コラム

Home / Archive by category "コラム" (Page 2)
英語学習のコツ

英語学習のコツ

どんな記事?

・コツをおさえて、丸覚えをする。その際に、声をしっかり出すことが大切。

・英語の文構造をそのまま理解できるようになる

・理論的な思考をつかさどる左脳、イメージの記憶・直感をつかさどる右脳を上手く使う

・さらに、五感をフルに活用して、英語を勉強する

 

 

(内容)

英語学習のコツは、ひと言でいうと覚悟を決めて丸覚えすることです。ただ、覚えると言ってもコツがあります。よく耳にすることであると思いますが、しっかり声に出すことはとても大切です。

 

”なぜ学生時代あれほど勉強したのに英語が話せないのか?”ということをよく言われますが、勉強したからと言って話せるようになるわけではありません。

 

なぜなら、英語と日本語はかなり異なる文構造なので、そう簡単には話せるようになるのは難しいのです。外国人も日本語を話せるようになろうとすると苦労します。それはやはり文構造が問題で、英語を学習するときは英語を日本語に変換するのではなく、そのまま理解できるように慣れる必要があります。

 

これまで中・高で6年間英語の授業がありましたが、実はたったの800時間しか学習していません。他言語を勉強する場合、800時間では何とか意思疎通ができる程度にしかならないと言われています。さらに、英語を母国語にしている人たちが、日本語を勉強するには2000時間以上かけないと話すことができないとも言われています。

 

日本人なら記憶力のある無しに関わらず、日本語を話すことができます。
その理由は、赤ちゃんの頃から言葉を丸覚えしているからです。

どうすれば丸覚えできるかというと、右脳と左脳を上手く使っていくことが、英語上達のコツになります。

言葉を話すのは、左脳で理論的な思考をつかさどっている部分です。右脳はイメージの記憶、直感の働きをします。

さらに人間の五感をフル活動することで、短期間に吸収できるのです。

 

”英語を本当に話したかったら外国に行け”という理由は、外国に行けば周りは外国人ばかりなので、まずいろんな状況で話す外国人を見ることになり、何を話しているかを推測して、直感を働かすことになります。

 

その時の感覚とその時話している言葉とが、記憶の中に直結して残されていきます。

外国に行くということは、人間の五感をフルに使って勉強していること同じになるのです。

 

映画を観て覚えるという方法があります。

映画で話す英語は、慣用句やたとえが多く、話すスピードも速く難しいと言われていますが、好きな俳優が話す決め台詞の場面だけでも覚えていけば、視覚、聴覚、それと好きな俳優というイメージが働き、記憶しやすくなります。

つまり、映像と音と、好きだという感情が、右脳と左脳を使っているということになります。

 

文法的な勉強は必要ですが、言語なので勉強するという意識より、”身につける”という意識が必要なのかもしれません。

 

お茶ランキング

お茶ランキング

どんな記事?

・お茶のランキングは、1位緑茶・2位紅茶・3位烏龍茶

・緑茶のカテキン(渋味の主成分)は、健康に良い

・紅茶には、集中力アップや基礎代謝を高める効果がある

・烏龍茶には、ダイエット効果がある

 

 

 

(内容)

日本人の飲み物と言えば、よくお茶が挙げられますが、最近は急須で入れて飲むというより、自動販売機でペットボトルのお茶を買うという人が増えてきています。しかし、どちらにせよ毎日お茶を飲むという人の割合はかなり高いでしょう。

 

そこで、今回はいろいろなお茶がある中で、あるアンケート調査の上位3位までを紹介します。

 

 

・1位 緑茶

やはり緑茶は人気で、日本独特のお茶の味は大人になるにつれ愛されています。

産地や種類も様々で、番茶から玉露までその味も風合いも多種多様で、その文化の背景も強く愛されています。

 

子供たちには、独特の渋みであまり人気はありませんが、大人になるにつれ好きになっていく過程は、”繊細な日本人の味覚が育っていくからだ”と言われています。

和食には欠かせない飲み物であり、外国でも最近注目されています。

 

また、緑茶のカテキン(渋味の主成分)の効用もあり健康に良いというイメージが定着しています。

その具体的な効用は、
①がんリスクの低減
②抗ストレス作用
③心臓血管の健康増進
④脳力アップ
⑤関節炎の予防
が挙げられます。

 

 

・2位 紅茶

紅茶は独特のイメージで世界中で愛されているお茶であり、日本でも定着しています。紅茶の種類は様々で、その種類により味も香り大きく異なってきます。

ヘルシーなイメージがあり、甘みを抑えた飲み方や、レモンを入れたり、ミルクを入れたりとさまざまな飲み方が工夫されており、根強い愛好者が存在します。

 
また朝に飲むと、
①集中力アップ
②糖分を分解する
③体温を上げ基礎代謝を高める
効果があると言われています。

 

 

・3位 烏龍茶

独特の味わいがある中国茶ですが、日本に定着しています。

脂っこいものを食べた後で、余分な油を流してくれるというイメージがあり、健康を意識した商品と言えます。また、ダイエットに効果があるとも言われています。

 

ダイエットにも効果があると言われ、日本人に合う味覚に変更されたウーロン茶はヒットしました。主にペットボトルでヒットしており、人気のあるお茶です。

 

 

それ以外では、麦茶やほうじ茶、玄米茶などもあり、商品も多く好みも多様化しています。

男女や年齢、世代で好みが分かれますが、自動販売機の普及で、日本茶が注目を浴びているのは、やはり日本人独特の現象と言われています。

世界の和食ブームもありますが、健康志向に相まって、日本茶の味も和食同様に市民権を得ているようで、世界からも認められた日本茶もブームになりつつあります。

 

子供の習い事、お勧めは?

