食費

Home / コラム / Archive by category "食費"
家庭菜園、はじめませんか?

家庭菜園、はじめませんか?

どんな記事?

・家庭菜園を始める場合、トータル一万円以上の出費になる

・初心者の場合、トマトやカボチャ、サトイモなどがおすすめ

・カイワレやネギなどの根付きで売っている野菜は、手軽に栽培できる

・ベランダ菜園のおすすめは、ミニトマト・オクラ・ハーブ

 

(内容)

最近では、以前に比べて家庭菜園がしやすくなりました。本格的なものからすぐに始められるものまで、幅広い種類のものがでてきているのも、身近に感じる要因ではないでしょうか?

 

上手に作ることができれば、食費の助けにもなる家庭菜園について見ていきます。

 

〇家庭菜園は高い?安い?

本格的に家庭菜園を始めようと思ったら、それなりに費用はかかってしまいます。まずは、土づくりからしなければいけません。植物に適した土を作る方法は大きく二つあり、一つは貸農園を借りることで、もう一つは園芸用の土を買ってきてプランターや植木鉢に入れて、野菜栽培をする方法です。

現在の貸農園は農家の方が土づくりを引き受けてくれるところもありますが、最低でも千円以上の出費は必要です。この他にも苗や種などはもちろんのこと、作業用のシャベルや手袋などが必要になってきて、トータルでは一万円以上の出費をすることになります。

 

 

〇育ちやすい野菜・育ちにくい野菜

野菜にも様々な種類があり、栄養の少ない土地に飢えても立派に身のなる野菜もあれば、こまめに世話をしてもなかなか身のなりにくい野菜もあります。

初心者が育てやすいのは、痩せた土地でも丈夫に育つ野菜で、トマトやカボチャ、サトイモなどがあります。逆に、ナスやピーマン、キュウリなどは、市販されているような大きなものを作るには何年もの経験が必要になります。このような野菜は肥料をたくさんつかわなければならず、また細かな世話も必要になってきてしまいます。

 

 

〇もっと手軽に家庭菜園をする方法

これだけみると家庭菜園はとても難しいものに思えてきてしまいますが、もっと簡単に始められるものもあります。

 

〈まずは買った野菜を再生させてみよう〉

 

はじめに、カイワレやネギなどの根付きで売っている野菜を再生させてみましょう。特に費用がかかるわけでもなく、根っこの部分を豆腐などの空き箱やグラスなどに水を入れてつけておくだけでできます。うまくいけば、1週間ほどで新芽が生えてきます。買えば50~200円弱してしまうものなので、これらを栽培するだけでも家計の助けになるでしょう。

 

最近でいうと、野菜の再生で有名なもので、豆苗があります。葉と茎を食べ終わったあと、根を水に浸しておくと、新しい芽が伸びて7~10日で再収穫できます。コツとしては、根元の脇芽という、葉や茎の付け根から出る芽を残すように収穫します。すると、育ちが良くなるのです。

成長が早いので、家庭を助けるだけでなく、手軽なキッチン菜園としても楽しめちゃいますね。

 

 

 

〈ベランダ菜園にチャレンジ〉

 

次はベランダ菜園にチャレンジしてみましょう。現在では、必要な苗や土、プランターがセットになった栽培キットが売られているので、チャレンジしやすくなっています。ベランダ菜園では、やっぱり育てやすいミニトマトがおすすめです。その中でも、「レジナ」や「チビ助」という背が伸びない支柱いらずな品種が、特に簡単でおすすめです。

そして、オクラも育てやすい野菜ってご存知でしたか?

オクラは、原産国が南アフリカなので、暑さに強く育てやすい野菜の一つなのです。太陽に向かって上向きに実がなる姿が可愛いので、ぜひチャレンジしてみてください。

また、ベランダ菜園で、お料理に使えるハーブを育てるのもおすすめです。良く使われるバジルや、あまり水をあげなくても育つローズマリー、繁殖力の強いミントなどは、初心者にも育てやすいです。育てているだけで、ちょっとおしゃれな気分にもなれますよね。

 

 

 

いろいろ紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

カイワレなどであれば、ただ水につけておくだけで再生するので、だれにでもチャレンジすることができます。できるところからはじめて、植物の成長や取れたてのおいしさを楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

野菜価格の高騰を乗り切ろう

野菜価格の高騰を乗り切ろう

どんな記事?

・どの野菜の値動きが大きいのか把握する

・最近は冷凍食品や缶詰食材も種類が多く、業務用スーパーで安く購入できる

・生協パルシステムやオイシックスなどの宅配サービスを利用すると安く買えることがある

・しっかりと保存できれば、廃棄ロスを減らせる

 

 

(内容)

毎日料理をすると、野菜を使うことが多いでしょう。そうすると、やはり野菜の価格変動には敏感になりたいものです。では、具体的に何を考えればいいのでしょうか?

