交通/通信

Home / コラム / Archive by category "交通/通信"
車は持つべき?

車は持つべき?

どんな記事?

・最近ではマイカーがなくても、レンタカーとカーシェアリングのサービスが充実

・カーシェアリングは、小さい時間単位で利用できる

・レンタカーは割引制度が充実

・利用が6時間以内ならカーシェアリング、6時間以上ならレンタカーが一般的にお得度アップ

 

 

 

(内容)

最近、若者のクルマ離れということが指摘されています。その理由として、バスや電車の公共交通機関が発達していることが挙げられます。また、自動車を借りる手段(レンタカーなど)も充実していることも大きく関係しているでしょう。

 

例えば、昔からあるレンタカー、今ではカーシェアリングというサービスも普及し始めています。つまり自動車を所有するのではなく、必要なときだけ借りて使用するというスタイルが確立されてきているのです。

 

ところで、レンタカーとカーシェアリングですが、どちらを利用した方が節約効果は大きいのでしょうか?

 

カーシェアリングの場合、タイムズカープラスのサービスを見てみると、ベーシッククラスが15分206円となっています。その他に月額1030円かかりますが、無料利用券が1030円分ついてくるので実質無料です。一方レンタカーの場合、JRの駅レンタカーだと24時間自動車を借りて8100円となります。

 

一見すると、カーシェアリングの方がお得なイメージがあります。しかしレンタカーの場合、割引制度が充実している点にも注目です。

 

例えば、先に紹介した駅レンタカーの場合、JR東日本の電車予約サービスの「えきねっとトクだ値」を利用して、駅レンタカーもセットで予約すれば、8100円が6880円に割引されます。その他にも提携先のカード会社を介して予約をすれば割引になるとか、福利厚生を利用すると割引価格になるといったサービスもあります。キャンペーンをうまく利用すれば、従来の半額でサービス利用できるようなケースもあるほどです。

 

このため、使い方によって節約効果は変わってきます。目安と言われているのは、利用が6時間を超えるかどうかです。もし6時間以内のドライブ利用を想定しているのなら、カーシェアリングがお得です。それ以上になるとレンタカーの方がお得度もアップすると言われています。今ではこのように必要なときだけ自動車を借りるシステムも充実しているので、必ずしも車を持たないといけないと言うわけでもなくなっています。

 

公共の交通機関に加え、車を保有しなくても利用できるサービスが充実してきているので、上手に活用していきましょう。

 

要らなくなったスマホの活用法

要らなくなったスマホの活用法

どんな記事?

・Wi-Fiにつないで、インターネットを使う

・メモ帳・カレンダーなどとして使う

・音楽プレーヤーとして使う

・カメラとして使う。 最近のスマホは非常に良い性能のカメラが内蔵されていることが多い。

 

 

(内容)

携帯電話で「2年契約」という言葉があることからも、今は使っていないスマートフォンをもっている人は少なくないのではないでしょうか?今回は使わなくなったスマートフォンの使い道を見ていきます。

 

〇Wi-Fiにつないで使う

 契約を解除してしまったスマホはキャリア回線を使ってインターネットに接続することはできませんが、Wi-Fiに接続する機能は解約後も使うことができるので、Wi-Fiにつないでインターネットを使うことができます。キャリア回線をつかった通話はできなくなりますが、通話のアプリもあるので通話もすることができます。

 

〇メモ帳、カレンダーなどとして使う

 メモ帳やカレンダーなどとして使うこともできます。古いスマホを手帳やカレンダーとして使うことでそれを見ながら、今使っているスマホで電話するなどといった使い方もできます。

 

〇音楽プレーヤーとして使う

 音楽を聴くことは結構な電池を消費してしまうので、メインのスマホではあまり聴きたくないという方もいるでしょう。そんなときに古いスマホを活用することをお勧めします。音楽アプリをダウンロードすれば、iPhoneだけでなくAndroidでも活用することができます。

 

〇カメラとして使う

最近のスマホは非常に良い性能のカメラが内蔵されていることが多いです。また、カメラ機能のアプリも数多く開発されています。そのスマホをカメラの代わりとして使うこともおすすめです。

 

古いスマホを有効活用することで、メインのスマホの節電にもなります。キャリア回線が使えなくても、最近では様々なアプリがあり、Wi-Fiに接続すれば通話以外はほとんど今のスマホと同じことができます。通信制限などに困っている人の解決方法になるのではないでしょうか?

