コラム

Home / Archive by category "コラム" (Page 2)
業種別平均賃金ってどうなってるの?

業種別平均賃金ってどうなってるの?

どんな記事?

・業種別では、金融・保険、情報通信、教育・学習支援業の賃金が高い

・男女ともに宿泊・サービス業が最も賃金が低い

・どの職種も50代に賃金のピークとなることが多い

・職種別に賃金を知る必要がある

 

 

(内容)

転職を考ている場合、これから生活していくためにも賃金はやはり気になるところです。今回は、行政機構が出しているデータを見ていきます。

 

一般的に、金融・保険業やIT(情報通信)業の賃金が高いと言うイメージを持っている方が多いのではないでしょうか?これは男性の場合は当てはまりますが、実は女性の場合だと教育・学習支援業が最も高いと言う結果になっています。

 

厚生労働省が毎年発表している賃金構造基本統計調査について見ていきます。今回のデータは少し古いですが、平成27年度のものです。

 

男性の場合、

1位 金融・保険業 482万円

2位 教育・学習支援業 442万円

3位 情報通信業 412万円

 

女性の場合、

1位 情報通信業 313万円

2位 教育・学習支援業 307万円

3位 金融保険業 278万円

 

と言う結果でした。

 

ちなみに宿泊・サービス業は男女ともに最も低く、男性が196万円、女性が196万円となっています。実際の結果を業種別に見ていくと、みなさんのイメージに近いのではないでしょうか?教育・学習支援業が上位に来たのは意外だったかもしれません。

 

これらは、年齢を考慮したデータではありません。実は最初の働き始め(20代前半)は、どの業種も大きな差はなく(200万前後)、年齢が大きくなるにつれて差が開いてきます。金融・保険業に関しては50歳あたりがピークとなり、その後急激に下がっています。教育・学習支援業は50代半ばがピークとなり、その後比較的穏やかに下がってきます。その他の業種(製造業、医療・福祉、宿泊・サービス業など)においても50代にピークとなることが多いようです。

 

今回は業種別で見てきましたが、同じ業種であっても職種によって異なるのでそれぞれ調べる必要があります。相対的に金融・保険業、教育・学習支援、情報通信業は賃金が高い職種が多いであろうことが分かりました。また、厚生労働省のデータが正しいと言い切れないので、参考程度にとどめておきましょう。

 

 

家電の節約術

家電の節約術

どんな記事?

・家庭のエネルギー消費の内訳で上位は、電気冷蔵庫、照明器具、テレビ、エアコン・・・

・冷蔵庫の設定温度の「弱」と「強」では、電気使用量に20%もの違いが出る

・照明器具は、蛍光ランプ・LEDの長短を考え、使い分ける

・テレビは、見ないときは電源を切る。また、音量は下げるようにする。

 

 

(内容)

家電製品を使用すると、当然電気代がかかります。言ってみれば、節約の効果が表れやすいところではないでしょうか?

上手に電気を使うことで、大きな節約効果が期待できます。

 

経済産業省・資源エネルギー庁の統計(2009年)によれば、家庭のエネルギー消費の内訳で多く占めているのが上から順に、電気冷蔵庫、照明器具、テレビ、エアコン・・・となっています。この統計から、使用時間が長い家電ほど多くの電力を消費していることがわかります。

 

 

今回は電気冷蔵庫、照明器具、テレビの節約術を見ていきたいと思います。

 

〇電気冷蔵庫の節約術

冷蔵庫は常に使用しているため、消費電力は非常に大きくなってしまいます。

しかし、冷蔵庫の設定温度の「弱」と「強」では、電気使用量に20%もの違いが出ると言われています。

外気温が低い冬は「弱」に、逆に食材が痛みやすい夏は「強」にするなどして、食品衛生を保ちつつ節電しましょう。

その他にも、

・背面10㎝、側面2㎝あけて冷蔵庫を配置し、冷蔵庫の上にはものを置かない

・冷蔵庫にはモノを入れすぎない

・頻繁に使うものはドアの近くに置く

など工夫できることは多くあります。冷蔵庫用カーテンも節電におおいに役立ちます。

 

 

〇照明器具でできる節約術

照明器具の節約と言うと、よく話題にでてくるのが蛍光ランプとLEDではないでしょうか?LEDと蛍光ランプの長所と短所をまとめてみました。

 

〈蛍光ランプ〉

〇広範囲を明るくすることができる

×点灯までに時間がかかる、寿命はLEDより短い

 

〈LED〉

〇寿命は蛍光ランプの6倍以上、点灯が早い

×広範囲を同じように照らすことができない、LEDが使えない照明器具もある

 

では、どのようにして使い分ければよいのでしょうか?

