住宅ローン:お金が必要になったらもう一度借りられる?

Home / ok / 住宅ローン:お金が必要になったらもう一度借りられる?
住宅ローン:お金が必要になったらもう一度借りられる?

どんな記事?

・新しい住宅を購入するのではなく、別の目的で住宅ローンを借りられない

・一度借りた住宅ローンが返済済み・早期償還であれば、もう一度借りられる可能性がある

・もう一度借りられるとしても、利子返済など負担をよく考える

・現在借りている住宅ローンの完済を目指した方がよい

 

 

(内容)

経済的に余裕がある時に住宅ローンを繰り上げ返済をするケースも多いでしょう。前回のコラムでも紹介しましたが、繰り上げ返済とは、ローン返済中にボーナスなどで余裕ができたときに返済を前倒しする方法のことを言います。前倒しして返済することにより、その分の利息が減るという絶大な効果があります。

しかし、繰り上げ返済をしたために、手持ちが少なくなり、急な出費に対応できないという事態に陥る可能性もあります。では、繰り上げ返済したものの再度お金が必要になってしまった場合、住宅ローンをもう1度借りることはできるのでしょうか?

 

住宅ローンを組めるかどうかは審査が通らないといけませんが、そもそも住宅ローンとは住宅を購入するためのローンです。したがって、新しい住宅を購入するのであれば借りられる可能性はあります。 しかし、新しい住宅を購入するのではなく、別の目的でお金が必要になったというのであれば、住宅ローンからお金を借りることはできません。

では新しい住宅を購入するとして借りられるかどうかですが、これは先ほど述べたように審査を受けてみないとわかりません。繰り上げ返済しているなら、古い住宅ローンはすべて払い終わっている、もしくは返済期間が減っている状態であるので、新たに住宅ローンを組んでも返済する余裕があると判断される可能性はあります。とは言え、銀行がどう判断するかは審査を受けてみないとはっきりしたことはわからないので、もう1度借りられるかどうかも不明です。どうしてももう1回借りたいという時はとにかく銀行に相談してみましょう。

ここで気をつけたいのは借りられるとして、本当に借りてよいのかどうかです。借金を新たにすれば、毎月の返済額も増えることになります。お金を借りることで一時的には楽になるかもしれませんが、後々返済で苦労するリスクも同時に抱えます。

 

住宅ローンはとても便利な制度ですが、お金を借りるからには当然返さなければならず、返済時には利息も発生します。無計画にローンを組むと後で困るかもしれないので、”本当にお金が必要か”、”ローンを組んで大丈夫なのか”も事前によく考えておきましょう。”借りられるから借りておく”、というやり方では不安が残ります。今の収入がこれからも維持できるとは限らないので基本的には今ある住宅ローンを完済することを目指しましょう。