教養娯楽

Home / コラム / Archive by category "教養娯楽"
雑誌の定額配信サービスってなぁに?

雑誌の定額配信サービスってなぁに?

どんな記事?

・いったん端末に雑誌のデータを取り込めば、ネット環境がないところでも読める

・出版社によっては一部記事を読めなくしており、全部の記事が読めるわけではない

・総合週刊誌や写真週刊誌のほか、女性誌やファッション誌、趣味系などジャンルは様々

・様々な雑誌を特定のキーワード検索で探すこともできる

 

 

(内容)

最近、テレビCMなどで、雑誌の定額配信サービスという言葉を見かけるようになりました。「便利そうだなぁ」とは思っても、どんなサービスでどんなことができるのかは、各社によって異なります。

 

今回は、雑誌の定額配信サービスについて見ていきます。

 

〇雑誌の定額配信サービスで何ができる?

そもそも、このサービスは大手通信会社などが運営しており、会費を払えば誰でも、複数の雑誌をスマホなどで読むことができます。好きな雑誌を定期的に読めるほか、気になる雑誌や記事があれば、書店に行かず好きな時間に目を通すといった使い方もできます。

使い方も簡単で、アプリを立ち上げたら画面上に並んだ中から好きな雑誌を選ぶだけで、ページをめくったり、紙面の一部を拡大することができます。いったん端末にデータを取り込んでしまえば、ネット環境がないところでも見ることができます。

 

〇すべてを読めるわけではない

出版社などの希望によって一部の記事や写真を除外してしまうため、毎号1冊すべてのページが読めるとは限りません。どの内容や写真が制限されるかは雑誌によって異なりますが、大体全体の6~7割を読むことができます。気になる記事は実際にその雑誌を購入するようにすれば、無駄な投資をすることが防げます。

 

〇どんな雑誌が読めるの?

配信される雑誌の分野は、総合週刊誌や写真週刊誌のほか、女性誌やファッション誌、趣味系など様々なジャンルの雑誌を読むことができます。また、新刊の雑誌の多くは紙媒体が店頭に並ぶのと同時に配信されます。さらに、バックナンバーも数週間から1ç間などと一定期間読むことができますが、一定期間が過ぎてしまうと端末にデータを保存していても読めなくなってしまいます。

 

〇紙媒体ではないからこそできることも

例えば、オプティムのタブホでは、利用者が関心を持つ記事を簡単に見つけられる機能があります。特定のキーワードを入力すると、その言葉を含む記事を探して一覧にする機能があります。例えば「年金」と入力すると、経済誌だけでなく女性誌の記事を見つけることができます。複数の記事を簡単に見ることができるので比較することもできます。

 

このサービスを選ぶときには、まず自分の端末に対応するかを確認するようにしましょう。主なサービス配信元には、dマガジン(NTTドコモ)、タブホ(オプティム)、ブック放題(ソフトバンク)などがあります。中には端末の通信会社が対応していないといけないものもあるので注意が必要です。いずれも無料期間があり、扱っている雑誌もことなるので、自分にあったものを探してみてはいかがでしょうか?

 

海外旅行ツアーってお得?

海外旅行ツアーってお得?

どんな記事?

・最近の海外旅行のツアープランは、お得なケースが多い

・飛行機のチケット・ホテルの予約を自分でしなくてよい、安く上がるケースが多い

・個人で自由に行動できるツアーも増えてきている

・旅行会社が主催する海外旅行ツアーは法律に基づく補償がついている

 

 

(内容)

海外旅行に行こうと思うと、自分で準備をするかパックツアーに申し込むかで迷うことがあります。

 

たくさんある海外旅行のツアープランは、お得なのでしょうか?

結論から言うとかなりお得なケースが多いと言えます。

 

個人で旅行をしようと思うと、飛行機のチケットやホテルを自分で値段を比較しながら手配していく必要があります。時には、英語のサイトや注意書きを見て選んでいかなくてはなりませんし、日本語で書かれていないサイトでクレジットカード決済をするのは勇気がいるものです。しかもカードの種類によって値段が変わり、表示されていた価格よりも値段が高くなってしまうこともあります。

 

しかし、海外旅行ツアーだと、旅行会社が年間を通して大量に飛行機の座席やホテルの部屋を予約し安く仕入れているので、個人で手配するよりもかなり安く上がるケースが多くあります。

 

しかも、ツアー旅行のイメージは団体でいつも行動しなければいけないというものですが、最近では飛行機の移動とホテルのチェックインとチェックアウトのとき以外は自由に動けるツアーも増えています。

さらに、個人では予約をすることが難しいクラッシクやオペラのコンサートのチケットをツアーなら手に入れて楽しむことができるという特典もあります。美術館なども団体料金が適用されるので個人旅行よりもお得に旅を楽しむことができるでしょう。

 

そして、覚えておきたいのは、旅行会社が主催する海外旅行ツアーは法律に基づく補償があることです。旅行中に何らかの損害が生じたときに、それを保証してくれるのです。

例えば、ツアーの目的が景色を楽しむもので、それが何らかの事情で守れない場合は、旅行会社が変更補償金というものが支払われます。

もちろんツアーに申し込むときの契約内容にもよりますが、このように法律でツアー客が旅行を楽しめるように守られているというのはかなり安心できるのではないでしょうか?