 

〈蛍光ランプ〉

トイレやお風呂、廊下などといった短時間しか使わない場所

 

〈LED〉

リビングなどの長く照明をつける場所

それぞれの長所と短所を考えて、用途に応じて使い分けるとよいでしょう。

 

 

〇テレビでできる節約術

いくらインターネットが普及しても、テレビが人々の情報源であることには変わりません。ついつい、つけっぱなしにしてしまいがちですが、見てもいないのにつけっぱなしにするのはやめましょう。見ないときは、主電源から切るようにして、長期間見ないのであればコンセントから抜いてしまいましょう。

また、音声のボリュームを下げるだけでも消費電力は下がります。テレビを見る人数や場所に応じて上手に使いわけたいですね。

 

長く使うものだからこそ、使い方を見直してみませんか?

できることからやってみましょう!

 

炊飯器の節約方法は?

炊飯器の節約方法は?

どんな記事?

・炊飯器でお米(5合)を炊くのに電気代が大体、1回あたり13~15円位

電気炊飯器は炊飯時に最も電気を使うため、炊飯器の最大容量で一度に炊く

・炊飯器の「エコ炊きモード」や「早炊きモード」を上手に活用

・炊飯器でご飯とおかずを同時に作ると、ガス代の節約だけでなく、料理時間の短縮に

 

 

(内容)

ご飯は毎日食べるものです。そのため、お米も毎日食べる方も多いでしょう。お米を炊くのに必要なのが炊飯器。毎日使うものだからこそ、節約すれば長期的には大きく変わってくるのではないでしょうか?

今回は炊飯器の節約方法を見ていきます。

 

 

〇電子レンジを活用しよう

炊飯器でお米(5合)を炊くのに電気代がどのくらいかかるか知っていますか?

大体、1回あたり13~15円くらいかかります。

 

では、炊飯器での保温にはどのくらいの電気代がかかるのでしょうか?

1時間当たり約0.6円かかるので、半日保温していると約7円かかってしまい、24時間保温すると14円もかかってしまいます。24時間以上保温していると、1回炊飯するよりも電気代が高くなってしまいます。そのうえ、保温し続けたごはんはあまりおいしくありません。

そこでよく、余ったごはんはラップに包んで冷凍しますが、電子レンジでごはんを解凍するのに1合あたり約0.6円ほどで済みます。

電気炊飯器は炊飯時に最も電気を使うため、炊く回数を少なくした方が節電になります。なので、炊くときには炊飯器の最大容量で一度に炊いてしまって、残った分を冷凍保存するようにしましょう。

 

予備知識ですが、電子レンジは置く場所によって電波のあたり方が変わります。

ターンテーブル式のものであれば外側に、フラット式もものであれば中央に置くようにすると効率よく電波が届きます。

 

 

〇炊くときにやってみよう

最近の多くの炊飯器には「エコ炊きモード」や「早炊きモード」があります。これを活用してみましょう。

他には、保温時間をできるだけ短くするために、炊飯器のタイマー機能などと使うと、節電にもなっておいしいごはんが食べられますよ。

 

 

〇炊飯器でおかずも作れる

少し前に「炊飯器料理」という言葉をよく耳にしたと思います。炊飯器でご飯とおかずを同時に作ることで、ガス代の節約になるだけでなく、料理時間の短縮になります。ガス代は1回の調理で3円も節約できます。

具体的には、卵、ジャガイモ、かぼちゃ、ニンジン、蒸し鶏などの蒸し料理、白菜と豚肉の重ね煮、サバの味噌煮などの煮込む料理ができます。アルミホイルやタッパーを使えば、蒸す、煮るといった料理はアレンジがききそうです。

 

普段使っているものだからこそ、有効活用してみませんか?

 

なぜあなたの暮らしは良くならないのか?『100均での節約』があなたの暮らしを格上げします

なぜあなたの暮らしは良くならないのか?『100均での節約』があなたの暮らしを格上げします

どんな記事?

