正社員登用率が高い企業・職種は?

Home / コラム / 正社員登用率が高い企業・職種は?
正社員登用率が高い企業・職種は?

どんな記事?

・ホテルのウェイターの仕事は、正社員の登用率が非常に高いバイト

・飲食店は、人手不足が多いため経験を積めば、正社員に登用される可能性が高い

・警備員も若手の正社員登用率が非常に高い職業

・アルバイトのときに、仕事を覚えが早かったり、資格があると有利

 

 

(内容)

”正社員登用”とは、アルバイトやパートタイマー、派遣などの職種で働いていた人たちが、様々な状況下でその企業の正社員として採用されることを言います。

アルバイトなどの非正規雇用の職員は、給料が月給制ではなく時給制であったり、もらえる金額が正社員に比べて少ない、正社員であれば加入できる社会保険にアルバイトやパートの場合は加入できないこともあります。

そのため、いつか非正規雇用で働くのを辞め、正社員として働いて安定した収入や地位を手に入れたいのであれば、正社員としての就職先を新たに見つけるか、あるいはアルバイトやパートからでも正職員に登用される見込みのある仕事を探すことになります。

求人広告や求人サイトなどを見てみると、”正社員登用制度あり”の会社は数多くあります。その中から自分が働きやすい環境を選んで一生懸命仕事をすれば、アルバイトで入ってそのまま正社員になれる可能性があります。

 

ではどのような職種や企業が正社員登用率が高いのでしょうか?

ホテルのウェイターの仕事は、正社員の登用率が非常に高いバイトです。ホテルは多くのお客様が訪れ、失礼がないように接客する能力が求められますが、最初から正社員として雇用するよりは、アルバイトやパートで雇っている間にしっかりと接客業務を身につけていくと、仕事のこなし方次第では正社員になれる確率が高い職業です。

仕事はハードですが、高級ホテルなどで働いているというと世間体もよい仕事です。

 

飲食店は、ほとんどがアルバイトなどで構成されています。その分人の出入りも多く、多くの店が人手不足に陥っている状況です。そのため、アルバイトで入社して長く働いて経験を積むことによって、正社員に登用される確率は高くなります。

ただし、最初から正社員で雇用された人と比べると昇格に限界があるところも多いのも実情です。

警備員も若手の正社員登用率が非常に高い職業です。

警備員のほとんどがアルバイトなどの人が多いですが、若手の正社員もある程度必要です。そこで、アルバイトとしての実績をしっかりと残せれば、若手でも正社員として登用されることがあります。

 

難しそうに見えて、意外と正社員に登用されやすい仕事にIT関連の仕事もあります。

IT関連は仕事量が多く、過酷な仕事なため離職率も高い職業です。そのため、アルバイトでも仕事をしっかりと覚え仕事ができるようになれば、正社員に昇格するチャンスは高くなります。

特に、インターネットやIT関連の資格などを持っていると会社側から正社員になる声をかけてもらえることもあるため、バイトをしながら資格をとっておくと有利です。

アルバイトやパートなど非正規雇用社員が多く、出入りの激しい仕事や、仕事が過酷で、社員となったらすぐ即戦力として働いて欲しい仕事などは、アルバイト時代にしっかりと仕事に対しての知識や技術を習得すれば正社員の道も開けてきます。

 

0409