ok

Home / Archive by category "ok"
無洗米と精白米はどっちがお得?

無洗米と精白米はどっちがお得?

 

 

どんな記事?

・無洗米のメリットは、研ぐ手間が省ける・水道代の節約など

・逆にデメリットは、価格が割高・衛生面の懸念など

・無洗米の衛生面については、細菌検査等からは全く問題ない

・季節によって、無洗米と精白米を使い分けるといいかも

(内容)

スーパーなどでお米を買うとき、無洗米を多く見かけるようになりました。最近では以前よりも種類も豊富になり、何よりお米を研ぐ必要がないという利便性から、利用する人は増えてきているのではないでしょうか?しかしその一方で、精白米にも変わらない人気があります。

 

今回は、無洗米と精白米の違いについて見ていきます。

 

〇無洗米のメリット・デメリット

まずは無洗米のメリットとデメリットについてです。

〈メリット〉

・研ぐ手間が省け、水道代を節約できる

・精白米よりも、栄養価が高い

・生活排水としてのとぎ汁が出ないので、環境にやさしい

 

〈デメリット〉

・精白米よりも価格が高い

・衛生面での心配

・品種がある程度限定

 

メリットとして、文字通り”無洗米”なので、研ぐ手間が省けることで時間の節約になります。さらに、冬の寒い時期などには冷たい水でお米を研ぐ必要がなくなります。次に水道代ですが、全国無洗米協会によると、年間で無洗米を使用することで得られる節水効果は2Lペットボトル828本分になります。さらに栄養成分としてはビタミンB1やナイアシンが多く含まれています。

 

デメリットとしては、価格が精白米に比べて割高になってしまうこと、品種がある程度限定されてしまうことがあります。衛生面も確かに気がかりになってしまいますが、細菌検査等からは全く問題ないという結果が出ています。さらに精米機の絶妙な加減で糠を取り除いているので、家庭で力を入れてお米を研いだ場合に比べ、均等に糠が取れ、味や栄養にも支障がありません。

〇結局どちらがお得なの?

両者のコスト差を見ていきます。国民生活センター調べによれば、

無洗米=78894.1円(米の価格)+64.4円(上下水道代)=78958.5円

精白米=71057.2円(米の価格)+324.5円(上下水道代)=71381.7円

となっています。単純に考えれば精白米の方がお得だと考えられます。米のとぎ汁などを有効活用することができれば、もっとその効果は出てくるでしょう。

単純に経済性だけを考えれば精白米の方がお得ではありますが、お米の価格や水道代などを考慮して季節などに応じて使い分けてみてはいかがでしょうか?

 

雑誌の定額配信サービスってなぁに?

雑誌の定額配信サービスってなぁに?

どんな記事?

・いったん端末に雑誌のデータを取り込めば、ネット環境がないところでも読める

・出版社によっては一部記事を読めなくしており、全部の記事が読めるわけではない

・総合週刊誌や写真週刊誌のほか、女性誌やファッション誌、趣味系などジャンルは様々

・様々な雑誌を特定のキーワード検索で探すこともできる

 

 

(内容)

最近、テレビCMなどで、雑誌の定額配信サービスという言葉を見かけるようになりました。「便利そうだなぁ」とは思っても、どんなサービスでどんなことができるのかは、各社によって異なります。

 

今回は、雑誌の定額配信サービスについて見ていきます。

 

〇雑誌の定額配信サービスで何ができる?

そもそも、このサービスは大手通信会社などが運営しており、会費を払えば誰でも、複数の雑誌をスマホなどで読むことができます。好きな雑誌を定期的に読めるほか、気になる雑誌や記事があれば、書店に行かず好きな時間に目を通すといった使い方もできます。

使い方も簡単で、アプリを立ち上げたら画面上に並んだ中から好きな雑誌を選ぶだけで、ページをめくったり、紙面の一部を拡大することができます。いったん端末にデータを取り込んでしまえば、ネット環境がないところでも見ることができます。

 

〇すべてを読めるわけではない

出版社などの希望によって一部の記事や写真を除外してしまうため、毎号1冊すべてのページが読めるとは限りません。どの内容や写真が制限されるかは雑誌によって異なりますが、大体全体の6~7割を読むことができます。気になる記事は実際にその雑誌を購入するようにすれば、無駄な投資をすることが防げます。

 

〇どんな雑誌が読めるの?