子供の習い事、お勧めは?

どんな記事?

・人気第1位は、水泳。メリットとして、風邪を引きづらくなるなど

・人気第2位は、英語・英会話。高校、大学受験の際にも英語の力はとても重要。

・人気第3位は、ピアノ。子供の将来のために与えておきたい芸術面でのスキルアップ。

・他にも、運動系のサッカーや体育教室、根強い人気の書道とそろばん、学習塾など

 

 

 

(内容)

子供の将来を考えて、いろんな幼児教育から、英才教育、運動クラブとご両親は子供に合う習い事を考えるのではないでしょうか?

 

習い事の種類は文科系・運動系・教育系・芸術系と親の考えと希望、子供の嗜好や性格なども関係します。

総合的に年齢による推移もありますが、習い事でランクが高いのは下記になります。

 

 

・1位 水泳

水泳は、人気の習い事の1つです。

 

メリットとして、

①かぜを引きづらくなる

②呼吸循環器機能が向上する

③水の危険から身を守る

ことが主に挙げられます。

 

海水浴は子供が小さいときに、よくある親子行事で、保護者は子供が泳げるようになってほしいと強く感じるようになり、子供自身も泳げるようになりたいと思うでしょう。

学校でもプールの授業があったりと、人並みに泳げるようになりたいと、親も子も考えるようです。

精神面での訓練にもなり、まずは泳げるようになりたいと強く思うのが水泳です。

 

・2位 英語・英会話

英語が苦手というご両親の思いと、子供の将来を考えての選択です。

最近は小学校高学年から英語の授業がスタートしており、高校、大学受験の際にも英語の力は重要になってきます。

また、将来的に社会がよりグローバル化すると言われており、子供の将来にとって重要だと考えているご両親が多いのではないでしょうか?

 

・3位 ピアノ

音楽が好きで、ピアノを習いたかったという保護者の憧れが、動機のようです。

音楽は情操教育の一環でもあり、子供の将来のために与えておきたい芸術面でのスキルアップという思いもあるようです。

またご両親がピアノを弾けるという方もあり、子供に感性の幅を持たせたいという願いの表れでしょう。

女の子の定番の習い事であり、常に上位に入る習い事です。

 

 

この3つを紹介しましたが、その他にもお勧めの習い事は本当にたくさんあります。

運動系のサッカーや体育教室、根強い人気の書道とそろばん、勉強に直結する学習塾などもあり、順位はめまぐるしく変動します。

時代や金銭的な事情、好みなどさまざまです。

 

現在の日本は少子化という現状で、昔と子どもを取り巻く環境も変わってきました。しかし習い事で子供の将来に何かプラスになることを与えておきたいという両親の思いは、昔から変わることはないのです。

 

運動ダイエットをしよう

運動ダイエットをしよう

どんな記事?

・有酸素運動(エアロビクス、エアロバイク、ウォーキングなどで少しの力で長時間できる運動)で脂肪を燃焼

・基礎代謝を高めてくれる無酸素運動(筋肉がつき、結果的に寝ているときも脂肪が燃焼)も必要

・有酸素運動と無酸素運動で相乗効果

・運動前後には必ずストレッチを行う

 

 

(内容)

ダイエットのためには、運動は欠かすことができません。

 

人間が運動しなければいけない理由は、筋肉量を増やすことで基礎代謝をアップさせ、消費エネルギーを増やしていく必要があるからです。

また運動は疲れをとったり、病気を防いだり、精神的にもストレス解消に役立ち、リフレッシュできます。

 

では、”どんな運動がダイエットにいいのか?”と言うと、やはり有酸素運動がお奨めです。

有酸素運動は、エアロビクス、エアロバイク、ウォーキングなどで少しの力で長時間できる運動のことです。

この運動の効果は体脂肪を使い切ることです。脂肪を燃焼させるためには、酸素が必要で、一般的に有酸素運動を20分以上続けることで脂肪燃焼が効果的に起こると言われています。このように、無理をせずにダイエットは継続することができます。

 

有酸素運動をしようと思っていたはずが、頑張って走りすぎてしまうと、浅い呼吸になってしまいます。脂肪を燃焼させる酸素が不足になって、カロリーは消費されますが、脂肪は減りません。ですので有酸素運動をする際には浅い呼吸にならない程度で頑張りましょう。長く続けられる強度を自分の中で探っていくことが大切です。

 

