done

Home / コラム / Archive by category "done"
アルバイト以外でお金を稼ぐ方法

アルバイト以外でお金を稼ぐ方法

どんな記事?

・有料インターンシップで働く

・記事を書いたり、アプリを使ってそのレビューを書いたり

・上の2つは、将来的に役に立ちそうなスキルを身につけることができる

・企業がネット上で不特定多数の人に仕事を外注するクラウドソーシング

 

 

 

(内容)

アルバイトはしたいけれど、様々な理由によってできない・・・という人も多いのではないでしょうか?

アルバイトのメリットとして、だいたい安定してお金を稼ぐことができますが、どんなに仕事をしても一定の対価しか支払われません。

 

今回は、アルバイト以外のお金を稼ぐ方法を見ていきます。

 

〇有給インターンシップ

そもそもインターンシップって何でしょうか?

日本では、学生が一定期間企業などで実務を体験することをインターンシップと呼んでいます。種類も1年近い長期のものや1週間前後の短期のもの、さらには有給のものや無給のものがあります。

 

アルバイトとの違いとしては、

・学生のみが応募できる

・自分の成長やスキルアップが目的

・マニュアルなどがなく、自分で考えながら仕事をする

 ことが違いとして挙げられます。

ただし、実際にインターンをするには、競争率が高い場合はいくつかの面接を通過しなくてはなりません。しかし、基本的に自分の興味のある分野で働くことができ、場合によってはそのまま内々定につながったりするケースもあるようなので、成長するにはよい機会になりそうです。

 

 

〇記事を書く・アプリレビュー

比較的取り組みやすいものとして、NAVERまとめやnanapiワークスといったサイトでの記事の執筆、さらにはアプリを実際に使ってみて、その感想を動画にしたりレポートにするアプリレビューなどがあります。

NAVERまとめは、公開した記事がどれだけ読まれたかによって報酬が決まり、一方nanapiワークスの方は記事が採用されたら報酬がもらえます。いずれも読者目線で記事を執筆する必要があり、文章を書いていくうちに文章力も向上して将来きっと役立つスキルになるでしょう。一方アプリレビューは、特別必要なスキルも能力もありません。もちろん顔出しの必要もありません。

いずれの仕事も慣れてきたらそこまで時間がかからずに終わるものなので、すき間時間の有効活用にもいいかもしれません。

 

 

〇クラウドソーシング

先ほどの記事の執筆やアプリレビューに比べて敷居は上がってしまいますが、最近ではクラウドソーシングという方法があります。クラウドソーシングとは、企業がネット上で不特定多数の人に仕事を外注することです。仕事も専門性を要求するものから単純作業まではば広い種類のものがあり、納期も報酬も様々です。アルバイトと違い、自宅でできる、すき間時間にできる、自分のスキルを活かせるといったメリットがあります。

 

いずれの仕事もいくつかのサイトで仕事が紹介されているので、自分にあった仕事を探してみてはいかがでしょうか?

 

 

少しでも安くするには?クリーニング代

少しでも安くするには?クリーニング代

どんな記事?

・クリーニング屋がクーポンやキャンペーンで安くしているときに利用。

・宅配クリーニングは意外に安い。ただし、畳まれて配送されるため、シワがつくことも。

・手洗い可能なものは、自分で洗う。

・家で洗うときは、しっかりと洗濯表示の洗剤の素材・洗い方・乾かし方などをしっかり確認。

 

 

(内容)

衣替えの季節や、卒業、入学、入社の時期などになると意外と家計を圧迫してくるのが衣類のクリーニング代です。

 今回は、クリーニング代を少しでも節約するための方法をいくつか紹介していきます。

 

まず一番手軽にクリーニング代を安くする方法は、日常使っているクリーニング屋が通常価格で引き受けるときと、クーポンやキャンペーンなどで安くするときで、後者の方を利用することです。急ぎのクリーニングでない場合は、キャンペーンを待って、キャンペーン価格が適応されるときに頼むと安く抑えることができます。

 

また、インターネットを使ってクリーニングの受付を行っている所もあります。

インターネットでの受付は、クリーニングをしてもらうものを業者に送らなくてはいけない分、何となく高くなるイメージがありますが、利用料金に応じてポイント還元しているところもあります。ポイントは次のクリーニングで使用することができるため、比較的料金は安く抑えることができます。

宅配なのでクリーニングし終わったものは、畳んで配送されるので、たたみしわが付いてしまうのが欠点として挙げられます。畳みしわが気になる衣類はお勧めできません。

 

