年保険が延長されます。しかし、更新されると保障内容はそのままですが、更新したときの年齢に合せた保険料になってしまうため、そのぶん、初めに契約した時よりも保険料は高くなってしまうというデメリットがあります。将来更新する予定で加入される場合は、更新後に保険料がいくらかかるのかも考慮して加入しましょう。

2つ目は、何歳で満了と決める方法です。60歳まで、70歳までと年齢で期間を決めることができます。

 

■定期保険の加入はどんなときがおすすめ?

では定期保険はどのようなときに加入するのでしょうか。定期保険は終身保険などと比べると割安な保険料で大きな死亡保障を得ることができます。万が一、世帯主に何かがあった場合でも、残された家族が生活をできるようにお金を残すために加入するといったケースが多く、妻子の生活費や子供の教育資金などを確保することができます。

 

定期保険は掛け捨てと呼ばれていますが、安い保険料で大きな死亡保障を確保することができるというメリットがあります。加入を考える場合は、利用方法や時期、更新料なども考慮して検討してみてください。

 

 

0812