住宅ローン:転職したらどうなる?

Home / ok / 住宅ローン:転職したらどうなる?
住宅ローン:転職したらどうなる?

どんな記事?

・審査に通っていれば、転職の影響は考えなくてもよい

・たたし、収入が減りそうで返済に影響が出そうな場合は連絡

・審査中の転職は、その旨を伝える

・日頃から、繰上げ返済など対策を考える

 

 

(内容)

住宅ローンの返済中に転職することも考えられます。もし転職した場合、住宅ローンにどのような影響はあるのでしょうか?

 

結論から言うと影響はありません。住宅ローンを組む際には審査が行われますが、その審査に通り契約を結んで返済が始まってしまえば、基本的には何か変更が生じることはありません。ただ審査中に転職した場合は、その旨を連絡しておくとよいでしょう。

転職をしすぎて安定感がないと評価されたり、中小企業より大手企業で働いていたほうが審査に通りやすいということはあるようですが、転職したからといって返済額増えたり、ローンが廃止になったりすることもないので安心です。また、転職したことを銀行に伝える必要も特にないので、そのまま返済さえしていればよいと考えて大丈夫です。

 

銀行などは返済してくれるなら、現在の仕事の状態には注意を払いません。逆に言うと、返済に影響が出てきそうな場合は注意が必要です。例えば、勤めていた会社が倒産し、転職を余儀なくされて収入が半分になったとします。収入が減れば返済に回せる額も少なくなるので、最悪の場合返済が困難になる可能性も出てきます。こうした場合は転職が決まった時点んで銀行に連絡をし、これまで通りの返済が難しいことを相談しましょう。銀行としても返済されない状態が続くのが一番困ることなので、毎月の返済額の変更やプランの変更などを検討しながら一緒にこれからのことを考えてくれます。

つまり、”転職で返済に影響が出るのかどうか?”、これが重要なポイントになります。転職したからといって無条件で何かが変わるわけではありません。住宅ローンの返済は何十年にも及び、その間に仕事が変わったり収入が変わったりすることもあります。いざという時に返済に困らないように余裕がある時に繰り上げ返済をしておく、万が一のために貯蓄をしておくなどの対策も求められます。転職で収入が増えるなら問題ありませんが、減るとなれば経済的に苦しい状況になってしまうので、日頃から十分に対策を考えておきましょう。

 

最後に、住宅ローンの審査中に転職する場合は審査のやり直しなども考えられるのですぐに銀行に連絡をしましょう。急な転職でない限り審査が終わるまで転職しないことも1つの方法です。