 

〇まずは区別をきちんとつけること

まずはじめにしなければならないのが、どの野菜が価格が安定・変動しやすいのかをきちんと知ることです。天候に左右されやすい野菜は地上で育つものが多く、逆に根菜類などは比較的価格は安定します。普段の献立よりも少し根菜類を増やすなどすれば、さほど価格の変動を受けることがありません。また、ハウス栽培をしているトマト、ピーマンなどは出荷価格が安定しているため、そこから取り寄せるのも一つの方法です。

 

 

〇冷凍食品、缶詰食品、水煮食品も利用する

冷凍食品や缶詰食材というのは、手抜きというイメージが強い方もいますが、利点も多くあります。最近では、様々な種類のものがでてきており、業務用スーパーなどでも安く手に入れることができます。普段なら割高に感じてしまうかもしれませんが、今なら逆にお得ではないでしょうか?

 

これらの食品を利用するメリットは次のようなところにあります。

 

①価格が安定している

メーカーによっては、価格はそのままにして内容量を減らすなどとしていると頃はありますが、基本的には天候等による価格変動の影響を受けることはありません。

 

②時短、省エネ、単価が安い

最低限必要な調理(皮がむいてある、下茹でされているなど)がなされているので、調理時間を短縮することができます。さらに、このような食品は可食部分しかはいっていないため、一般的な生野菜に比べて安くなっています。

 

③栄養価の高いものが多い

冷凍食品や缶詰食品は、その食材が旬で栄養価も高く、価格の安い時期に収穫されて一気に過加工されます。逆に一般の野菜は、流通を経て日に日に栄養価が下がっていってしまいます。

 

 

〇宅配食材を利用する

生協パルシステムやオイシックスなどの宅配サービスの方が、かえって安くなることもあります。様々な商品を扱っているのでスーパーと比較しながら、利用してみてはいかがでしょうか?

 

 

〇きちんと保存することも忘れずに

 冷凍保存が可能な食品であるならば、ホームフリージングすることで保存期間を延ばすことができます。さらに小分けにして保存することで、無理に一度に大量に消費する必要も無くなるので、廃棄ロスも減らすことができます。

 

野菜価格が上がっているいまだからこそ、上手に市場と付き合う方法を考えたいですね。自分の生活にあわせて必要なものとそうでないものを取捨選択することが大切です

 

規格外の野菜を安く買おう

規格外の野菜を安く買おう

どんな記事?

・野菜の規格は意外に厳しい

・規格外のもので、1kgあたり正規の半額以下もある

・規格外の野菜を購入できるサイトもある

・野菜以外にも、ケーキなどのスイーツも規格外商品も購入することができる

 

 

(内容)

通常販売されている野菜は、大きさの違い、色や形、品質を市場規格により振り分けられています。

「規格外野菜」とは、曲がっている、キズがついている、色が薄い、太さが足りない、サイズが大きい小さいという理由で、定められた規格に当てはまらない野菜のことです。売っているものと見た目は少し違っても、味や品質は普通に売られているものと全く変わりません。

 

今回は、規格外野菜について見ていきます。

 

〇野菜の規格はとても厳しい

 野菜の規格は思いの外厳しいのが現実です。例えば大根の場合、800~1100gの間に入るものがもっとも市場価値が高いとされています。この位の大きさのものは育ちすぎてしまったものよりも高値で取引されます。二股大根などのように割れていなくて、まっすぐな大根でも1.2kgを超えてしまうと正規品として市場に出回ることは難しくなってしまいます。

 

〇規格外の野菜はどこにいくの?

では、市場で取引されない育ち過ぎた大根はどうなってしまうのでしょうか?

規格外の野菜を引き取ってくれる卸先に出荷するという方法もありますが、そこでもあまりに大きすぎると嫌煙されてしまいます。そうすると、多くの場合外食産業や加工品に回されます。しかし、そこでの取引値が1kg当たり約40円と非常に安く、正規品の半分以下の値段になっているのです。

 

また、近年「契約農家」という言葉が浸透したように、農家が独自に販路を広げて販売を行うこと多くなりました。しかし、まだ農協を脱却していない農家も数多く、農協の定める規定を満たさないものは破棄しなければなりません。自分たちが思っている以上に破棄されている量は多いのが現実です。

 

〇規格外野菜は購入することができる

最近では、規格外野菜を取り扱う通信販売サイトが増えてきています。不揃いの野菜や魚や、せんべいなどを正規価格より安く販売しています。また、規格外野菜を扱った飲食店もでてきており、我々消費者が規格外商品に触れる機会は以前よりは増えました。各サイトで会員登録する必要はありますが、新鮮で味と品質が正規のものと同じものを簡単に購入することができます。

 

 

〇規格外商品はその他にも

規格外商品で他に思いつくものに、ケーキなどのスイーツがあるのではないでしょうか?ケーキを作ったときにでる切れ端や、少し形が整っていないからなどの理由で非常に安い価格で購入することができます。

 

規格外商品といっても大きさや形を除いて正規のものと何ら変わりはありません。規格外であるため、安定した供給はなされませんが、機会があれば利用してみるのもよいかもしれません。

 

プライベートブランド商品を活用しよう!

