規格外の野菜を安く買おう

Home / コラム / done / 規格外の野菜を安く買おう
規格外の野菜を安く買おう

どんな記事?

・野菜の規格は意外に厳しい

・規格外のもので、1kgあたり正規の半額以下もある

・規格外の野菜を購入できるサイトもある

・野菜以外にも、ケーキなどのスイーツも規格外商品も購入することができる

 

 

(内容)

通常販売されている野菜は、大きさの違い、色や形、品質を市場規格により振り分けられています。

「規格外野菜」とは、曲がっている、キズがついている、色が薄い、太さが足りない、サイズが大きい小さいという理由で、定められた規格に当てはまらない野菜のことです。売っているものと見た目は少し違っても、味や品質は普通に売られているものと全く変わりません。

 

今回は、規格外野菜について見ていきます。

 

〇野菜の規格はとても厳しい

 野菜の規格は思いの外厳しいのが現実です。例えば大根の場合、800~1100gの間に入るものがもっとも市場価値が高いとされています。この位の大きさのものは育ちすぎてしまったものよりも高値で取引されます。二股大根などのように割れていなくて、まっすぐな大根でも1.2kgを超えてしまうと正規品として市場に出回ることは難しくなってしまいます。

 

〇規格外の野菜はどこにいくの?

では、市場で取引されない育ち過ぎた大根はどうなってしまうのでしょうか?

規格外の野菜を引き取ってくれる卸先に出荷するという方法もありますが、そこでもあまりに大きすぎると嫌煙されてしまいます。そうすると、多くの場合外食産業や加工品に回されます。しかし、そこでの取引値が1kg当たり約40円と非常に安く、正規品の半分以下の値段になっているのです。

 

また、近年「契約農家」という言葉が浸透したように、農家が独自に販路を広げて販売を行うこと多くなりました。しかし、まだ農協を脱却していない農家も数多く、農協の定める規定を満たさないものは破棄しなければなりません。自分たちが思っている以上に破棄されている量は多いのが現実です。

 

〇規格外野菜は購入することができる

最近では、規格外野菜を取り扱う通信販売サイトが増えてきています。不揃いの野菜や魚や、せんべいなどを正規価格より安く販売しています。また、規格外野菜を扱った飲食店もでてきており、我々消費者が規格外商品に触れる機会は以前よりは増えました。各サイトで会員登録する必要はありますが、新鮮で味と品質が正規のものと同じものを簡単に購入することができます。

 

 

〇規格外商品はその他にも

規格外商品で他に思いつくものに、ケーキなどのスイーツがあるのではないでしょうか?ケーキを作ったときにでる切れ端や、少し形が整っていないからなどの理由で非常に安い価格で購入することができます。

 

規格外商品といっても大きさや形を除いて正規のものと何ら変わりはありません。規格外であるため、安定した供給はなされませんが、機会があれば利用してみるのもよいかもしれません。