配信される雑誌の分野は、総合週刊誌や写真週刊誌のほか、女性誌やファッション誌、趣味系など様々なジャンルの雑誌を読むことができます。また、新刊の雑誌の多くは紙媒体が店頭に並ぶのと同時に配信されます。さらに、バックナンバーも数週間から1ç間などと一定期間読むことができますが、一定期間が過ぎてしまうと端末にデータを保存していても読めなくなってしまいます。

 

〇紙媒体ではないからこそできることも

例えば、オプティムのタブホでは、利用者が関心を持つ記事を簡単に見つけられる機能があります。特定のキーワードを入力すると、その言葉を含む記事を探して一覧にする機能があります。例えば「年金」と入力すると、経済誌だけでなく女性誌の記事を見つけることができます。複数の記事を簡単に見ることができるので比較することもできます。

 

このサービスを選ぶときには、まず自分の端末に対応するかを確認するようにしましょう。主なサービス配信元には、dマガジン(NTTドコモ)、タブホ(オプティム)、ブック放題(ソフトバンク)などがあります。中には端末の通信会社が対応していないといけないものもあるので注意が必要です。いずれも無料期間があり、扱っている雑誌もことなるので、自分にあったものを探してみてはいかがでしょうか?

 

英語学習のコツ

英語学習のコツ

どんな記事?

・コツをおさえて、丸覚えをする。その際に、声をしっかり出すことが大切。

・英語の文構造をそのまま理解できるようになる

・理論的な思考をつかさどる左脳、イメージの記憶・直感をつかさどる右脳を上手く使う

・さらに、五感をフルに活用して、英語を勉強する

 

 

(内容)

英語学習のコツは、ひと言でいうと覚悟を決めて丸覚えすることです。ただ、覚えると言ってもコツがあります。よく耳にすることであると思いますが、しっかり声に出すことはとても大切です。

 

”なぜ学生時代あれほど勉強したのに英語が話せないのか?”ということをよく言われますが、勉強したからと言って話せるようになるわけではありません。

 

なぜなら、英語と日本語はかなり異なる文構造なので、そう簡単には話せるようになるのは難しいのです。外国人も日本語を話せるようになろうとすると苦労します。それはやはり文構造が問題で、英語を学習するときは英語を日本語に変換するのではなく、そのまま理解できるように慣れる必要があります。

 

これまで中・高で6年間英語の授業がありましたが、実はたったの800時間しか学習していません。他言語を勉強する場合、800時間では何とか意思疎通ができる程度にしかならないと言われています。さらに、英語を母国語にしている人たちが、日本語を勉強するには2000時間以上かけないと話すことができないとも言われています。

 

日本人なら記憶力のある無しに関わらず、日本語を話すことができます。
その理由は、赤ちゃんの頃から言葉を丸覚えしているからです。

どうすれば丸覚えできるかというと、右脳と左脳を上手く使っていくことが、英語上達のコツになります。

言葉を話すのは、左脳で理論的な思考をつかさどっている部分です。右脳はイメージの記憶、直感の働きをします。

さらに人間の五感をフル活動することで、短期間に吸収できるのです。

 

”英語を本当に話したかったら外国に行け”という理由は、外国に行けば周りは外国人ばかりなので、まずいろんな状況で話す外国人を見ることになり、何を話しているかを推測して、直感を働かすことになります。

 

その時の感覚とその時話している言葉とが、記憶の中に直結して残されていきます。

外国に行くということは、人間の五感をフルに使って勉強していること同じになるのです。

 

映画を観て覚えるという方法があります。

映画で話す英語は、慣用句やたとえが多く、話すスピードも速く難しいと言われていますが、好きな俳優が話す決め台詞の場面だけでも覚えていけば、視覚、聴覚、それと好きな俳優というイメージが働き、記憶しやすくなります。

つまり、映像と音と、好きだという感情が、右脳と左脳を使っているということになります。

 

文法的な勉強は必要ですが、言語なので勉強するという意識より、”身につける”という意識が必要なのかもしれません。

 

子供の習い事、お勧めは?

子供の習い事、お勧めは?

どんな記事?

・人気第1位は、水泳。メリットとして、風邪を引きづらくなるなど

・人気第2位は、英語・英会話。高校、大学受験の際にも英語の力はとても重要。

・人気第3位は、ピアノ。子供の将来のために与えておきたい芸術面でのスキルアップ。

・他にも、運動系のサッカーや体育教室、根強い人気の書道とそろばん、学習塾など

 

 

 

(内容)

子供の将来を考えて、いろんな幼児教育から、英才教育、運動クラブとご両親は子供に合う習い事を考えるのではないでしょうか?

