自己破産のメリット・デメリット

Home / コラム / 自己破産のメリット・デメリット
自己破産のメリット・デメリット

どんな記事?

・自己破産をすると借金の返済義務が免除される

・自己破産をした場合、ブラックリストにのり社会的に信用を失う

・20万円以上の財産はすべて没収される

・周囲の人に迷惑がかかる

 

 

(内容)

自己破産というと、マイナスな暗いイメージを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

しかし、自己破産は多重債務で苦しむ人を救済する措置の1つです。

「借金を帳消しにするなんて」と変な負い目を感じる必要はありません。

この記事では、自己破産によるメリットやデメリットについて紹介します。

 

 

【メリット】

①すべての債務返済義務が免除される

自己破産の最大のメリットは、借金を返済する必要がなくなるという点です。本当に返済の目処が立たない場合は、誰でも行使することのできる権利です。これが自己破産の唯一で最大のメリットになります。

 

 

【デメリット】

①ローンを組めない

自己破産をするとブラックリストに名前がのり、信用を失います。そこから名前が消えない間は、新たな借金はもちろん、ローンを組んだり、カードで支払ったりすることができなくなってしまいます。そのため、買い物をするときなどには、とても苦労をすることになるでしょう。

 

②財産を失う

自己破産は「清算型」の債務整理と呼ばれており、自己破産をすると、20万円以上の財産はすべて処分されます。そのため、家も車もすべて失うことになります。とはいえ、すべての財産を失うわけではありません。20万円以下の財産や99万円以下の現金に関しては、生活費として処分の対象外となります。

 

③官報に名前などが記載される

自己破産をすると国の発行する機関紙の官報に、氏名・住所などが掲載されます。官報は一般に販売されているものではないので、周囲の人に知られる心配はありません。実際に事実を知るのは公的機関や弁護士らのみです。

 

④周囲に迷惑がかかる

最大のデメリットが他人に迷惑がかかるという点です。自己破産をすると、自分だけでなく家族の財産もまとめて失ってしまいます。そして何よりも連帯保証人にもデメリットが生じます。あなたが自己破産をして借金の返済義務を免除されたとしても、連帯保証人の返済義務は免除されません。したがって、連帯保証人が借金の取り立てされることになり、信頼関係に傷をつけることになってしまいます。

 

 

以上が自己破産のメリットとデメリットです。自己破産は大きな決断になるので、メリットデメリットをしっかりと考え、判断してください。