有酸素運動は脂肪を燃やしてくれますが、ダイエットをするためには基礎代謝を上げることも重要になってきます。基礎代謝を高くするには無酸素運動が最適になります。筋肉トレーニングや短距離などの運動は、酸素を補給しないので長時間運動はできませんが、筋肉を使うので糖質を減らすことができます。

 

筋肉をつけることで血液の流れ、酸素の供給などを活発にさせてエネルギー消費を増やし、基礎代謝を増やすことができます。基礎代謝が高くなれば、寝ているときでも脂肪を燃やしてくれるので、太りにくい体になることができます。ちなみにおすすめはスクワットです。スクワットは筋トレの王様と呼ばれており、全身の筋肉量のおよそ70%あるという下半身の筋肉を効率よく鍛えられるからです。基礎代謝のアップも大いに期待できます。

 

ダイエットには、実はこの2つの運動のバランスが重要になっています。もし運動ダイエットを始める場合、この2つのことが基本となるので無酸素運動と有酸素運動を取り入れれば理想的な運動ダイエットになります。

 

まず筋肉トレーニングを行い、無酸素運動を行い、糖質を増やすことや基礎代謝を上げる効果を得る。その後有酸素運動のランニングをすると脂肪を燃焼させ、最後にまたストレッチをして身体を整えると、理想的な運動を行うことができます。

 

無理な運動をせずに、継続できるような運動ダイエットをしましょう。

 

財布の管理は家計管理??

財布の管理は家計管理??

どんな記事?

・夫婦で別々の財布管理をすると、家計が赤字になる?

・夫婦で一緒に1つの財布管理をして、協力することが大事

・自分たちが”何にお金を使ったか?”、”後どれくらい使えるのか?”把握することが必要

・さらに、生活費の見直しをする(携帯のプランの見直し)

 

 

(内容)

みなさん、家計の管理はどうしているでしょうか?突然の質問ですが、夫婦の財布は別々になってしまってはいませんか?

 

今回は財布管理を別々で行っている以下の世帯を例にとって考えてみます。

 

・夫婦30代/年収700万円台の家庭

夫34歳 (会社員・営業)、妻32歳 (会社員・販売)、子ども なし

年収 559.9万円(手取り) 月収 夫21.1万円/妻15.5万円(手取り) ボーナス120 万円(合算)

 

この家庭は、実は月に約3万の赤字があるのです。”共働きで子供がいないのにどうして?”と思うかもしれません。

 

答えは、先ほどの質問に隠されています。それは、「お金を自由に使いたい」という理由で、結婚をしてから家計を1つにしてこなかったからです。

 

具体的には、月々の支払いを費目によって分けていたことが原因です。夫が住居費・水道光熱費を払い、妻が食費・日用品・医療費を払う。通信費・生命保険料・交通費・娯楽費は各自で払う。被服費・交際費はそれぞれの小遣いに含めてしまっているのです。そして、ボーナスは完全に各自管理です。お互いにどれくらい使っているのか把握できていないのです。いざ、どのくらい貯金しているか見てみると、2人合わせて90万程しかありませんでした。

 

ここで分かることは、”財布を別々にすると、支出をはっきりと把握することが難くなる”ということです。1つにしてしまえば、全体がはっきりと分かり、”自分たちはあとどれくらい使えるか?”が把握しやすくなります。また、ボーナスなどまとまったお金は計画的に使いたいものです。家計簿をつけるのもおすすめです。

 

次に、小遣いを減らし、小遣いに含んでいた被服費や交通費も一緒の家計から支払うようにする。家計から出す趣味や洋服の費用も、2人で話し合って優先順位をつけるようにする。趣味がお互いに異なるのであれば、”どのくらいずつ使うのか?”を決める必要があります。お互いに融通し合って、協力していくことが何よりも重要になってきます。なるべく、家計は一緒に管理するようにすることが大切です。そして、”何に使ったのか?”をはっきり分かるようにし、共有することが将来的に大きな差として現れてくるでしょう。

 

一方で、生活費の見直しも必要です。この世帯の場合、平日はほとんど家にいないこともあり、食費や水道光熱費はさほど高くはありません。逆に、通信費に計上された携帯電話の使用料が高くなっています。これを節約するのにSIMフリー携帯への変更があります。SIMとは電話番号を特定するための固有のID番号が記録されたICカードのことを指します。これを携帯電話やスマートフォンの端末に差し込むと、通信が可能になります。このSIMに月額1000円前後から使える格安タイプがあります。端末自体も最近は1万円程度で買うことができ、これを利用すると大幅なコストダウンができます。実際に使ってみたところ、電話の声が聞き取りづらいことがあるものの、都内で使うのには問題は特にはなく、ネットやメール、LINEなどのやり取りなら十分できそうでした。ほかにも、イオンスマホ、ワイモバイルなど格安料金で使えるスマートフォンもあり、検討してみる価値はあります。

 

世帯によって特徴があるので、一度それをしっかり把握する必要があります。そして、上の例のように支出が大きいところを抑えられるような対策を考えてみてはどうでしょうか?