コラム

Home / Archive by category "コラム" (Page 2)
固定資産の交換特例って?

固定資産の交換特例って?

どんな記事?

・固定資産の交換は、土地や建物など同じタイプの不動産を交換する際に適用される

・交換する二つの不動産の価格が一緒であれば、課税対象外になる

・二つの不動産に価格差があると、その差分が課税対象になる

・節税対策の手段の一つになり得る

 

 

(内容)

不動産の売買の際は大きな額のお金が動くため、上手に取引をしないと多額の税金がかかってしまい、不動産取引から得られた利益の多くを失ってしまう可能性があります。そのため、より利益を得られるように、節税対策としてどのようなことができるかを知っておくことは大切です。その一つの方法が、税法上の固定資産の交換の特例を活用することです。

この固定資産の交換とは、土地や建物など同じタイプの不動産を第三者と交換する際に適用されるルールです。交換する二つの不動産の価格が一緒であれば、譲渡や受け取りが税務上なかったとみなされて、課税の対象から外れるというものです。このルールは、土地の全部の交換はもちろんのこと、土地の一部だけを交換する際にも当てはまります。また、不動産は1年以上の所有、交換を前提として取得していないことも満たす必要があります。不動産の交換は、取引相手の利益とこちらの利益が合致することによってなされるもので、意外と不動産取引の際には多く見られる手法です。特に、節税対策の一つの手段としてこの方法が採られることになります。

この固定資産の交換の特例では、同じ価格の不動産同士を交換した場合に適用されるもので、二つの不動産の間に価格差が生じる場合には、課税対象となります。とはいっても、不動産の評価額すべてが課税対象となるわけではなく、その価格差の部分のみに課税されることになります。つまり、この交換の際に相手から交換差金を受け取ると、譲渡所得として所得税がかかってきます。そのため、たとえ同じ価格の不動産でなくても、節税対策という観点から見れば交換という形で取引を行った方が、課税対象となる部分が少なくなって有利となります。


このように、不動産に関係する節税対策はいくつもの手段があります。こうしたルールを上手に適用するためには、税法を始めとする法令をよく理解することが重要となります。不動産を投資の一つの手段とみている方も、単に持っている不動産を売り払ったり新たに買いとったりしたいという時には、しっかりと関係する法律や独自のルールを調べておくと良いでしょう。取引額が大きいだけに、節税効果も高くなります。

 

フリマの売り上げって課税対象なの?

フリマの売り上げって課税対象なの?

どんな記事?

・仕事をしていて、給与所得以外の収入が20万円以下であれば、確定申告をする必要がない

・仕事をしていない場合、収入が38万円以下であれば、確定申告をする必要がない

・日常生活に必要と判断される物品全般の販売は、課税対象外

・販売する物品が多いなど営利目的の場合、課税対象になることがある

 

 

(内容)

家で不要になったものを売りたい時、多くの人がフリーマーケットを利用しています。大抵の場合、手数料として1500円程度を支払って出店し、要らなくなったおもちゃや洋服などさまざまなアイテムを販売します。中には一日で数千円から数万円を売り上げる人もいるとのことです。こうした売り上げは税法上「雑収入」もしくは「譲渡所得」として分類されるため、基本的には課税の対象となります。ただし以下に取り上げる2つのケースに該当する場合には確定申告を行う必要はありません。

 

1つ目は利益額が非常に少ない場合です。利益額とは、売上金額から必要経費などを差し引いた金額を指しています。会社員として働いている人の場合、給与所得以外での収入が年間20万円を超えた場合、確定申告を行うことが必要となります。一方、仕事を持っていないケースでは、基礎控除額である38万円を超えた場合にやはり確定申告を行うことが求められます。したがって、フリーマーケットにおける年間の売り上げがこれらの金額を下回っている場合には確定申告を行う必要はありません。

 

2つ目は「生活用動産」を販売した場合です。生活用動産とは、衣類や食器あるいは家具など、日常生活に必要と判断される物品全般を指しています。通勤用として用いられているバイクや自動車なども生活用動産として認定されるケースがあります。こうした日常生活に必要な物品を譲渡したことによって生じる所得に関しては課税対象外と所得税法第9条1項9号で定められています。そのため、大半のケースでフリーマーケットにおける売買は非課税と認定されるわけです。ただし貴金属や宝石を売る場合には購入時の金額によっては課税対象となるケースがあるので注意してください。

 

このように原則として、フリーマーケットでの売り上げは課税対象とはなりません。しかし、フリーマーケットでの売り上げに加えて、最近ではネットオークションを活用して不用品を処分する人も増えています。このケースに関しても先述した2つのケースに当てはまる場合には課税対象外となります。ただし、販売した物品の数が非常に多い場合や、もともとフリーマーケットやネットオークションで売ることを目的として購入し、出品する場合、いわゆる転売を繰り返している場合などには、利益の金額に関わりなく営利目的とみなされて課税対処となる可能性があるため注意が必要です。

