ok

Home / Archive by category "ok"
ダイエット食生活!

ダイエット食生活!

どんな記事?

・早食いは、食べ過ぎにつながる

・食事を取る時は、食べることに集中する

・お菓子を食べる時は、洋菓子より和菓子を食べるようにする

・歳をとるとカロリー消費が悪くなる

 

 

(内容)

”ダイエット”と言えば運動の方をまず考える方もいるかもしれませんが、普通に食べていても”ダイエット”ができる方法があります。それは、”日頃の食べ方をほんの少し変えるだけ”で、できることなのです。

”食事を我慢したくない”、”つらい運動も面倒くさい”と思う方にはお勧めです。

 

1つ目は、”早食いをしない”ということです。肥満の第一歩になってしまいます。

肥満は食べ過ぎで起こります。人間は満腹を感じてしまうと食事を摂りたくなくなるのが普通ですが、この早食いは食べ過ぎの原因になってしまいます。

 

通常の食事では、脳がその量を判断しますが、満腹になったという指令は15分以上かかってから出るので食べ過ぎになってしまうのです。

満腹なのに、満腹だと感じるにはタイムラグがあるので、早食いの人は気をつけましょう。逆に、ゆっくり食べることで、食べる量をコントロールすることができ、ダイエットになります。

 

2つ目は、”食事に集中して、食事を取る”と言うことです。

テレビを見ながらの食事や、スマホやパソコンでネットをしながらの食事は、満足感が得られにくく、食べ過ぎの原因になってしまいます。

ゲームをしながらの食事も同じで、脳の指令を邪魔してしまうため、満腹かどうかわからない状態で、食べている状態なのです。

 

 

和菓子や洋菓子はともに甘いもので避けた方がよいのですが、どうしても食べたいと思うことはあると思います。そのときは、和菓子にしましょう。

同じ甘いものでも、洋菓子に使われている卵、バター、生クリームにはコレステロールが高濃度で入っています。

しかし、和菓子にも砂糖は入っていますが、コレステロールが入っていません。

コレステロールは悪者ではないのですが、過剰摂取には注意が必要で、ショートケーキより大福を選ぶ方がよいでしょう。

 

前回の「バターとマーガリンの違い?」でも紹介しましたが、マーガリンには飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸が含まれています。飽和脂肪酸は、脂肪燃焼や脳の働きをよくします。不飽和脂肪酸は、ダイエットや動脈硬化予防によいとされています。なので、食事に加えてみてはどうでしょうか?ただし、過剰な摂取は禁物です。

 

 

規則的に食べていると思っている人は、時間が来たらお腹が空いていなくても食べる習慣がついている人です。特にサラリーマンの方は、昼休みが決まっているので、お腹が空いていなくても、昼ご飯を食べてしまいます。

何気なく取ってしまう食事ですが、年をとると若いときよりはカロリーを消費しなくなるので、お腹がなったときに食べるようにしましょう。

 

 

バターとマーガリンの違いとは?

バターとマーガリンの違いとは?

どんな記事?

・バターは動物性脂肪で原料は牛乳で、マーガリンの原料はコーン油・大豆油など植物性脂肪

・バターに含まれるコレステロールは細胞膜の構成成分や性ホルモンなどに必要で大切なもの

・マーガリンに含まれる飽和脂肪酸は、脂肪燃焼や脳の働きをよくする

・マーガリンに含まれる不飽和脂肪酸には、ダイエットや動脈硬化予防に適している

 

 

(内容)

バターとマーガリンの違いは何なのでしょうか?

 

皆さんご存知の方も多いと思いますが、バターは動物性脂肪で原料は牛乳で、マーガリンの原料はコーン油・大豆油など植物性脂肪です。

 

マーガリンには2種類あり、油脂含有率80%以上の通常のマーガリンとマーガリンよりヘルシーな油脂の割合が80%未満のファットスプレッドがあり、大手食品会社が販売しているものの多くがファットスプレッドです。

 

添加物の違いで言うと、バターの原料は天然の動物性脂肪を固めたもので添加物は塩だけです。逆にマーガリンは加工品なので、圧倒的に添加物量は多くなっています。

 

現在話題になっているトランス脂肪酸は様々な食品に入っており、その量と質が問題になっています。

食物に含まれる脂肪酸にはトランス型とシス型があり、人工的に作ったのがトランス型で天然のものはシス型と呼びます。トランス脂肪酸はバターにも入っていて、その含有量はマーガリンより少なくなっています。

日本の場合、この含有量は国際基準を完全に満たしていて、問題ありません。

 

 