 

海外旅行ツアーは景色やコンサートを楽しんだり、ハネムーンやアニバーサリーをするためだったりといろいろな目的のものがあるので、自分に合ったものを見つけてお得に旅行を楽しみましょう。

 

公共の宿を活用しよう!

公共の宿を活用しよう!

どんな記事?

・”公共の宿”は、県や市町村、その他の運営団体が営利を目的とせず運営している宿泊施設

・宿泊料金も食事代も安く、立地も景色もよいところが多く、天然温泉も楽しめる

・公営国民宿舎、簡易加入者保養施設かんぽの宿、休暇村など・・・

・お勤めの会社の福利厚生施設や提携施設であれば、サービスを受けられる

 

 

(内容)

最近、旅行の計画を立てようとしてホテルや旅館を探そうとすると、”公共の宿”という言葉

がよく出てきます。公共の宿とは一体何なのでしょうか?

 

今回は、”公共の宿”について見ていきます。

 

〇「公共の宿」とは?

公共の宿とは、県や市町村、その他の運営団体が、それぞれの営利を目的とせず運営している宿泊施設のことです。営利を目的としていないため、最低限のサービスの施設が多いですが、宿泊料金も食事代も安いですし、立地も景色もよいところが多いです。さらには天然温泉を楽しむことが出来る施設がほとんどですので、しっかり旅の疲れを癒すことができます。中には屋内プールやテニスコートも兼ね備えた施設もあるようです。

さらに、食事も地元のものをリーズナブルにいただくことができます。

 

〇どんな公共の宿があるの?

では、いくつか公共の宿を紹介していきます。

〇公営国民宿舎:全国に158か所あり、誰でも利用できる

〇簡易保険加入者保養施設かんぽの宿:全国に約60か所あり、簡易保険未加入者の利用可(割増料金あり)

〇休暇村:全国に36か所あり、誰でも利用できる

〇国民年金健康保養センター:全国に約60か所あり、国民年金の加入者(第1号被保険者)や受給者は割安料金で利用できる

 

なお、簡保は郵便局が、休暇村は国立公園の利用促進のため環境省が管轄しています。この他にも数多くの公共の宿があります。

 

〇公共の宿の他にも・・・

公共の宿もさることながら、もうひとつ見落としがちなお得施設が、お勤めの会社の福利厚生施設や提携施設です。大手の企業になるほど福利厚生は充実していると思いますが、意外とその内容全部を把握していない方が多いようです。通常料金の半額で泊まれるなんてこともあるようなので、公共の宿をチェックするときに一緒にチェックしてみるとよいでしょう。

 

宿泊施設に特に強いこだわりがないのであれば、公共の宿や会社び福利厚生施設も探してみてはいかがでしょうか?たまに、非常に格安なプランがある場合もあるので広報誌などをよくチェックしてみてください。

 

 

こんな方法があったのか!古本を高く売るコツ!

こんな方法があったのか!古本を高く売るコツ!

どんな記事?

・大手古本屋チェーン店は販売からの年月、在庫状況で価格が決定する

・小さな古本屋さんは多少汚れていても希少価値の高いものが売れ、市場に出回っているものは買い取ってもらえないことも

・オンライン書店ではインターネット上の需要に基づいて価格が決定する

・本は自分でクリーニングすると高く売れる

 

 

(内容)

家に大量にある古本。どうせ売るなら少しでも高く売りたいですよね。

今回は高く売るコツをご紹介します。

 

 

▽どこで売る?

 

まず一番に思いつくのはBOOK OFFなどの大手古本屋チェーン店でしょう。

大手チェーン店の場合、本の状態はもちろん、発売されてからの年月やその店舗の在庫状況によって価格が付けられます。

雑誌類は比較的高く買い取ってもらえますが、漫画や文庫本などは発売してから何年か経ってしまったものは10円ぐらいの金額でしか買い取ってもらえません。

 

 

 

次に近所の古本屋さんです。

このような古本屋は個人客よりも業者相手に商売をしているお店が多いため、市場に出回っている漫画や文庫本などは価格が安くなったり、買い取ってもらえないこともあります。そのため、販売からかなり年月が経っていたとしても珍しい本の方がよい価格で買ってもらえるでしょう。

 

 

 

最後はオンライン書店です。

オンライン書店とはインターネット上で書籍を販売する書店です。

インターネットが普及した現在、このようなインターネット上にしか店舗を持たない書店が増えています。

オンライン書店の場合、インターネット上の需要に基づいて買取価格を決定するので漫画でも単行本でも、比較的高く買い取ってもらえることが多いようです。

また、自宅まで引き取りに来てくれるサービスがある場合もあるのでとても便利です。

ただし、自分で店舗に持ち込んだ方が高く買い取ってもらえる可能性もあるので、店舗が近くにある場合は持ち込みの方が良いかもしれません。

 

 

 

 

▽高く売るコツは?