 

 

 

芸能人の投資運用術(松井咲子さん)

芸能人の投資運用術(松井咲子さん)

投資運用していることを公言している芸能人は多いですね。

どうやっているのか、儲かっているのか損しているのか気になります。

 

今回は入門編として今年AKBを卒業された松井咲子さんを取り上げたいと思います。
まずはプロフィールから 。

松井 咲子
(まつい さきこ、1990年12月10日 – )は、日本のタレント、ピアニストで、女性アイドルグループAKB48の元メンバー。サムデイ所属。埼玉県蕨市出身[2]。蕨市立中央東小学校、蕨市立第一中学校[3]、東京音楽大学付属高等学校卒業[4][5]、東京音楽大学音楽学部音楽学科器楽専攻ピアノ科在学中[6]。via 松井咲子 – Wikipedia.

チームAメンバー、フューチャーガールズ・アンダーガールズとしての活動が多く、AKBの中でよく知られていたとは言えない松井咲子さんですが、音大ピアノ専攻とお嬢様っぽいですね。AKBメンバーとしては意外!?

多くの人と同じく「投資は難しそう」という印象を各メディアでも語っていますが、マネーポストの特集をきっかけに勉強されています。
いくつかご紹介できればと思いますが、AKBを応援することと、株を購入することは同じである、という例えは非常に分かりやすい!

●株を買う=好きな企業を応援すること
(株式会社=AKB48、株主=ファン)
上場企業をAKB48に見立てると、ファンに相当するのが投資家です。AKB48メンバーである私がファンの皆さまに応援していただいているように、企業は投資家の方々に株式を買ってもらうという「応援」をされているんですね。
via AKB48松井咲子 株投資=好きな企業応援はAKBと同じと学ぶ│NEWSポストセブン.

さらに分かりやすく説明すると、株式投資の場合は

  1. 企業への投資を行う
  2. その資金を元にして事業を行う
  3. 事業が利益を生む
  4. 利益に応じて企業の価値が上昇し株価が上昇する
  5. 配当となって株主に還元される

となります。上手くいって有名に大きくなることもあれば、そうでないときもあるのは芸能人の応援と同様です。
パズドラもゲームとしてのリリース直後は株価の上昇はありませんでした。でも、ゲームの流行に連れてガンホーの売上増や利益増に期待が高まり一大投資ブームを引き起こしました。

上手くいきそうだなという製品・サービスを見つけ、その会社に投資して上手くいくのを楽しみに待つのは、芸能人の卵を発掘するのと同様の楽しみ方です。どの会社が注目されているのか、プロの見立てはどうなのか、について是非「兜予報」で確認していただければと思います。

 

松井咲子の投資のポイント

最後に松井咲子さんがまとめられている投資のポイントは3つ。

【企業=応援したいアイドル、株式=CDやライブでの応援】

株は難しそう、と感じていた私でしたが、「AKB48」の活動と、応援してくれる「ファン」の方との関係

【銘柄選びに迷ったら、ヒット商品や優待情報にも注目】

約3400もの銘柄がある上場企業。一体どこの株を買えばいいのかお手上げ状態の私に、まずは余剰資金のおこづかいの範囲を決め、雑誌のヒット商品番付特集や、株価情報の株主優待情報を覗いてみる

【売買タイミングを計るなら「RSI」「一目均衡表」の2択】

いつ買えば(売れば)いいのかは、過去の株価データを独自手法で算出するテクニカル分析指標を用いれば判断できる。初心者なら「RSI(相対力指数)」と「一目均衡表」。2つともシグナルが表示していたら、まさに買い!

via AKB松井咲子 投資は企業=好きなアイドル、株式=CDで応援│NEWSポストセブン.

 

公式ブログ http://ameblo.jp/sakikomatsui1210/

公式Twitter https://twitter.com/skc1210

結婚式場はどこがいい?

結婚式場はどこがいい?

どんな記事?

