教育

Home / コラム / Archive by category "教育"
英語学習のコツ

英語学習のコツ

どんな記事?

・コツをおさえて、丸覚えをする。その際に、声をしっかり出すことが大切。

・英語の文構造をそのまま理解できるようになる

・理論的な思考をつかさどる左脳、イメージの記憶・直感をつかさどる右脳を上手く使う

・さらに、五感をフルに活用して、英語を勉強する

 

 

(内容)

英語学習のコツは、ひと言でいうと覚悟を決めて丸覚えすることです。ただ、覚えると言ってもコツがあります。よく耳にすることであると思いますが、しっかり声に出すことはとても大切です。

 

”なぜ学生時代あれほど勉強したのに英語が話せないのか?”ということをよく言われますが、勉強したからと言って話せるようになるわけではありません。

 

なぜなら、英語と日本語はかなり異なる文構造なので、そう簡単には話せるようになるのは難しいのです。外国人も日本語を話せるようになろうとすると苦労します。それはやはり文構造が問題で、英語を学習するときは英語を日本語に変換するのではなく、そのまま理解できるように慣れる必要があります。

 

これまで中・高で6年間英語の授業がありましたが、実はたったの800時間しか学習していません。他言語を勉強する場合、800時間では何とか意思疎通ができる程度にしかならないと言われています。さらに、英語を母国語にしている人たちが、日本語を勉強するには2000時間以上かけないと話すことができないとも言われています。

 

日本人なら記憶力のある無しに関わらず、日本語を話すことができます。
その理由は、赤ちゃんの頃から言葉を丸覚えしているからです。

どうすれば丸覚えできるかというと、右脳と左脳を上手く使っていくことが、英語上達のコツになります。

言葉を話すのは、左脳で理論的な思考をつかさどっている部分です。右脳はイメージの記憶、直感の働きをします。

さらに人間の五感をフル活動することで、短期間に吸収できるのです。

 

”英語を本当に話したかったら外国に行け”という理由は、外国に行けば周りは外国人ばかりなので、まずいろんな状況で話す外国人を見ることになり、何を話しているかを推測して、直感を働かすことになります。

 

その時の感覚とその時話している言葉とが、記憶の中に直結して残されていきます。

外国に行くということは、人間の五感をフルに使って勉強していること同じになるのです。

 

映画を観て覚えるという方法があります。

映画で話す英語は、慣用句やたとえが多く、話すスピードも速く難しいと言われていますが、好きな俳優が話す決め台詞の場面だけでも覚えていけば、視覚、聴覚、それと好きな俳優というイメージが働き、記憶しやすくなります。

つまり、映像と音と、好きだという感情が、右脳と左脳を使っているということになります。

 

文法的な勉強は必要ですが、言語なので勉強するという意識より、”身につける”という意識が必要なのかもしれません。

 

子供の習い事、お勧めは?

子供の習い事、お勧めは?

どんな記事?

・人気第1位は、水泳。メリットとして、風邪を引きづらくなるなど

・人気第2位は、英語・英会話。高校、大学受験の際にも英語の力はとても重要。

・人気第3位は、ピアノ。子供の将来のために与えておきたい芸術面でのスキルアップ。

・他にも、運動系のサッカーや体育教室、根強い人気の書道とそろばん、学習塾など

 

 

 

(内容)

子供の将来を考えて、いろんな幼児教育から、英才教育、運動クラブとご両親は子供に合う習い事を考えるのではないでしょうか?

 

習い事の種類は文科系・運動系・教育系・芸術系と親の考えと希望、子供の嗜好や性格なども関係します。

総合的に年齢による推移もありますが、習い事でランクが高いのは下記になります。

 

 

・1位 水泳

水泳は、人気の習い事の1つです。

 

メリットとして、

①かぜを引きづらくなる

②呼吸循環器機能が向上する

③水の危険から身を守る

ことが主に挙げられます。

 

海水浴は子供が小さいときに、よくある親子行事で、保護者は子供が泳げるようになってほしいと強く感じるようになり、子供自身も泳げるようになりたいと思うでしょう。

学校でもプールの授業があったりと、人並みに泳げるようになりたいと、親も子も考えるようです。

精神面での訓練にもなり、まずは泳げるようになりたいと強く思うのが水泳です。

 

・2位 英語・英会話

英語が苦手というご両親の思いと、子供の将来を考えての選択です。

最近は小学校高学年から英語の授業がスタートしており、高校、大学受験の際にも英語の力は重要になってきます。

また、将来的に社会がよりグローバル化すると言われており、子供の将来にとって重要だと考えているご両親が多いのではないでしょうか?

