収支改善

Home / Posts tagged "収支改善"
現金VSクレジットカード

現金VSクレジットカード

どんな記事?

・クレジットカードのデメリットは、支出が増えてしまうかもしれないことなど

・現金のデメリットは、ポイントがつかないなど

・固定費用(携帯料金・公共料金など)は、クレジットカードで支払った方がよいかも

・クレジットカードは、所有する枚数があまり多過ぎない方がよいかも

 

 

(内容)

最近では、様々なクレジットカードを目にするようになりました。持っていて損のないクレジットカードですが、どうしても”使い過ぎてしまわないか?”と思ってしまうこともあるかもしれません。

 

今回は、クレジットカードと現金を比較して見ていきます。

 

〇クレジットカードと現金のメリット・デメリット

まずはクレジットカードからです。

【メリット】

・ポイントが貯まる

・ネットショッピングでも使える

・クレジットカードは後払い

 

【デメリット】

・年会費がかかることがある

・支出が増えやすい

 

次に、現金を見ていきます。

【メリット】

・返済をする必要がない

・使い過ぎをある程度は抑制できる

 

【デメリット】

・ポイントが貯まらない

・盗難に遭った時、現金が戻ってこない

 

やはり、この両者の大きな違いは”ポイントが貯まるかどうか?”、”お金の流れが可視化できるかどうか?”ではないでしょうか?

 

クレジットカードは使った分だけポイントが貯まり、後で商品券などに交換することができ、お得感があります。それに対して、現金にはそれがありません。しかし、ポイントほしさに要らないものまで購入していたのであれば、むしろ浪費が増えるだけです。

 

一方、現金の最大のメリットはお金の動きが見やすいということです。支払がまとまってくるカードだと、”支払は先だからまだ大丈夫だろう”という謎の安心感が生まれてしまいます。

とはいえ、現金だからと言って浪費が防げるわけではありません。”お財布に入っているとついつい使い過ぎてしまう・・・”なんてこともありえます。クレジットカードほどではないにしても、自分できちんとルールを決めておかないと大変な目にあうのは変わりません。

 

〇固定費はクレジットカード、変動費は現金で

では、クレジットカードと現金はどのように使い分けるのがよいのでしょうか?毎月支出する額の決まっている固定費(スマホ・ネット代、保険料、新聞代など)はクレジットカードが向いています。無駄に使い過ぎることなく、一定額分のポイントがもらえます。最近では通勤定期もクレジットカードで購入可能です。

 

また、クレジットカードも持ちすぎると効率的にポイントも貯めることも難しくなる可能性があります。ですので、所持する枚数はあまり多くない方がよいと思われます。逆にその他の出費は現金の方が向いています。時と場合によって出費額が変わってくるものには、お金の流れが見える現金が適しています。

 

クレジットカードと現金のそれぞれの長所と短所を理解したうえで、自分の生活を見直してみてはいかがでしょうか?

 

ポイントカード、上手に利用できていますか?

ポイントカード、上手に利用できていますか?

どんな記事?

・共通ポイントカードを使う

・使うカードを絞る

・”ポイント〇倍デー”につられて、無駄な出費をしない

・ポイントの有効期限を確認する

 

 

(内容)

最近では買い物に行くと、”ポイントカードお持ちですか?”と聞かれることが多くなってきました。”年会費がかからない”、”また使うかもしれない・・・”などの理由で、ついつい作ってしまいがちなポイントカードですが、上手に活用できているでしょうか?

近年ポイントカードは、コンビニエンスストア、家電量販店、携帯電話会社、クレジットカード会社や航空会社など、さまざまな企業が発行しています。

 

今回は、ポイントカードについて見ていきます。

 

○共通ポイントカードを活用しよう!

共通ポイントカードは、従来お店によってバラバラだったポイントを、まとめて貯めることができるカードのことです。代表的な共通ポイントカードとしては、”Tカード”、”Pontaカード”、”R(楽天)ポイントカード”があります。これらのカードはお店だけでなく、インターネット通販でも使うことができます。

さらに、買い物だけでなく、水道料金や税金、健康保険料、NHKの受信料、保育料などを支払いでもポイントが貯まります。もちろん、貯まったポイントはこれらの支払に使うことができます。加盟店によって、スーパーなどではエコバックを持参しただけでポイントがつく場合もあります。

 

○ポイントは貯まるれど・・・

”ポイント〇倍デー”などとあるとついつい買いたくなってしまいがちですが、衝動買いをしてしまっては、かえって無駄な出費にもなりかねません。広告などであらかじめ目星をつけて、購入するのが良いでしょう。最近では新聞の折り込みチラシだけでなく、スマートフォンなどのアプリでも広告を載せていることもあるので、チェックしてみてはいかがでしょうか?