健康への影響はその摂取量によって異なってきます。

バターで特徴的なものはコレステロールですが、マーガリンにはコレステロールはほとんど含まれていません。

コレステロールは取り過ぎると健康被害が懸念されますが、コレステロール自体は細胞膜の構成成分や性ホルモンなどの材料になる大切なものなので、適度に摂ることは必要になります。

マーガリンは飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の割合が半々くらいです。飽和脂肪酸は、脂肪燃焼や脳の働きをよくすると言われています。また、ダイエットや動脈硬化予防に適しているのは、不飽和脂肪酸だと言われているので、バターを摂取するよりはマーガリンが健康には適しているという見解もあります。

 

食生活には一般的なバターとマーガリンですが、欧米化の食事化がどんどん進み、現在では老人から子供まで当たり前に摂取する時代になりました。その中でいいものを選び、摂取方法も大事になってきています。

 

天然のバターと加工品のマーガリンには、それぞれ長所がたくさんあるのでバランスを考えて摂取する必要があります。食べ物全般について言えますが、過剰な摂取はよくありません。健康に配慮した食生活を送っていきたいですね。

 

車は持つべき?

車は持つべき?

どんな記事?

・最近ではマイカーがなくても、レンタカーとカーシェアリングのサービスが充実

・カーシェアリングは、小さい時間単位で利用できる

・レンタカーは割引制度が充実

・利用が6時間以内ならカーシェアリング、6時間以上ならレンタカーが一般的にお得度アップ

 

 

 

(内容)

最近、若者のクルマ離れということが指摘されています。その理由として、バスや電車の公共交通機関が発達していることが挙げられます。また、自動車を借りる手段(レンタカーなど)も充実していることも大きく関係しているでしょう。

 

例えば、昔からあるレンタカー、今ではカーシェアリングというサービスも普及し始めています。つまり自動車を所有するのではなく、必要なときだけ借りて使用するというスタイルが確立されてきているのです。

 

ところで、レンタカーとカーシェアリングですが、どちらを利用した方が節約効果は大きいのでしょうか?

 

カーシェアリングの場合、タイムズカープラスのサービスを見てみると、ベーシッククラスが15分206円となっています。その他に月額1030円かかりますが、無料利用券が1030円分ついてくるので実質無料です。一方レンタカーの場合、JRの駅レンタカーだと24時間自動車を借りて8100円となります。

 

一見すると、カーシェアリングの方がお得なイメージがあります。しかしレンタカーの場合、割引制度が充実している点にも注目です。

 

例えば、先に紹介した駅レンタカーの場合、JR東日本の電車予約サービスの「えきねっとトクだ値」を利用して、駅レンタカーもセットで予約すれば、8100円が6880円に割引されます。その他にも提携先のカード会社を介して予約をすれば割引になるとか、福利厚生を利用すると割引価格になるといったサービスもあります。キャンペーンをうまく利用すれば、従来の半額でサービス利用できるようなケースもあるほどです。

 

このため、使い方によって節約効果は変わってきます。目安と言われているのは、利用が6時間を超えるかどうかです。もし6時間以内のドライブ利用を想定しているのなら、カーシェアリングがお得です。それ以上になるとレンタカーの方がお得度もアップすると言われています。今ではこのように必要なときだけ自動車を借りるシステムも充実しているので、必ずしも車を持たないといけないと言うわけでもなくなっています。

 

公共の交通機関に加え、車を保有しなくても利用できるサービスが充実してきているので、上手に活用していきましょう。

 

家電の節約術

家電の節約術

どんな記事?

・家庭のエネルギー消費の内訳で上位は、電気冷蔵庫、照明器具、テレビ、エアコン・・・

・冷蔵庫の設定温度の「弱」と「強」では、電気使用量に20%もの違いが出る

・照明器具は、蛍光ランプ・LEDの長短を考え、使い分ける

・テレビは、見ないときは電源を切る。また、音量は下げるようにする。

 

 

(内容)

家電製品を使用すると、当然電気代がかかります。言ってみれば、節約の効果が表れやすいところではないでしょうか?

上手に電気を使うことで、大きな節約効果が期待できます。

 

経済産業省・資源エネルギー庁の統計(2009年)によれば、家庭のエネルギー消費の内訳で多く占めているのが上から順に、電気冷蔵庫、照明器具、テレビ、エアコン・・・となっています。この統計から、使用時間が長い家電ほど多くの電力を消費していることがわかります。

 

 

今回は電気冷蔵庫、照明器具、テレビの節約術を見ていきたいと思います。

 