 

一番大切なのは、本の状態です。

本に書き込みがあったり、破れていたりすると、買取価格は下がってしまいます。

一番良い管理方法は購入時にブックカバーをしてもらい、保管することですが、本を売ることを想定して買う人はあまりいないでしょうし、読んでいるうちに汚れてしまうのは仕方がないことです。

そのため売る前に少しの努力をして本を綺麗にしましょう。

表紙の汚れは消しゴムで消したり、「水:マジックリン=8:2」の割合で洗浄液を作り、それを使いティッシュでふくと手垢などの汚れは綺麗に取れます。

このとき紙の部分は濡らさないように注意してください。

またページを折ってしまっている場合には、上から重しをしておくと目立たなくなります。

 

 

 

少しの工夫で本の買取価格も変わってくるのでみなさん参考にしてみてください。

 

 

映画をお得に観る方法

映画をお得に観る方法

どんな記事?

・必ず観ようと思う映画は、前売り券を購入する

・映画館が独自に行っている割引を利用する

・頻繁に映画館に行く人は、各映画館の会員カードを作るとサービスが受けられる

・ドコモのdカードやエスポカードなど、映画館の会員カードでなくてもサービスが受けられるカードもある

 

 

 

 

(内容)

大人が普通に映画館で映画を観ようと思ったら、どこの映画館でも1,800円位かかります。しかし、最近では映画をお得に観る方法がたくさんあり、曜日や時間などの条件さえ満たせば、だれでも割引を受けることができるものもあります。

 

今回は割引料金で映画を観る方法を紹介します。

 

 

〇必ず観るなら前売り券を

「この映画は絶対に観たい!」という作品があるならば、前売り券を購入するのがおすすめです。特に曜日や時間帯などの制限もなく、だれでも観ることができます。大体の場合、1,800円から1,400円になっており、最近では前売り券に特典グッズがついているものも出てきています。

大学生で時間がある場合、時間によっては前売り券で観るよりも安いことがあるので調べてみましょう。

 

 

〇映画館が独自に行っている割引

曜日の割引やレディースデイ、シニア割り、レイトショー、時間帯割引など、それぞれの映画館が独自に様々な割引を行っています。

 

例えば、

レディースデイ⇒女性は毎週水曜日が1,100円(109シネマズ、TOHOシネマズなど)

 

レイトショー⇒20時以降の上映開始が1,300円(イオンシネマ、ユナイテッドシネマなど)

 

夫婦50割引⇒夫婦どちらかが50歳以上で2人で2,200円(TOHOシネマズ、109シネマズなど)

 

この他にも、各映画館が会員カードを発行しており、入会金や年会費、更新料もさほど高くありません。受けられる割引も多いので、頻繁に映画を観に行く人や、よく行く映画館がある人はカードを作るのも一つの方法です。

詳しくはそれぞれの映画館のウェブサイトに掲載されているので、チェックしてみてはいかがでしょうか?

 

 

〇映画館独自の割引以外にもまだまだある!

すべての映画館が対象ではありませんが、カードを提示するだけで受けられるサービスもあります。

 

例えば、

 ドコモのdポイントクラブ⇒docomo利用者であれば誰でも加入することができ、イオンシネマでは毎週火曜日に、ドコモチューズデーとしてこのクーポンを見せるとdポイントクラブ会員と同伴者1名までが1,100円で観ることができます。

 

エポスカード⇒ユナイテッド・シネマ/シネプレックスやイオンシネマで一般1800円から1300円(曜日不問)でみることができます。

 

auスマートパス⇒auスマートパスは月額324円の会員制サービスで、TOHOシネマズでは毎週月曜日1,800円から1,100円、ユナイテッド・シネマやシネプレックスでは曜日問わず1,800円から1,400円で観ることができます。

 

いずれのカード・サービスも、映画以外にも受けられるサービスは多いので、持っておいて損はないでしょう。

 

ちょっとした条件を満たせば、だれでも受けられる割引ばかりです。最近では映画館に行かなくても映画は簡単に観ることができるようになりましたが、あの独特な雰囲気の中で観るのは一味違いますよね。ちょっとした時間ができたときなどに、映画館に足をのばしてみてはいかがでしょうか?