教育

Home / コラム / Archive by category "教育"
大学付属中学のメリット

大学付属中学のメリット

どんな記事?

・最大のメリットは、系列の大学に進学できることが多いこと

・”遊んでいてもそのまま進学できる”という認識はなくなりつつある

・完全付属校の場合、一貫した教育方針の中で子どもたちは学習することができる

大学付属校でも、大学受験をして別の大学を目指す人もいる

 

 

(内容)

引き続き、今回も中学受験の話題です。

 

まず大学付属中学のメリットとして、系列の大学に進学できることが多いということが挙げられます。しかし、遊んでいてもそのまま大学まで行けるという認識は現在ではなくなりつつあり、系列の大学の人気や大学側の考え方で、大きく変っているのが現状です。

 

大学付属校で、中学から大学まである程度の成績を維持していれば進学できる学校を完全付属校といいます。このような付属校は、大学の人気が高く、生徒や親もその大学を目指していて、途中で違う大学へ進学しようと考えている生徒があまりいないのが特徴です。

この完全付属校の場合、一貫した教育方針の中で子どもたちは学習することができ、スポーツなども盛んなため、目的意識をしっかり持った青春時代を送ることができます。

 

また中学から大学まで同じ学友と過ごすので、社会に出ても、その絆は維持され強い連帯感が社会に影響を与えることもあります。同じ大学付属校でも、大学は他校に進学するという場合があります。一貫した教育方針は同じですが、競争を重んじ自由な校風を持つ大学の場合、附属高校といえども、学力を重視するためそのまま進学とはいかなくなります。

 

大学付属校ではその中間も存在して、そのままでも大学へ進学できるけど、違う大学もチャレンジできることもあり、大学進学の内定を持ちながら他校へのチャレンジすることができます。これは、安全でもありメリットとも言えます。

このように多様化しているのが現状で、付属校の場合、付属大学があるので、その大学との交流や、施設の利用などの利点が多いことでも人気があります。

 

ただ安易に大学まで行けるのは少ないようで、人気のある付属校は、それなりの成績と能力が重視され結果が求められます。大学付属校を選ぶときには、進学時に重要視される部分をしっかり確認することが大切で、自分の将来を真剣に考え、人気校の名声だけに捕らわれないようにするのが大事です。

 

最終的に志望校を選択するのは各ご家庭ですが、大学付属中学も選択肢として考えてみるのもいいかもしれません。特にスポーツに打ち込みたい、他の勉強以外のことに打ち込みたいなど、しっかりとした目的意識があるなら大学付属中学も選択肢として考えてみてはどうでしょうか?

 

 

私立中学のメリット

私立中学のメリット

どんな記事?

・進学校であれば、大学受験の準備が早くできる。付属校は内部進学で上に進みやすい。

・私立中学の先生たちの心構えも違ってくる

・勉強だけではなく、スポーツや芸能、専門性のある事柄の場合、柔軟に対応できる

・中高一貫校なら、高校受験を気にすることもなく、のびのび過ごせる

 

 

(内容)

都心であれば、中学受験をしようと考えているご家庭も多いと思います。今回は、私立中学に進学する場合のメリットを考えていきます。

 

最初に私立中学に通うメリットとして、大学進学に有利であるという点が挙げられます。

 

私立中学と公立中学では教育方針が異なり、大学受験を考えている場合、中学生からその受験に対応した勉強をできることが大きな強みとなっています。中高一貫校であれば独自のカリキュラムがあり、高校から大学受験をする生徒より、先取り学習ができます。

 

もちろん、大きな教育方針は公立中学と同じなのですが、私立中学は文部科学省の指導要領の制約がありません。教える内容が大学受験対策をベースにしたものかと言えば、受験だけで言うと、公立中学の生徒より合格する確率は格段に高くなります。

 

また、先生たちの心構えも違ってきます。私立中学の先生は、公務員ではないので、先生は職を維持していくのに評価が重要になってきます。つまり、結果を出せて、教え方が上手な先生が残っていくのです。

公立中学の先生に問題があるわけではなく、私立なので競争があるわけです。先生も生徒も、その競争の中で過ごしていかないといけないので、ある意味目標がしっかりとした充実した時間を過ごすことができるのです。

 

私立という強みを活かし方向性を明確にして、学習ができるというのは、その生徒自身に対しても大きなメリットになります。勉強だけではなく、スポーツや芸能、専門性のある事柄の場合、柔軟に対応できるのが私立の学校なのです。

私立中学の場合、各中学とも独自の方針を掲げているので、校風が大きく違い、そこにいる生徒たちもその校風に馴染んでいます。自由な校風の中学であるなら、公立の中学に馴染めなくても、私立だからこそ自由に過ごせる場合もあり、勉強だけではなく精神面でも私立中学を選ぶメリットが出てきます。

例えば不登校気味であったり、気が弱くていじめられそうだと心配しているご両親が、私立中学の校風と先生達の指導方針を知り、私立中学へ通わせたいという人も実際にいます。

 

また、中高一貫の学校であるなら、高校受験を気にすることもなく、中学高校の時期を計画的に過ごせる強みもあり、高校受験の詰め込み式の学習を避け、のびのびとした青春時代を送れるといったメリットもあります。

 

 

中学受験 塾の費用はいくらかかる?