 

○ポイントを上手に貯めて使うコツ

様々なお店からポイントカードをもらっても、その中にはあまり使っていないものはありませんか?そのような場合は、よく使うお店に絞るのも一つの方法です。もう一つ気をつけたいのが、ポイントの有効期限です。いざ使おうと思っても、期限が切れていたなどという悲しいことにもなりかねません。

 

自分のライフスタイルに合わせて、上手にポイントカードを活用していきましょう。

 

 

無洗米と精白米はどっちがお得?

無洗米と精白米はどっちがお得?

 

 

どんな記事?

・無洗米のメリットは、研ぐ手間が省ける・水道代の節約など

・逆にデメリットは、価格が割高・衛生面の懸念など

・無洗米の衛生面については、細菌検査等からは全く問題ない

・季節によって、無洗米と精白米を使い分けるといいかも

(内容)

スーパーなどでお米を買うとき、無洗米を多く見かけるようになりました。最近では以前よりも種類も豊富になり、何よりお米を研ぐ必要がないという利便性から、利用する人は増えてきているのではないでしょうか?しかしその一方で、精白米にも変わらない人気があります。

 

今回は、無洗米と精白米の違いについて見ていきます。

 

〇無洗米のメリット・デメリット

まずは無洗米のメリットとデメリットについてです。

〈メリット〉

・研ぐ手間が省け、水道代を節約できる

・精白米よりも、栄養価が高い

・生活排水としてのとぎ汁が出ないので、環境にやさしい

 

〈デメリット〉

・精白米よりも価格が高い

・衛生面での心配

・品種がある程度限定

 

メリットとして、文字通り”無洗米”なので、研ぐ手間が省けることで時間の節約になります。さらに、冬の寒い時期などには冷たい水でお米を研ぐ必要がなくなります。次に水道代ですが、全国無洗米協会によると、年間で無洗米を使用することで得られる節水効果は2Lペットボトル828本分になります。さらに栄養成分としてはビタミンB1やナイアシンが多く含まれています。

 

デメリットとしては、価格が精白米に比べて割高になってしまうこと、品種がある程度限定されてしまうことがあります。衛生面も確かに気がかりになってしまいますが、細菌検査等からは全く問題ないという結果が出ています。さらに精米機の絶妙な加減で糠を取り除いているので、家庭で力を入れてお米を研いだ場合に比べ、均等に糠が取れ、味や栄養にも支障がありません。

〇結局どちらがお得なの?

両者のコスト差を見ていきます。国民生活センター調べによれば、

無洗米=78894.1円(米の価格)+64.4円(上下水道代)=78958.5円

精白米=71057.2円(米の価格)+324.5円(上下水道代)=71381.7円

となっています。単純に考えれば精白米の方がお得だと考えられます。米のとぎ汁などを有効活用することができれば、もっとその効果は出てくるでしょう。

単純に経済性だけを考えれば精白米の方がお得ではありますが、お米の価格や水道代などを考慮して季節などに応じて使い分けてみてはいかがでしょうか?

 

雑誌の定額配信サービスってなぁに?

雑誌の定額配信サービスってなぁに?

どんな記事?

・いったん端末に雑誌のデータを取り込めば、ネット環境がないところでも読める

・出版社によっては一部記事を読めなくしており、全部の記事が読めるわけではない

・総合週刊誌や写真週刊誌のほか、女性誌やファッション誌、趣味系などジャンルは様々

・様々な雑誌を特定のキーワード検索で探すこともできる

 

 

(内容)

最近、テレビCMなどで、雑誌の定額配信サービスという言葉を見かけるようになりました。「便利そうだなぁ」とは思っても、どんなサービスでどんなことができるのかは、各社によって異なります。

 

今回は、雑誌の定額配信サービスについて見ていきます。

 

〇雑誌の定額配信サービスで何ができる?

そもそも、このサービスは大手通信会社などが運営しており、会費を払えば誰でも、複数の雑誌をスマホなどで読むことができます。好きな雑誌を定期的に読めるほか、気になる雑誌や記事があれば、書店に行かず好きな時間に目を通すといった使い方もできます。

使い方も簡単で、アプリを立ち上げたら画面上に並んだ中から好きな雑誌を選ぶだけで、ページをめくったり、紙面の一部を拡大することができます。いったん端末にデータを取り込んでしまえば、ネット環境がないところでも見ることができます。

 

〇すべてを読めるわけではない

出版社などの希望によって一部の記事や写真を除外してしまうため、毎号1冊すべてのページが読めるとは限りません。どの内容や写真が制限されるかは雑誌によって異なりますが、大体全体の6~7割を読むことができます。気になる記事は実際にその雑誌を購入するようにすれば、無駄な投資をすることが防げます。

 

〇どんな雑誌が読めるの?