更にクリーニング代金をかけたくないという人には、普段は洗濯表示も見ないままクリーニングに出していたものを、自宅で洗濯してみる方法です。

カシミヤや毛の付いた商品など高級感あふれる生地の場合、クリーニングに出さなければ服が傷んでしまったり、縮んでしまったりと手に負えないミスになってしまいがちですが、洗濯の表示に手洗いなどもできるとあったら、クリーニングを利用せず、洗濯機や手洗いで洗濯するとクリーニング代を浮かせることができます。

家で洗うときは、しっかりと洗濯表示のタグを確認して、洗剤の素材・洗い方・乾かし方などをしっかり確かめてから洗います。

この確認を怠ってしまうとせっかくのおしゃれ着が傷んでしまうこともあるので、十分気をつけましょう。

 

いろいろなクリーニング屋を検討し、仕上がりがきれいで安く行ってくれるところを探したり、安く行ってくれるイベント時にまとめて出すなどの工夫を行なったり、また洗濯の表示タグをきちんと確認し、家で洗えるものはできるだけ家で洗うようにするなどしてクリーニング代を節約していきましょう。

 

 

 

バターとマーガリンの違いとは?

バターとマーガリンの違いとは?

どんな記事?

・バターは動物性脂肪で原料は牛乳で、マーガリンの原料はコーン油・大豆油など植物性脂肪

・バターに含まれるコレステロールは細胞膜の構成成分や性ホルモンなどに必要で大切なもの

・マーガリンに含まれる飽和脂肪酸は、脂肪燃焼や脳の働きをよくする

・マーガリンに含まれる不飽和脂肪酸には、ダイエットや動脈硬化予防に適している

 

 

(内容)

バターとマーガリンの違いは何なのでしょうか?

 

皆さんご存知の方も多いと思いますが、バターは動物性脂肪で原料は牛乳で、マーガリンの原料はコーン油・大豆油など植物性脂肪です。

 

マーガリンには2種類あり、油脂含有率80%以上の通常のマーガリンとマーガリンよりヘルシーな油脂の割合が80%未満のファットスプレッドがあり、大手食品会社が販売しているものの多くがファットスプレッドです。

 

添加物の違いで言うと、バターの原料は天然の動物性脂肪を固めたもので添加物は塩だけです。逆にマーガリンは加工品なので、圧倒的に添加物量は多くなっています。

 

現在話題になっているトランス脂肪酸は様々な食品に入っており、その量と質が問題になっています。

食物に含まれる脂肪酸にはトランス型とシス型があり、人工的に作ったのがトランス型で天然のものはシス型と呼びます。トランス脂肪酸はバターにも入っていて、その含有量はマーガリンより少なくなっています。

日本の場合、この含有量は国際基準を完全に満たしていて、問題ありません。

 

 

健康への影響はその摂取量によって異なってきます。

バターで特徴的なものはコレステロールですが、マーガリンにはコレステロールはほとんど含まれていません。

コレステロールは取り過ぎると健康被害が懸念されますが、コレステロール自体は細胞膜の構成成分や性ホルモンなどの材料になる大切なものなので、適度に摂ることは必要になります。

マーガリンは飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の割合が半々くらいです。飽和脂肪酸は、脂肪燃焼や脳の働きをよくすると言われています。また、ダイエットや動脈硬化予防に適しているのは、不飽和脂肪酸だと言われているので、バターを摂取するよりはマーガリンが健康には適しているという見解もあります。

 

食生活には一般的なバターとマーガリンですが、欧米化の食事化がどんどん進み、現在では老人から子供まで当たり前に摂取する時代になりました。その中でいいものを選び、摂取方法も大事になってきています。

 

天然のバターと加工品のマーガリンには、それぞれ長所がたくさんあるのでバランスを考えて摂取する必要があります。食べ物全般について言えますが、過剰な摂取はよくありません。健康に配慮した食生活を送っていきたいですね。

 

業種別平均賃金ってどうなってるの?

業種別平均賃金ってどうなってるの?

どんな記事?

・業種別では、金融・保険、情報通信、教育・学習支援業の賃金が高い

・男女ともに宿泊・サービス業が最も賃金が低い

・どの職種も50代に賃金のピークとなることが多い

・職種別に賃金を知る必要がある

 

 

(内容)

転職を考ている場合、これから生活していくためにも賃金はやはり気になるところです。今回は、行政機構が出しているデータを見ていきます。

 

一般的に、金融・保険業やIT(情報通信)業の賃金が高いと言うイメージを持っている方が多いのではないでしょうか?これは男性の場合は当てはまりますが、実は女性の場合だと教育・学習支援業が最も高いと言う結果になっています。

 

