生活保護を受けるとどんな援助が受けられるの?

Home / コラム / done / 生活保護を受けるとどんな援助が受けられるの?
生活保護を受けるとどんな援助が受けられるの?

どんな記事?

・生活保護を受けた際にどんな援助を受けることができるのかについて紹介している

・最低限度の金額だが、現金を受け取れる

・公共料金や税金などの支払いが免除される

・医療費が無料になるなど様々な扶助を受けることができる

 

 

(内容)

近年では、テレビや新聞で、よく生活保護に関するニュースを目にします。社会問題としてもよく取り上げられていますよね。生活保護は、生活に困窮したときに受けることのできる権利です。今回は、生活保護を受けた際、どのような援助を受けることができるのかについて見ていきたいと思います。

 

 

①現金を受け取れる

生活保護によって受け取ったお金は返済する必要がありません。支給されるのは生活する上で、必要最小限のお金ですが、衣食住に関しては、自分の好きなものを購入できます。毎月の金額は、家族構成や収入の有無などによって異なってきますが、都市部は、4人家族の場合は26万円前後となっています。また、支給された現金の使い方は基本的に自由です。現在の法律では、お酒を飲んだり、パチンコをしたりしても、それを禁止するものはありません。しかし、ケースワーカーは生活指導を行う権限を持っているため、やり過ぎには注意しましょう。

 

②様々な義務が免除される

生活保護を受給する人は、その手当だけで生活しなければならないので、様々な義務が免除されます。免除されるものは、公共料金の支払い・NHK受信料・国民年金保険料・地方税・固定資産税などです。さらに、戸籍謄本などの発行も無料でできます。また地方によって違いがありますが、バスや電車などが無料になるパスを配布される場合もあります。ただし、国民年金保険に関しては、保護を受けていた期間の分の年金を受給している期間は、通常の半額になります。

 

③医療費が無料

生活保護を受けると、保険証は回収され、生活保護の指定を受けた医療機関では、医療費が無料になります。ほとんどの病院は指定を受けていますが、個人経営の診療所のようなところの場合は、指定を受けてないところもあるため、事前に確認をとりましょう。

 

④扶助の範囲が広い

生活保護によって支給されるお金は8種類あります。生活保護、住宅保護、教育扶助、医療扶助、介護扶助、出産扶助、生業扶助、葬祭扶助です。突然のお葬式や、出産、子供の教育費などにも対応しており、その人の生活に応じた生活費を受給することができます。

 

いかがでしたか?

この他にも様々な援助を受けることができます。生活保護はあくまでも、最低限度の生活を保証するために支給されるものです。その事を忘れないようにしてください。