家庭菜園、はじめませんか?

Home / ok / 家庭菜園、はじめませんか?
家庭菜園、はじめませんか?

どんな記事?

・家庭菜園を始める場合、トータル一万円以上の出費になる

・初心者の場合、トマトやカボチャ、サトイモなどがおすすめ

・カイワレやネギなどの根付きで売っている野菜は、手軽に栽培できる

・ベランダ菜園のおすすめは、ミニトマト・オクラ・ハーブ

 

(内容)

最近では、以前に比べて家庭菜園がしやすくなりました。本格的なものからすぐに始められるものまで、幅広い種類のものがでてきているのも、身近に感じる要因ではないでしょうか?

 

上手に作ることができれば、食費の助けにもなる家庭菜園について見ていきます。

 

〇家庭菜園は高い?安い?

本格的に家庭菜園を始めようと思ったら、それなりに費用はかかってしまいます。まずは、土づくりからしなければいけません。植物に適した土を作る方法は大きく二つあり、一つは貸農園を借りることで、もう一つは園芸用の土を買ってきてプランターや植木鉢に入れて、野菜栽培をする方法です。

現在の貸農園は農家の方が土づくりを引き受けてくれるところもありますが、最低でも千円以上の出費は必要です。この他にも苗や種などはもちろんのこと、作業用のシャベルや手袋などが必要になってきて、トータルでは一万円以上の出費をすることになります。

 

 

〇育ちやすい野菜・育ちにくい野菜

野菜にも様々な種類があり、栄養の少ない土地に飢えても立派に身のなる野菜もあれば、こまめに世話をしてもなかなか身のなりにくい野菜もあります。

初心者が育てやすいのは、痩せた土地でも丈夫に育つ野菜で、トマトやカボチャ、サトイモなどがあります。逆に、ナスやピーマン、キュウリなどは、市販されているような大きなものを作るには何年もの経験が必要になります。このような野菜は肥料をたくさんつかわなければならず、また細かな世話も必要になってきてしまいます。

 

 

〇もっと手軽に家庭菜園をする方法

これだけみると家庭菜園はとても難しいものに思えてきてしまいますが、もっと簡単に始められるものもあります。

 

〈まずは買った野菜を再生させてみよう〉

 

はじめに、カイワレやネギなどの根付きで売っている野菜を再生させてみましょう。特に費用がかかるわけでもなく、根っこの部分を豆腐などの空き箱やグラスなどに水を入れてつけておくだけでできます。うまくいけば、1週間ほどで新芽が生えてきます。買えば50~200円弱してしまうものなので、これらを栽培するだけでも家計の助けになるでしょう。

 

最近でいうと、野菜の再生で有名なもので、豆苗があります。葉と茎を食べ終わったあと、根を水に浸しておくと、新しい芽が伸びて7~10日で再収穫できます。コツとしては、根元の脇芽という、葉や茎の付け根から出る芽を残すように収穫します。すると、育ちが良くなるのです。

成長が早いので、家庭を助けるだけでなく、手軽なキッチン菜園としても楽しめちゃいますね。

 

 

 

〈ベランダ菜園にチャレンジ〉

 

次はベランダ菜園にチャレンジしてみましょう。現在では、必要な苗や土、プランターがセットになった栽培キットが売られているので、チャレンジしやすくなっています。ベランダ菜園では、やっぱり育てやすいミニトマトがおすすめです。その中でも、「レジナ」や「チビ助」という背が伸びない支柱いらずな品種が、特に簡単でおすすめです。

そして、オクラも育てやすい野菜ってご存知でしたか?

オクラは、原産国が南アフリカなので、暑さに強く育てやすい野菜の一つなのです。太陽に向かって上向きに実がなる姿が可愛いので、ぜひチャレンジしてみてください。

また、ベランダ菜園で、お料理に使えるハーブを育てるのもおすすめです。良く使われるバジルや、あまり水をあげなくても育つローズマリー、繁殖力の強いミントなどは、初心者にも育てやすいです。育てているだけで、ちょっとおしゃれな気分にもなれますよね。

 

 

 

いろいろ紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

カイワレなどであれば、ただ水につけておくだけで再生するので、だれにでもチャレンジすることができます。できるところからはじめて、植物の成長や取れたてのおいしさを楽しんでみてはいかがでしょうか?