 

・3位 ピアノ

音楽が好きで、ピアノを習いたかったという保護者の憧れが、動機のようです。

音楽は情操教育の一環でもあり、子供の将来のために与えておきたい芸術面でのスキルアップという思いもあるようです。

またご両親がピアノを弾けるという方もあり、子供に感性の幅を持たせたいという願いの表れでしょう。

女の子の定番の習い事であり、常に上位に入る習い事です。

 

 

この3つを紹介しましたが、その他にもお勧めの習い事は本当にたくさんあります。

運動系のサッカーや体育教室、根強い人気の書道とそろばん、勉強に直結する学習塾などもあり、順位はめまぐるしく変動します。

時代や金銭的な事情、好みなどさまざまです。

 

現在の日本は少子化という現状で、昔と子どもを取り巻く環境も変わってきました。しかし習い事で子供の将来に何かプラスになることを与えておきたいという両親の思いは、昔から変わることはないのです。

 

どう暗記する?-後編-

どう暗記する?-後編-

どんな記事?

・外出時にコンセントを抜き忘れる場合は、外出時に必ず携帯するもの(例えば、携帯電話)をコンセントの側に置く

・自分の体のパーツや家具と関連づけると覚えやすい

・一度覚えたものを時間が経ってからも覚えているか、試してみる

・自分の子どもに暗記術を伝えて成績アップすれば、自信につながりより一層勉強するようになるかも

 

 

(内容)

今回も前回に引き続き、暗記についての話題です。

 

前回のコラムで触れましたが、いろいろと物事を忘れるという人は何かと関連づけるのがよいと言われます。ギネス記録に認定された世界一の暗記王がやっていることに、忘れづらいものと忘れそうなものを関連付けるというアプローチが紹介されています。

 

例えば、出かける前に、アイロンのコンセントを抜き忘れることがよくあるとします。その場合、コンセントの近くに外出するときに必ず持っていくもの、例えばスマホなどをセッティングしておきます。スマホを取りに行ったときにアイロンのコンセントが目に入るので、自ずとコンセントを抜くことを思い出すでしょう。

 

中にはランダムな内容のものを暗記しないといけないケースもあるでしょう。この場合も、自分の体のパーツとか家具と言った忘れることのないものを関連づけて覚えるのが効果的だと言われています。

 

例えば、あるサイトでは「タイタニック号の建造費は800万ドルで映画の製作費は2億ドルだった」というものを記憶する方法が紹介されています。ここでは、詳細は割愛します。この中で、タイタニックと窓を関連づけて記憶するアプローチが提案されています。タイタニックが自宅の窓を突き破ってくる様子を頭の中にイメージとして入れるのです(覚えたい単語を頭に浮かぶようにする)。このように身近なものと結びつけることで、思い出しやすくできます。

 

複数のランダムな情報を自分の体とか、リビングにある家具など関係づけて記憶します。そして1週間経過したところで、今一度そのことを思い出します。例えば、先ほどのタイタニックに関する話も、窓を見ればそれに関連して思い出すこともできるかもしれません。このように生活の中で目に飛び込んでくることと覚えないといけないことを結びつけるテクニックをマスターできれば、記憶力を向上することも十分可能です。

 

自分の記憶力を向上するための他にも、子どものいる人は試験の成績をアップするために以上の記憶のコツをレクチャーしてあげましょう。もしその結果成績がアップすれば、子どもにとってそれが一種の成功体験になります。より勉強することに興味を抱くようになり、さらなる成績アップも期待できるでしょう。

 

どう暗記する?-前編-

どう暗記する?-前編-

どんな記事?

・モノを覚えることは、難しいことではない

・普段から、いろいろなモノに対して注意を払う

・モノを覚えるときは、関連づけをして覚える

・年を取ると物覚えが悪くなるのは、興味を持てなくなるから

 

 

(内容)

なかなか物事を覚えることができないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

 

記憶力を向上させるのは、実は意外と簡単なことです。記憶のコツとしてポイントになるのは、注意を払う習慣をつけることです。目にしていてもそれを覚えられないのは、漠然とそのものを見ているからです。そうしているとなかなか頭の中に入ってきません。

そして暗記すべき事柄を互いに連想するのも、記憶力を向上するためのポイントです。

例えば、ベッドとテレビ、カーペットを記憶する場合、自分がカーペットの上に置かれたベッドの上に座って、テレビを見ているといった感じで関連づけるのです。そうすれば、そのストーリーにしていくことで複数の物事を暗記できるようになります。