〇電気冷蔵庫の節約術

冷蔵庫は常に使用しているため、消費電力は非常に大きくなってしまいます。

しかし、冷蔵庫の設定温度の「弱」と「強」では、電気使用量に20%もの違いが出ると言われています。

外気温が低い冬は「弱」に、逆に食材が痛みやすい夏は「強」にするなどして、食品衛生を保ちつつ節電しましょう。

その他にも、

・背面10㎝、側面2㎝あけて冷蔵庫を配置し、冷蔵庫の上にはものを置かない

・冷蔵庫にはモノを入れすぎない

・頻繁に使うものはドアの近くに置く

など工夫できることは多くあります。冷蔵庫用カーテンも節電におおいに役立ちます。

 

 

〇照明器具でできる節約術

照明器具の節約と言うと、よく話題にでてくるのが蛍光ランプとLEDではないでしょうか?LEDと蛍光ランプの長所と短所をまとめてみました。

 

〈蛍光ランプ〉

〇広範囲を明るくすることができる

×点灯までに時間がかかる、寿命はLEDより短い

 

〈LED〉

〇寿命は蛍光ランプの6倍以上、点灯が早い

×広範囲を同じように照らすことができない、LEDが使えない照明器具もある

 

では、どのようにして使い分ければよいのでしょうか?

 

〈蛍光ランプ〉

トイレやお風呂、廊下などといった短時間しか使わない場所

 

〈LED〉

リビングなどの長く照明をつける場所

それぞれの長所と短所を考えて、用途に応じて使い分けるとよいでしょう。

 

 

〇テレビでできる節約術

いくらインターネットが普及しても、テレビが人々の情報源であることには変わりません。ついつい、つけっぱなしにしてしまいがちですが、見てもいないのにつけっぱなしにするのはやめましょう。見ないときは、主電源から切るようにして、長期間見ないのであればコンセントから抜いてしまいましょう。

また、音声のボリュームを下げるだけでも消費電力は下がります。テレビを見る人数や場所に応じて上手に使いわけたいですね。

 

長く使うものだからこそ、使い方を見直してみませんか?

できることからやってみましょう!

 

炊飯器の節約方法は?

炊飯器の節約方法は?

どんな記事?

・炊飯器でお米(5合)を炊くのに電気代が大体、1回あたり13~15円位

電気炊飯器は炊飯時に最も電気を使うため、炊飯器の最大容量で一度に炊く

・炊飯器の「エコ炊きモード」や「早炊きモード」を上手に活用

・炊飯器でご飯とおかずを同時に作ると、ガス代の節約だけでなく、料理時間の短縮に

 

 

(内容)

ご飯は毎日食べるものです。そのため、お米も毎日食べる方も多いでしょう。お米を炊くのに必要なのが炊飯器。毎日使うものだからこそ、節約すれば長期的には大きく変わってくるのではないでしょうか?

今回は炊飯器の節約方法を見ていきます。

 

 

〇電子レンジを活用しよう

炊飯器でお米(5合)を炊くのに電気代がどのくらいかかるか知っていますか?

大体、1回あたり13~15円くらいかかります。

 

では、炊飯器での保温にはどのくらいの電気代がかかるのでしょうか?

1時間当たり約0.6円かかるので、半日保温していると約7円かかってしまい、24時間保温すると14円もかかってしまいます。24時間以上保温していると、1回炊飯するよりも電気代が高くなってしまいます。そのうえ、保温し続けたごはんはあまりおいしくありません。

そこでよく、余ったごはんはラップに包んで冷凍しますが、電子レンジでごはんを解凍するのに1合あたり約0.6円ほどで済みます。

電気炊飯器は炊飯時に最も電気を使うため、炊く回数を少なくした方が節電になります。なので、炊くときには炊飯器の最大容量で一度に炊いてしまって、残った分を冷凍保存するようにしましょう。

 

予備知識ですが、電子レンジは置く場所によって電波のあたり方が変わります。

ターンテーブル式のものであれば外側に、フラット式もものであれば中央に置くようにすると効率よく電波が届きます。

 

 

〇炊くときにやってみよう

最近の多くの炊飯器には「エコ炊きモード」や「早炊きモード」があります。これを活用してみましょう。

他には、保温時間をできるだけ短くするために、炊飯器のタイマー機能などと使うと、節電にもなっておいしいごはんが食べられますよ。

 

 

〇炊飯器でおかずも作れる

少し前に「炊飯器料理」という言葉をよく耳にしたと思います。炊飯器でご飯とおかずを同時に作ることで、ガス代の節約になるだけでなく、料理時間の短縮になります。ガス代は1回の調理で3円も節約できます。

具体的には、卵、ジャガイモ、かぼちゃ、ニンジン、蒸し鶏などの蒸し料理、白菜と豚肉の重ね煮、サバの味噌煮などの煮込む料理ができます。アルミホイルやタッパーを使えば、蒸す、煮るといった料理はアレンジがききそうです。

 

普段使っているものだからこそ、有効活用してみませんか?