プライベートブランド商品を活用しよう!

どんな記事?

・最近のPB商品は、安いものだけでなく高価値・高価格のものも出てきている

・お店側にも、客が増える、大量に仕入れて単価を安くできるメリットがある

・メーカー側も、売れ残りの心配や宣伝の心配をする必要がない

・最近は、原産地など情報開示に積極的になってきている

 

 

(内容)

最近になって、スーパーやコンビニでプライベートブランド商品が目立つようになってきました。これまでは「プライベートブランド商品=価格の安い商品」というのが当たり前でしたが、最近ではその動きが変わってきています。

 

今回は、そんなプライベートブランド商品について見ていきます。

 

変わりつつあるプライベートブランド商品

これまでのプライベートブランド商品は、ナショナルブランド(メーカー)商品と同等の品質を、ナショナルブランド商品よりも安く売るという特徴がありました。

しかし、最近では、セブン&アイ・ホールディングスの「セブンゴールド 金の食パン」のような高価値・高価格のプライベート商品も登場し、プレミアムPB商品と呼ばれています。今ではプライベートブランド商品は食料品だけでなく、日用品やペットフードなども出てきています。

 

〇なぜ低価格での販売が可能?

プライベートブランド商品は、メーカーがそのお店のためだけにオリジナル商品を作り、お店のブランドをつけて販売します。

 

こうすることで、お店には

・他のお店が売っていないので、その商品目当てのお客が増える

・大量に仕入れるので安く販売できる

・お店の持つ販売データを活用できる

というメリットがあります。

 

メーカー側にも、

・売れ残りの心配が少ない

・宣伝・広告の費用がかからずにすむ

というメリットがお互いに生まれます。そのため、コストパフォーマンスが高い商品を提供することができるようになります。

 

〇選択肢が広がったからこそ賢い買い物を!

プライベートブランド商品が登場したことにより、多くの商品がお店に並ぶようになりました。とはいえ、高品質なプライベートブランド商品が出てきており、プライベートブランド商品=安いとは言い切れなくなりました。

しかしその反面、最近のプライベートブランド商品は、品質をアピールしている分、商品の説明や原産地、加工場所、原材料、成分表示などの情報開示に積極的です。したがって我々消費者は、商品の表示をきちんと見て、家計水準や好みなどを考えて購入する必要があります。

 

多種多様な選択ができるようになったからこそ、自分にあったものを上手に活用したいですね。

 

課税対象外?自家消費-自分で育てて自分で食べる、自分で採って自分で食べる-

課税対象外?自家消費-自分で育てて自分で食べる、自分で採って自分で食べる-

どんな記事?

・自家消費も売り上げとして、計上しなくてはいけない

・自家消費の売り上げは、商品の売値の7割もしくは仕入れ値のどちらか高い方

・知人などに無償でおすそ分けした場合も、売り上げとして計上しないといけない

・脱税にならないように、気をつける必要がある

 

 

(内容)

自家消費というのは、自分たちが作った商品を自分たちで消費することを言います。

例えば、農業を営んでいる人が自分で育てた野菜を出荷せずに自分で食べたり、飲食店を営んでいる人が余った食材を使い、自分の夕食を作ったりするケースなどが該当します。この場合、商品をお客に売っているわけではありませんが、売上として計上しないといけません。

 

ただし、自家消費した場合の売上は、商品の売値の7割もしくは仕入れ値のどちらか高い方と決められています。5,000円で仕入れて10,000円で売る商品を自家消費した場合、売値の7割の7,000円が売上となり、8,000円で仕入れて10,000円で売る商品を自家消費した場合なら8,000円が売上です。

 

そして、この売上の分には消費税がかかります。”自分で作ったものを自分で食べるのだから、売上ではない”と思われるかもしれませんが、実はそれは間違いなのです。商品として扱う物である以上、自分で消費しても売上として計上しなければなりません。

 

これは知人などにおすそ分け、つまり無償で譲渡した場合も同じです。これも自家消費の1つとして売上を計上しないといけません。納得いかないという面もあるかもしれませんが、税金の決まりとしてルールが作られています。

 

もし自家消費したからと言って売上を計上しないでいると、それは脱税になってしまいます。自家消費について勘違いしている人も多いかもしれないので、知らなかったといことで脱税してしまわないように気をつけましょう。

 

自分で商品を生産する農業に従事する人などは、特に自家消費が身近な存在のはずです。

自家消費についての正しい知識を身につけて、しっかり記録していくようにしましょう。

 

いざというときに困ることがないよう、自分で消費した分についても正確に売上として計上しておくことが必要です。自分で消費するものは商品ではないというイメージが強いかもしれませんが、商品として考えないといけないのです。

 

詳しくは、国税庁のHPを見てみましょう。