また記憶すべきことに関して、分類して整理することも記憶のコツとして重要なポイントになります。やはりジャンルごとに整理をしておいた方が、記憶はしやすくなります。上手に暗記すべきことが分類できないようであれば、略語にしてインプットする方法もおすすめです。

皆さんには、何かしら興味のあることがあると思います。

勉強していてもなかなか物事が記憶できないのに、例えばファッションに興味があれば、有名ブランドの名前がスラスラ出てくる人も多いはずです。なぜ興味のあることはどんどん記憶できるかについては、先ほども述べたように興味をもつと、よりその対象に対して注意を払うようになるからです。もし何かを覚えないといけないのであれば、そのものにまずは興味をもつことが大事です。

いろいろな物事に興味をもつには、普段から情熱とか熱意をもつように心がけることです。情熱を持てば、いろいろな物事に対して興味を抱くようになります。そのことが、最終的には記憶力の向上につながっていくと考えられるのです。高齢者になると物忘れがひどくなると言われますが、いろいろなものに新鮮味がなくなって興味を示さなくなることが関係しているとも考えられています。もっと普段からエネルギッシュに過ごすように意識することが、記憶力の向上につながります。

 

子供に勉強する習慣を身につけさせるには?

子供に勉強する習慣を身につけさせるには?

どんな記事?

・短い時間でもいいから、毎日勉強する習慣を身につける

・ドリルで達成感を感じさせる

・時間を決める

・親も一緒に子供と勉強をする

 

 

(内容)

小学校低学年のお子さんやもうすぐ小学生になるお子さんがいるお父さん、お母さんはどうすれば子供に勉強習慣を身につけられるか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?「勉強しなさい」と言わなくても、自ら勉強に取り組む子になってほしいですよね。

では、どうすれば勉強する習慣を身につけさせることができるのでしょうか?

 

 

 

①毎日短い時間でもいいから、勉強する習慣をつけよう

しっかりとした勉強習慣が身につけられれば、逆に勉強しないと落ち着かなくなってきます。

勉強の習慣化を一番しやすいのは6〜7歳と言われており、この時期にしっかり習慣をつけておかないと、学年が上がるにつれ勉強を続けられなくなります。これから中学受験・高校受験・大学受験も控えているので、この時期にぜひともしっかり勉強習慣を身につけておきたいものです。

子供に勉強の習慣づけをさせるには親の力が必要不可欠です。共働きや家事で忙しいかと思いますが、声かけや時間があるときは一緒に勉強を見てあげてください。

 

 

 

②ドリルで達成感を

達成感を感じることが勉強のやる気につながります。

子供に達成感を味わってもらうことが目的なので1枚5〜10分程度で終えることのできる、難しすぎないドリルを選びましょう。またコツコツと続けていけば、基礎力をしっかり養うことができます。

例えば、百ます計算があります。算数・数学では計算力が大切になてくるので、少しずつ量をこなしていく必要があります。

 

 

 

③時間を決める

学校から帰ったら、宿題を終わらせて遊びに行くのが理想的です。しかし、子供は学校でさんざん勉強してきた後なので、帰った後は遊びに行きたがるでしょう。

また友達と遊ぶことは大切なことです。なので、1日のうちこの時間は勉強をするというように時間を決めましょう。

日が暮れるまでは口を出さず、夕食前には帰ってくるように約束をしましょう。そして、夕食を食べ終わったらすぐに勉強するという習慣を身につけさせてください。

今のは一例なので、各ご家庭で決めましょう。できれば、①のように親が子供と一緒にいられる時間帯を選ぶとよいでしょう。

 

 

④親も一緒に勉強する

勉強に限らず子供に何かをさせるには、まずは親が楽しそうにやっている姿を見せるのが効果的です。子供は基本的に親のまねをしたがります。

子供の前で楽しそうに、読書や何か調べ物をしたりすることで、子供は「楽しそう。自分もやりたい」と思うようになります。親が積極的に関わろうとすることが何よりも大事です。

 

 

 

⑤ダイニングテーブルがおすすめ

子供の勉強を見るのは大変ですが、子供がダイニングテーブルで勉強していれば、家事の合間をぬって子供の勉強を見ることができます。また子供も、わからないところはすぐに聞けるので両者にメリットがあります。また、監視の目があるという意味でも子供は勉強するようになるでしょう。

さらにダイニングテーブルなら親も一緒に勉強できるので、その姿を子供に見せることができ、一家団欒の時間にもなります。

 

 

 

いかがでしょうか?

子供に勉強の習慣を身につけさせるには親の力が必要不可欠です。

上記のことを参考に子供のやる気をうまく引き出してあげてください。