厚生労働省が毎年発表している賃金構造基本統計調査について見ていきます。今回のデータは少し古いですが、平成27年度のものです。

 

男性の場合、

1位 金融・保険業 482万円

2位 教育・学習支援業 442万円

3位 情報通信業 412万円

 

女性の場合、

1位 情報通信業 313万円

2位 教育・学習支援業 307万円

3位 金融保険業 278万円

 

と言う結果でした。

 

ちなみに宿泊・サービス業は男女ともに最も低く、男性が196万円、女性が196万円となっています。実際の結果を業種別に見ていくと、みなさんのイメージに近いのではないでしょうか?教育・学習支援業が上位に来たのは意外だったかもしれません。

 

これらは、年齢を考慮したデータではありません。実は最初の働き始め(20代前半)は、どの業種も大きな差はなく(200万前後)、年齢が大きくなるにつれて差が開いてきます。金融・保険業に関しては50歳あたりがピークとなり、その後急激に下がっています。教育・学習支援業は50代半ばがピークとなり、その後比較的穏やかに下がってきます。その他の業種(製造業、医療・福祉、宿泊・サービス業など)においても50代にピークとなることが多いようです。

 

今回は業種別で見てきましたが、同じ業種であっても職種によって異なるのでそれぞれ調べる必要があります。相対的に金融・保険業、教育・学習支援、情報通信業は賃金が高い職種が多いであろうことが分かりました。また、厚生労働省のデータが正しいと言い切れないので、参考程度にとどめておきましょう。

 

 

家電の節約術

家電の節約術

どんな記事?

・家庭のエネルギー消費の内訳で上位は、電気冷蔵庫、照明器具、テレビ、エアコン・・・

・冷蔵庫の設定温度の「弱」と「強」では、電気使用量に20%もの違いが出る

・照明器具は、蛍光ランプ・LEDの長短を考え、使い分ける

・テレビは、見ないときは電源を切る。また、音量は下げるようにする。

 

 

(内容)

家電製品を使用すると、当然電気代がかかります。言ってみれば、節約の効果が表れやすいところではないでしょうか?

上手に電気を使うことで、大きな節約効果が期待できます。

 

経済産業省・資源エネルギー庁の統計(2009年)によれば、家庭のエネルギー消費の内訳で多く占めているのが上から順に、電気冷蔵庫、照明器具、テレビ、エアコン・・・となっています。この統計から、使用時間が長い家電ほど多くの電力を消費していることがわかります。

 

 

今回は電気冷蔵庫、照明器具、テレビの節約術を見ていきたいと思います。

 

〇電気冷蔵庫の節約術

冷蔵庫は常に使用しているため、消費電力は非常に大きくなってしまいます。

しかし、冷蔵庫の設定温度の「弱」と「強」では、電気使用量に20%もの違いが出ると言われています。

外気温が低い冬は「弱」に、逆に食材が痛みやすい夏は「強」にするなどして、食品衛生を保ちつつ節電しましょう。

その他にも、

・背面10㎝、側面2㎝あけて冷蔵庫を配置し、冷蔵庫の上にはものを置かない

・冷蔵庫にはモノを入れすぎない

・頻繁に使うものはドアの近くに置く

など工夫できることは多くあります。冷蔵庫用カーテンも節電におおいに役立ちます。

 

 

〇照明器具でできる節約術

照明器具の節約と言うと、よく話題にでてくるのが蛍光ランプとLEDではないでしょうか?LEDと蛍光ランプの長所と短所をまとめてみました。

 

〈蛍光ランプ〉

〇広範囲を明るくすることができる

×点灯までに時間がかかる、寿命はLEDより短い

 

〈LED〉

〇寿命は蛍光ランプの6倍以上、点灯が早い

×広範囲を同じように照らすことができない、LEDが使えない照明器具もある

 

では、どのようにして使い分ければよいのでしょうか?

 

〈蛍光ランプ〉

トイレやお風呂、廊下などといった短時間しか使わない場所

 

〈LED〉

リビングなどの長く照明をつける場所

それぞれの長所と短所を考えて、用途に応じて使い分けるとよいでしょう。

 

 

〇テレビでできる節約術

いくらインターネットが普及しても、テレビが人々の情報源であることには変わりません。ついつい、つけっぱなしにしてしまいがちですが、見てもいないのにつけっぱなしにするのはやめましょう。見ないときは、主電源から切るようにして、長期間見ないのであればコンセントから抜いてしまいましょう。

また、音声のボリュームを下げるだけでも消費電力は下がります。テレビを見る人数や場所に応じて上手に使いわけたいですね。

 

長く使うものだからこそ、使い方を見直してみませんか?

できることからやってみましょう!