・主に4つのタイプの会場がある

・専門式場やホテルは質の高いサービスが保証されている

・レストランは料理を重視するカップルにオススメ

・ゲストハウスは一軒家を貸切にできる

 

 

(内容)

結婚式が行われる場所は、主に「ホテル」「専門式場」「レストラン」「ゲストハウス」の4つがあります。エリアが決まっても、たくさんある会場から絞り込むのは大変ですよね。今回はそれぞれの式場の特徴について紹介します。

 

 

◯ホテル

ホテルは立地条件がよく、上品なサービスが保証されているため、式を挙げるカップルの半数近くがホテルを選択しています。また宿泊施設が整っているため、遠方のゲストもを招くときにも最適です。ただ、一般の利用客がいたり、同じ日に別のカップルが式を挙げることもあるため、バタバタするといった注意点もあります。

 

◯専門式場

専門式場は、結婚式に特化しているため、設備とスタッフが充実しているのが特徴です。高級感があり落ち着いた雰囲気なので、ゲストにも好印象です。またスタッフは知識や経験が豊富なため、要望にできる限り応えてくれます。大安吉日などは予約が集中しやすいため、希望の人は早めに予約することを心がけてください。

 

◯レストラン

料理のクオリティにこだわるカップルにオススメのレストランウエディング。ゲストの楽しみは料理と言われるほど、結婚式において料理は重要です。ただ、通常はレストランとして営業しているため、専門式場やホテルのように設備が整ってはいないので、着替えの場所など事前に確認しておきましょう。

 

◯ゲストハウス

ヨーロッパ邸宅のような一軒家を貸切にして式を挙げることのできるゲストハウス。最近、専門式場としてゲストハウスのウエディング施設が増えてきています。一軒家の貸切のため、他のカップルとの鉢合わせがなく、演出も自由にできるというメリットがあります。ただ、郊外にあることが多く、交通が不便である場合もあるので、注意が必要です。

 

◯その他

上記以外にも日本の伝統的なスタイルである、自宅での挙式や、船上で行うクルーズウェディング、屋外で行うガーデンウェデングなどもあります。クルーズウエディングやガーデンウェデングは天候にも左右されるため注意が必要です。ただ、天候に恵まれれば、とても開放的で素敵な演出をすることができるでしょう。

 

 

いかがでしたか?一生に一度の結婚式。お互いに満足のできる会場で素敵な結婚式をあげてください。

 

 

結婚式にはどんな種類がある??

結婚式にはどんな種類がある??

どんな記事?

・挙式の種類は主に4種類ある

・1番人気の教会式は、プロテスタントの形式であれば、信者でなくても挙式が可能

・神前式や仏前式など日本古来のスタイルは最近人気が高まっている

・宗派にとらわれたくない人には人前式がオススメ

 

 

(内容)

祖父母や父、母の時代は白無垢姿の厳格な雰囲気の結婚式がほとんどでしたが、現在は様々な種類の挙式があり、多くて迷ってしまうのではないでしょうか。今回は、主な挙式スタイルの紹介をしたいと思います。

 

◯教会式

結婚式=教会式をイメージする方が多いのではないでしょうか。約6割のカップルが教会式を選択していて、人気のスタイルです。教会式はキリスト教式とも言われており、キリスト教の教義にのっとって行う挙式です。親族だけでなく、友人など多くの人が列席することができます。

また、キリスト教にはカトリックとプロテスタントの2つの宗派があります。日本で行われている教会式のほとんどはプロテスタントの挙式です。カトリックの挙式では、街にある由緒正しき教会で行われ、お互いまたは、一方が信者でないと婚姻が認められません。さらに、再婚者の挙式は許されない、肌の露出が少ないウェディングドレスなど厳格さが求められます。しかし、プロテスタントの挙式は、キリスト教の信者でなくても、結婚式場やホテルのチャペルで誰でも行うことのできるスタイルです。

 

◯神前式

神前式は、神殿にて厳かな雰囲気の中で行われる伝統的なスタイルです。ずっと昔からあるイメージですが、起源は、明治33年の大正天皇の結婚式とされており、その後民間にも広がっていきました。基本的に、列席は親族のみですが、神社によっては友人も列席可能です。最近は和のテイストが見直されおり、可愛い和服も多く人気が高まっています。

 

◯仏前式

仏前式は、どちらかの菩提寺、もしくは自宅にて、仏教の教えにのっとって行われるスタイルです。式には親族のみが列席が可能です。新婦は白無垢、新郎は羽織袴を着るので神前式と似ていますが、神前式は誰でも行うことができるのに対して、仏前式では、両家のどちらか一方はその寺院の檀家でないといけません。

 

◯人前式

上記で紹介したスタイルが神仏に誓うものであるのに対して、人前式は、列席者に証人となってもらい、婚姻を認めてもらいます。宗教にとらわれず、なんでもありな自由度の高いスタイルです。本当にオリジナルの挙式を作ることが可能なので、とても思い出深い式にすることができるでしょう。自由すぎて、何をすればいいのかわからないといった場合は、結婚式場やホテルが用意しているプランを採用することもできます。

 

 

いかがでしたか?お互いにとって理想の形の挙式のスタイルを選択し素敵な結婚式を挙げてください。