配信される雑誌の分野は、総合週刊誌や写真週刊誌のほか、女性誌やファッション誌、趣味系など様々なジャンルの雑誌を読むことができます。また、新刊の雑誌の多くは紙媒体が店頭に並ぶのと同時に配信されます。さらに、バックナンバーも数週間から1ç間などと一定期間読むことができますが、一定期間が過ぎてしまうと端末にデータを保存していても読めなくなってしまいます。

 

〇紙媒体ではないからこそできることも

例えば、オプティムのタブホでは、利用者が関心を持つ記事を簡単に見つけられる機能があります。特定のキーワードを入力すると、その言葉を含む記事を探して一覧にする機能があります。例えば「年金」と入力すると、経済誌だけでなく女性誌の記事を見つけることができます。複数の記事を簡単に見ることができるので比較することもできます。

 

このサービスを選ぶときには、まず自分の端末に対応するかを確認するようにしましょう。主なサービス配信元には、dマガジン(NTTドコモ)、タブホ(オプティム)、ブック放題(ソフトバンク)などがあります。中には端末の通信会社が対応していないといけないものもあるので注意が必要です。いずれも無料期間があり、扱っている雑誌もことなるので、自分にあったものを探してみてはいかがでしょうか?

 

新聞、読んでいますか?

新聞、読んでいますか?

どんな記事?

・6・8ルールで景品を狙う

・朝刊のみの購読にする

・そもそも、新聞購読をやめる

・アプリやサイトなどの電子版を利用する

 

 

(内容)

情報源として昔から根付いている新聞ですが、最近では購読者数は減少傾向にあり、今後はますます減少する傾向にあると予想されています。

減少する理由としては、

①料金がかかるから

②読むのに時間がかかるから

③他のメディアから得られる情報で事足りるから

などといった理由が多いようです。携帯電話やスマートフォンの普及により、情報取集は今までより格段に楽になりました。そんな中、私たちが新聞を購読する理由は何でしょうか?

 

今回は新聞を節約の視点から見ていきたいと思います。

 

○6・8ルール

新聞を購読するにあたって”6・8ルール”というルールがあるのはご存知ですか?これは、新聞の購読に対して”お礼”として付けられる景品の上限額は6ヶ月の購読料に対して8%までという規則です。だいたい6ヶ月で4,037円(1ヶ月)×6ヶ月×8%=1,937円になります。このルールを狙うのも一つの方法です。

そのために、購読する新聞を定期的に変える必要があります。新聞の新規契約時には、数ヵ月分購読料が無料になったり、景品がもらえたりします。短期間ではそれほどでないにしても、長期的に考えればお得になるのではないでしょうか?

 

○朝刊のみにする

朝・夕刊セットにすると、どの新聞でもだいたいひと月1000円ほどの差があります。夕刊は朝刊ほど情報量もないので、朝刊だけにしてしまうのも一つの方法です。

 

○そもそも、新聞購読をやめる

それまで新聞を購読していた人にとっては究極的な方法かもしれませんが、購読をやめてしまうのも一つの方法です。1ヶ月の朝刊だけでも3000円ほどしますので、3000円×12ヶ月=36000円ほど年間で節約になります。夕刊もセットで購読している場合には4000円×12ヶ月=48000円ほど節約になります。

 

○新聞を購読しなくても困らない?

新聞をやめると生活の固定費が節約できることはわかっても、それまで読んでいた人にすると、生活に影響が出ないか心配になると思います。しかし、最近ではインターネットで簡単に情報を得ることもでき、様々なアプリ・サイトがあります。新聞と関連して、各新聞社から電子版も出ているので、そちらに移行するのも手段です。ただし、有料会員と無料会員で受けられるサービスに違いがあったり、新聞社によっては紙媒体で契約していないと電子版をみられないケースもあるので注意が必要です。

テレビ欄はネットで調べることができ、テレビジョンなどの雑誌を買うのでも代用できます。スーパーの広告なども、すべてではありませんが、そのようなアプリも最近ではでてきているようです。

固定費・・・と考えてしまっているものの中にも、実はあまり使っていなくて、節約できるものもあるかもしれません。自分の生活と照らしあわせながら、一度見直してみてはいかがでしょうか?