 

携帯料金が安くなる?

携帯料金が安くなる?

どんな記事?

・携帯料金が家計の支出に占めている割合が高くなっている

・2005年から10年の間に、家計での支出に占める移動電話の通信料の割合は2割上昇

・家計にとって、もっと値下げ対策の必要性が高いのは、保険料や公共料金、教育費など

・より安い携帯料金のプランを選ぶなどして、上手くやりくりすることが大切

 

 

(内容)

2015年安倍首相が経済財政諮問会議において、”携帯料金などの家計負担軽減は大きな課題である”と述べ、スマホの通信料などの負担を軽減する方策の検討について指示しました。その場ですぐに甘利経済財政相、高市総務相が応じており、”事前に閣内での意思統一がなされていたからではないか?”と言われています。

 

安倍内閣の携帯料金引き下げに対する本気度がここから分かります。形式としては、この問題提起自体は民間人の有識者議員からの提案となっていますが、実際には役職である閣僚が主導しているのです。

 

また、これを契機にキャリア間の競争を促そうとする狙いがあるのかもしれません。現在ではNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクが大手であり、1社が施策を打つと他社が追随し、同じようなサービスになってしまいます。そうすると、値下げ競争が起こりづらくなってしまいます。

 

国内の景気の動向は今も一進一退の状況であり、携帯料金が家計の支出に占めている割合が高くなっているのも事実です。しかし、携帯の料金体系が変わって、引き下げられただけで一般庶民の家計の負担が軽くなるか、というと実は全く十分ではありません。通信費以上に、家計の負担になっている費用の方が多いからです。

 

もっと詳しく見ていくと、2005年から10年の間に、家計での支出に占める移動電話通信料の割合は2.0%から2.8%に上昇しており、これは4割上昇していると言えます。しかし、水道代・ガス代・電気代など通信費以外の毎月の支出の中には、もっと上昇しているものもあります。なかでもガス代の上昇率は高く、11%程度だったものが13%程度にまで上昇しています。出典(「家計調査結果」(総務省統計局)) を加工して作成。

 

携帯の料金引き下げに向け、規制や制度の改革を行うことは助かることではありますが、政策としての費用対効果は低いと言わざるをえません。家計にとって、もっと値下げ対策の必要性が高いのは、保険料や公共料金、教育費などであると言えます。

 

なので、それら料金の値下げがないのであれば、携帯料金が安くなった分を他の支出に充てる、値下げした中でもより安い携帯料金のプランを選ぶなどして、上手くやりくりしていくということが大切になります。家計全体の支出を下げるようにすれば、毎月の金額だけ見れば小さくても長期的に見れば大きな差になってくるでしょう。

 

固定電話ってホントに必要?

固定電話ってホントに必要?

どんな記事

・子供がいる家庭では連絡網に載せる番号は固定電話のほうがよいと感じる人が多い

・ローンを組んだりクレジットカードを作る際に、固定電話の番号が必要なことがある

・災害時などは携帯電話の通信網はパンクしてしまうが、固定電話はつながりやすい

・固定電話のお得な料金で使えるサービスや追加オプションを解約して安く使おう

 

 

(内容)

最近では携帯電話を1人1台持っていたり、インターネット経由で電話ができるサービスがあったりする中で、固定電話を使う機会がどんどん減っていると感じることが多いのではないでしょうか?

 

では、このご時世に固定電話は本当に必要なのでしょうか?