中学受験 塾の費用はいくらかかる?

どんな記事?

・中学受験の準備は、小3の終わりの2月から新4年生として始めるのが一般的

・大手進学塾だと、小4・5で授業料100万円程。さらに講習・教材費などが上乗せ。

・小6のおよそ10カ月にかかる基本授業料は、平均100万円程。さらに、費用が上乗せ。

・小3から小6の6年間で少なくとも200~250万円は塾の費用として必要

 

 

(内容)

都会に住んでいると、中学受験のことをよく耳にし、”うちの子も受験させようかな?”と考える方も少なからずいるのではないでしょうか?

 

2013年度入試では、東京などの首都圏で小6の約8人に1人、京阪神を中心とする関西圏でも小6の約11人に1人が私立中学の受験をしたと言われています。 親にとって、子供の将来を考えてよい教育を受けさせてやりたいというのは共通の願いだと思います。

中学受験してからは、基礎学力の向上や学習環境、さらに大学進学まで見据えて勉強に励むことができます。そのためにも、自分の志望校のレベルに合わせて勉強するために、進学塾を選ぶことが必要になってきます。塾には様々なタイプがあるので、それぞれの特長を知ることが大切になってきます。そこには通わせるための費用を把握することも含まれます。

 

公立の中高一貫校を目指しているなら、「小6から始めても十分に間に合う」という意見もあります。ただ全体的な傾向として、中学受験の準備を小3の終わりの2月から新4年生として始めるのが一般的です。大手進学塾に通わせる場合、小4の12カ月で授業料は36~45万円、小5の12カ月では48~65万円ほど必要になり、これに教材費が加わってきます。夏季・冬季・春季の季節講習を申し込むなら、各講習ごとにおよそ5万円を支払うことになります。

小6のおよそ10カ月にかかる基本授業料は、およそ90~120万円ほどです。これに教材費と、冬期講習と夏季講習の費用が加算されます。季節講習期間中には、志望校に合わせて多彩な選択講座が設けられ、また科目ごとの集中レッスンも準備されます。

一般的に中学受験をする人は3~5校受けると言われており、複数の志望校対策に申し込む生徒も少なくありません。これら選択講座や追加のオプションは、それぞれおよそ5万円の費用が必要となります。また超難関校を目指す子供たちは集中合宿に参加する場合が多く、それには約7~10万円の費用がかかります。模試を受ける場合、1回5千円で年6回実施なので、志望校ごとに3万円必要になり、さらに弱点克服のためにプロの家庭教師に教えてもらうとなると、週1回の授業で月謝は約4万円です。

これら塾への直接の支払いとは別に、塾への交通費や子供たちの食事代、志望校の説明会や学校見学の参加費用、さらに面接や受験用の服にも費用がかかります。これらの要素を考慮すると、3年間で少なくとも200~250万円は塾の費用として準備する必要がありそうです。

 

 

小学校受験の実情は?

小学校受験の実情は?

どんな記事?

・1年ほどかけて家庭でのしつけや幼児教室へ子供を通わせて準備をしている家庭が多い

・幼児教室は、子供に通わせたい小学校の合格実績がある教室を選んで入らせるケースが多い

・筆記試験を行う小学校では、簡単な算数や一般的なマナーや常識を試す問題などが出される

・親子面接や両親だけの面接をする学校もある

 

 

(内容)

都会に住んでいるご家庭で、小学受験を考えている方も多いかもしれません。

 

では、小学校受験の現状はどのようなものなのでしょうか?

 また、有名私立小学校への入学を目指す親と子供はどのような準備をしているのでしょうか?