 

習い事の種類は文科系・運動系・教育系・芸術系と親の考えと希望、子供の嗜好や性格なども関係します。

総合的に年齢による推移もありますが、習い事でランクが高いのは下記になります。

 

 

・1位 水泳

水泳は、人気の習い事の1つです。

 

メリットとして、

①かぜを引きづらくなる

②呼吸循環器機能が向上する

③水の危険から身を守る

ことが主に挙げられます。

 

海水浴は子供が小さいときに、よくある親子行事で、保護者は子供が泳げるようになってほしいと強く感じるようになり、子供自身も泳げるようになりたいと思うでしょう。

学校でもプールの授業があったりと、人並みに泳げるようになりたいと、親も子も考えるようです。

精神面での訓練にもなり、まずは泳げるようになりたいと強く思うのが水泳です。

 

・2位 英語・英会話

英語が苦手というご両親の思いと、子供の将来を考えての選択です。

最近は小学校高学年から英語の授業がスタートしており、高校、大学受験の際にも英語の力は重要になってきます。

また、将来的に社会がよりグローバル化すると言われており、子供の将来にとって重要だと考えているご両親が多いのではないでしょうか?

 

・3位 ピアノ

音楽が好きで、ピアノを習いたかったという保護者の憧れが、動機のようです。

音楽は情操教育の一環でもあり、子供の将来のために与えておきたい芸術面でのスキルアップという思いもあるようです。

またご両親がピアノを弾けるという方もあり、子供に感性の幅を持たせたいという願いの表れでしょう。

女の子の定番の習い事であり、常に上位に入る習い事です。

 

 

この3つを紹介しましたが、その他にもお勧めの習い事は本当にたくさんあります。

運動系のサッカーや体育教室、根強い人気の書道とそろばん、勉強に直結する学習塾などもあり、順位はめまぐるしく変動します。

時代や金銭的な事情、好みなどさまざまです。

 

現在の日本は少子化という現状で、昔と子どもを取り巻く環境も変わってきました。しかし習い事で子供の将来に何かプラスになることを与えておきたいという両親の思いは、昔から変わることはないのです。

 

日本の年金制度-海外移住したらどうなる?-

日本の年金制度-海外移住したらどうなる?-

どんな記事?

・日本から年金を受け取る場合、移住先で口座を開設する

・日本と移住先で二重課税にならないように、”租税条約に関する届出書”を提出する

・日本で納めた保険料は、海外に移住しても受け取れる

・海外に移住していても、日本で保険料を納めることができる

 

 

(内容)

退職した方・現役で働いている方、どちらの世代も近年海外に移住することを考えている人が増えているようです。移住をしようとなると、やはり気になるのは老後の年金の受給ではないでしょうか?

 

移住先に年金制度がない場合や、制度があっても外国人は加入できないなどの理由で、日本から年金を受け取りたいと思う人は少なくないでしょう。移住を考える際に、年金制度について調べておくのは大変重要なことです。

 

まず、既に年金保険料を納めて受給資格を得ている退職者の場合、必要なのは移住先の銀行口座で年金を受け取れるように手続きをとっておくことです。方法としては、まず”年金の支払を受ける者に関する事項”という書類に必要事項を記入し、口座証明か通帳のコピーを添付して届出します。

 

つまり、移住先の金融機関に口座を開設しておく必要があるわけですが、これは移住後に口座を開設してその口座を指定するという方法も可能です。また日本と移住先の両方で二重に年金に所得税が課されることを避けるため、”租税条約に関する届出書”も提出しておきましょう。これで無事、国民年金を受け取ることができるようになります。

 

一方、まだ現役世代で年金保険料を納めきっていない状態で海外移住する場合についてです。そもそも日本国内に在住していることが第1号被保険者の条件であるため、海外に移住すればその資格を喪失します。つまり年金保険料の支払義務がなくなるため、”年金未納(滞納)”とはみなされず、海外在住期間も年金受給資格期間に含めることができますが、保険料を支払っていないため、この期間に対応する年金額はゼロということになります。

 

このため、海外にいても日本に保険料を納めたいと考える人も少なくありません。そのような海外移住者のために設けられているのが、”任意加入”です。

 

任意加入の手続きは、現在まだ日本にいる場合であれば住所のある管轄の市役所へ、既に海外移住している場合であれば日本にいたときの最終住所地を管轄する年金事務所へ加入申請を提出します。保険料の支払方法には日本国内で開設している貯金口座から引き落とす方法と、国内にいる親族などにお願いして、本人に代わって支払ってもらう方法とがあります。

 

いずれにせよ、老後のために年金をもらえるようにする必要がありますね。