 

 

固定電話の加入者は年々減っています。これは新たに加入権を支払ってまで固定電話の回線を引く人たちが減ってきていることを意味します。

 

また毎月の出費を減らすためにあまり使わない固定電話を解約し、携帯電話1本にする人たちも増えているのでしょう。

これは時代の流れとして当然なことと言えます。

 

 

しかし、ときには固定電話が必要と感じる場面もあります。

 

例えば、子供がいる家庭では連絡網に載せる番号は固定電話のほうがよいと感じる人がたくさんいるようです。

なぜなら、携帯電話は個人に向けて電話をするものですが、固定電話はその家、つまり家庭に向けてかけるものと認識されているからです。

個人に向けてかけている電話だとすぐに応答しなかったり、気がつかなかったりすることがありますが、家庭にかけた電話では、誰かしら必ず家族に関係した人につながり、仮に留守でも留守番電話にメッセージを残すことができます。

家に帰ってくると留守電のメッセージは気になって必ず再生しますよね。

 

 

また、ローンを組んだりクレジットカードを作ったりするときにも固定電話の番号を提示するよう求められることがあります。

なぜなら、固定電話の番号を持っているということは、きちんと住居を持っていることになり、市外局番によってどの地域に住んでいるかもわかるからです。その人の信頼性を表す1つの指標になっているのです。

 

さらに、災害時などは携帯電話の通信網はパンクしてしまいますが、固定電話はつながりやすいというのも事実です。停電になっても通信局さえ作動していれば固定電話を使うこともできます。

 

 

まだ固定電話は必要とされることもありますが、お得な料金で使えるサービスや追加オプションを解約することによって今まで以上に安く使うことがでるので、賢く使っていきましょう。

 

自転車生活のすすめ

自転車生活のすすめ

どんな記事?

・少しの移動で自動車を使うと、”塵も積もれば山となる”と言うように交通費が膨らむ

・自転車を使えば、効率の良い有酸素運動が行える

・天候が悪いときは、公共交通機関を使うなど臨機応変に対応する

・自転車保険に加入できないか、確認してみる

 

 

(内容)

最近、「エコドライブ」という言葉を巷でよく耳にするようになりました。一般的な自動車に比べて環境に配慮されているのは確かですが、やはりできるだけ乗らないことに越したことはありません。

 

今回は自転車について、改めて見ていきます。

 

 

〇自転車を使うことの最大のメリット

自転車に乗ることで節約できる最大の点は、ガソリン代ではないでしょうか?

ちょっとした移動に自動車を使ってしまうと、ガソリン代の他にも駐車料金がかかってしまいます。短時間ならそこまで高くはないですが、”塵も積もれば山となる”と言うように、家計に結構な負担となってはね返ってきます。

また、近くにバスでいったとしてもバス代はどうしてもかかってしまいます。それに比べ、自転車は移動はただですし、駐輪代がかかるとしてもバス代ほどではなく格安です。

 

 

〇他にもこんなメリットがある

実は自転車に乗ることで、知らぬうちに有酸素運動をしていることになります。自転車は、ウォ―キングやジョギングと違い、硬い地面に足を直接つけない分、膝への負担が少なく、サドルに腰かけている分足首にも負担をかけず、身体への負担は非常に少ないのです。

それだけでなく、自転車は水泳の次にカロリーを消費するほど、効率がよい有酸素運動なのです。水泳やジョギングと違って機械の力が加わるので、体力もあまり消費することがありません。毛細血管を発達させたり、むくみを解消したりと健康体を作るのにも一役買っているのです。

 

 

〇注意しなければならないこと

メリットがたくさんある自転車ですが、天気などによっては普段以上に気をつけないと大変なことになってしまいます。例えば雨の日には、無理に乗ると滑りやすく危険なうえに、自動車からの水はねを受けてしまう・・・なんて悲惨なことにもなりかねません。このようなときは、公共交通機関を使うなどした方がよいかもしれません。

 

 

〇保険に入っておくとなお安心

自転車保険というものがありますが、自転車保険に単独で加入するのでなくても、個人賠償責任保険を自動車保険などに保険に特約でつけることもできます。個人賠償責任保険の保険料は100~200円程度と非常に安いです。自分の今入っている保険につけられないか、チェックしてみましょう。

 

交通ルールには十分に注意して、自転車生活を送ってみてはいかがでしょうか?