・食品の多くは、スーパーや激安ショップなどは100均より安い

・100均で重曹とセスキ炭酸ソーダ、クエン酸で、掃除用液を作れる

・洗濯は下洗いをして、100均の洗濯用品と重曹を組み合わせればで十分きれいになる

・100均のメイク道具は、意外にも肌に優しいコスメ商品が多い

 

 

(内容)

今、節約生活が注目を浴びています。

 

テレビなどで芸能人たちがいろいろなテクニックなどを駆使して節約生活をしている番組などから注目を浴び始めたことも関係あるでしょう。

ちょっと視点を変えただけで、生活にかかる費用が抑えられ、貯蓄や趣味などに回せるお金が増えるといいですよね。

 

そこで、節約の基本とも言える”100均”を活用した節約する方法を紹介します。

 

まず、食品からです。

食品に関しては多くの場合、スーパーや激安ショップなどを活用すれば、100均より安く食材が手に入るので、食品に関してはスーパーなどで100円を越えてしまう食材を中心に探します。おつまみ類やおやつ類、ドリンク類などは通常のお店より安く変えます。このように100均とスーパーの使い分けをするとよいでしょう。

 

続いて、日用生活品です。

掃除用品に関しては通常の店で販売されているものと、100均のものとでは品質に大差はありません。今まではトイレやお風呂、台所、家の中と洗剤を分けて購入していたと思います。しかし、100均で重曹とセスキ炭酸ソーダ、クエン酸を購入し、スプレーボトルに希釈した溶液を作っておけば、それだけで家中ぴかぴかにすることができます。

 

洗濯については、洗剤は100均のものはあまり汚れ落ちがよくありませんが、固形石鹸などで下洗いをしたり、洗剤を少なくしてその代わりに重曹を入れるようにすれば100均の洗濯用品で十分きれいにすることができます。

 

 

女性はメイクに非常に費用がかかることが多いですが、このメイクが100均で済ませられるとしたらどうでしょうか?

 

100均のメイク道具は高級なものと違って、無駄なものを省いています。そのため、意外にも肌に優しいコスメ商品が多いのです。そして、効果も高級化粧品と大差のない商品が多いです。

直接肌につけるものなので抵抗感がある方は難しいですが、ちょっとでも興味を持った方は是非100均のコスメ商品を一度使ってみてはどうでしょうか?

その他にも、一般のお店で売られていないアイディア商品や、消耗品は100均を活用することによって、かなりの家計節約になります。

 

100均を利用して、上手に節約していきましょう。

 

 

扶養控除ってもう無い?

扶養控除ってもう無い?

どんな記事?

・扶養控除は扶養親族がいる時に受けられる所得控除

・制度が変わると、女性の働き方に大きな変化がもたらされる

・制度を変える目的は、短時間労働者へのセーフティーネット

・保険料の負担が大きくなる可能性がある

 

 

(内容)

前回に引き続き、今回は扶養控除についてです。

 

扶養控除とは、16歳以上の扶養親族がいて、生計を一にしている時に所得控除が受けられる制度です。しかし、この扶養控除も廃止される可能性があるのです。

 

新しくなる制度の現在最も有力なのが、夫婦世帯が対象となる新しい控除を創設することです。これは、配偶者の収入と無関係に適用され、”どのように働いても結果が同じになる”という中立的な制度となる見通しです。”夫婦で子どもを産んで育てていこう”とする夫婦への優遇策であり、これまでの扶養控除とは全く異なった制度になると見られています。

 

扶養控除が廃止され、新しい制度が導入されれば、女性の働き方に大きな変化がもたらされるでしょう。なぜなら、パート主婦や専業主婦に対しての税の優遇がなくなってしまうからです。そうなると、家計の安定のために世帯の収入アップは絶対に欠かすことのできないものとなってきます。これまで、”奥さんが年収103万円を超えてしまうと損”、という意識が広くありましたが、これがなくなるので共働きで不況を乗り切ることになるかもしれません。

 

さらに、奥さんが年収130万円までならば、健康保険や年金の被扶養者なので保険料の負担が必要ありませんでしたが、一部の人はこれが106万円までに引き下げられます。2016年10月から、パートをはじめとする短時間労働者が対象の厚生年金適用基準が拡大されるためです。

 

目的は、短時間労働者へのセーフティネット拡大ですが、保険料負担はかなり大きくなります。週に20時間以上、年収106万円以上、勤務期間1年以上、従業員が501人以上いる企業、という全ての基準を満たせば厚生年金に加入することになるのです。

 

(まとめ)年収がある一定額を超えると税金を払う必要があります

①所得税・・・103万円超(給与所得控除65万円+基礎控除38万円)

②社会保険料・・・130万円超(給与所得控除65万円+非課税限度額35万円)

③住民税・・・100万円超

 

このような現状があるので、あらかじめしっかりと今後のことを考える必要があります。また、普段から新聞やニュースなどで扶養控除についてチェックするようにしましょう。