 

一般的に、ほとんどのご家庭が1年ほどかけて家庭でのしつけや幼児教室へ子供を通わせて準備をしているようです。家の中では親が、季節ごとにはどんな花が咲くのかとなど、それぞれの年中行事について教えたりしています。

 

具体的に、桜が咲く季節、七夕の季節やその由来などを教えます。さらに茶碗を自分で洗わせたり、洋服をたたませたりと家事を手伝わせる習慣や、けん玉や凧をあげるなどの日本ならではの遊びに親しませたりすることも意識しているようです。

 

最近の入試の面接では自然体験についての質問もあるので、水族館に行ったりピクニックに行ったりと動物や自然に親しませるようにしている家族もいます。受験という目標をきっかけに家族が一緒に活動したり、親と子が会話をして一致団結できます。

 

幼児教室を選ぶ際には、子供に通わせたい小学校の合格実績がある教室を選んで入らせる親が多くいます。一般的には、月謝に4万円から6万円の費用がかかります。片道1時間から2時間かけて行く家庭もあるようです。

 

 

実際の受験では、どんなことをするのでしょうか?

 

筆記試験を行う小学校が多くあり、図形構成を通して応用力を試す問題であったり、電車の中でして良いことや悪いことを問う常識を試す問題があります。そして、1000文字程度のお話を聞かせて記憶力を見たり、人の話を聴く力を試す問題もあります。

 

さらに他の子供達と一緒にゲームや遊びをさせることによって、友だちと仲良くできるか、物事に率先して携われるかなどを確認することもあるようです。

そして親子面接や両親だけの面接をする学校もあります。

 

このような小学校受験に参加する親(そうでない親でも)は、子供に最高の教育環境を与えてあげたいと考えています。子供に才能があっても良い先生や友だちに恵まれないなら、才能は開花しないかもしれないので親としてできることをしてあげたいと感じるようです。

 

一方で、近所に友だちがいなくなるのでかわいそうと思い受験の準備を途中でやめるご家庭もあります。

 

いずれにしても親はいつでも子供のためを思って最善を尽くそうとするので、子供とよくコミュニケーションを取り自分の家では何が一番良い決定なのかをよく話し合う必要があります。

 

英語学習のコツ

英語学習のコツ

どんな記事?

・コツをおさえて、丸覚えをする。その際に、声をしっかり出すことが大切。

・英語の文構造をそのまま理解できるようになる

・理論的な思考をつかさどる左脳、イメージの記憶・直感をつかさどる右脳を上手く使う

・さらに、五感をフルに活用して、英語を勉強する

 

 

(内容)

英語学習のコツは、ひと言でいうと覚悟を決めて丸覚えすることです。ただ、覚えると言ってもコツがあります。よく耳にすることであると思いますが、しっかり声に出すことはとても大切です。

 

”なぜ学生時代あれほど勉強したのに英語が話せないのか?”ということをよく言われますが、勉強したからと言って話せるようになるわけではありません。

 

なぜなら、英語と日本語はかなり異なる文構造なので、そう簡単には話せるようになるのは難しいのです。外国人も日本語を話せるようになろうとすると苦労します。それはやはり文構造が問題で、英語を学習するときは英語を日本語に変換するのではなく、そのまま理解できるように慣れる必要があります。

 

これまで中・高で6年間英語の授業がありましたが、実はたったの800時間しか学習していません。他言語を勉強する場合、800時間では何とか意思疎通ができる程度にしかならないと言われています。さらに、英語を母国語にしている人たちが、日本語を勉強するには2000時間以上かけないと話すことができないとも言われています。

 

日本人なら記憶力のある無しに関わらず、日本語を話すことができます。
その理由は、赤ちゃんの頃から言葉を丸覚えしているからです。

どうすれば丸覚えできるかというと、右脳と左脳を上手く使っていくことが、英語上達のコツになります。

言葉を話すのは、左脳で理論的な思考をつかさどっている部分です。右脳はイメージの記憶、直感の働きをします。

さらに人間の五感をフル活動することで、短期間に吸収できるのです。

 

”英語を本当に話したかったら外国に行け”という理由は、外国に行けば周りは外国人ばかりなので、まずいろんな状況で話す外国人を見ることになり、何を話しているかを推測して、直感を働かすことになります。

 

その時の感覚とその時話している言葉とが、記憶の中に直結して残されていきます。

外国に行くということは、人間の五感をフルに使って勉強していること同じになるのです。

 

映画を観て覚えるという方法があります。

映画で話す英語は、慣用句やたとえが多く、話すスピードも速く難しいと言われていますが、好きな俳優が話す決め台詞の場面だけでも覚えていけば、視覚、聴覚、それと好きな俳優というイメージが働き、記憶しやすくなります。

つまり、映像と音と、好きだという感情が、右脳と左脳を使っているということになります。

 

文法的な勉強は必要ですが、言語なので勉強するという意識より、”身につける”という意識が必要なのかもしれません。