家電の節約術

Home / コラム / done / 家電の節約術
家電の節約術

どんな記事?

・家庭のエネルギー消費の内訳で上位は、電気冷蔵庫、照明器具、テレビ、エアコン・・・

・冷蔵庫の設定温度の「弱」と「強」では、電気使用量に20%もの違いが出る

・照明器具は、蛍光ランプ・LEDの長短を考え、使い分ける

・テレビは、見ないときは電源を切る。また、音量は下げるようにする。

 

 

(内容)

家電製品を使用すると、当然電気代がかかります。言ってみれば、節約の効果が表れやすいところではないでしょうか?

上手に電気を使うことで、大きな節約効果が期待できます。

 

経済産業省・資源エネルギー庁の統計(2009年)によれば、家庭のエネルギー消費の内訳で多く占めているのが上から順に、電気冷蔵庫、照明器具、テレビ、エアコン・・・となっています。この統計から、使用時間が長い家電ほど多くの電力を消費していることがわかります。

 

 

今回は電気冷蔵庫、照明器具、テレビの節約術を見ていきたいと思います。

 

〇電気冷蔵庫の節約術

冷蔵庫は常に使用しているため、消費電力は非常に大きくなってしまいます。

しかし、冷蔵庫の設定温度の「弱」と「強」では、電気使用量に20%もの違いが出ると言われています。

外気温が低い冬は「弱」に、逆に食材が痛みやすい夏は「強」にするなどして、食品衛生を保ちつつ節電しましょう。

その他にも、

・背面10㎝、側面2㎝あけて冷蔵庫を配置し、冷蔵庫の上にはものを置かない

・冷蔵庫にはモノを入れすぎない

・頻繁に使うものはドアの近くに置く

など工夫できることは多くあります。冷蔵庫用カーテンも節電におおいに役立ちます。

 

 

〇照明器具でできる節約術

照明器具の節約と言うと、よく話題にでてくるのが蛍光ランプとLEDではないでしょうか?LEDと蛍光ランプの長所と短所をまとめてみました。

 

〈蛍光ランプ〉

〇広範囲を明るくすることができる

×点灯までに時間がかかる、寿命はLEDより短い

 

〈LED〉

〇寿命は蛍光ランプの6倍以上、点灯が早い

×広範囲を同じように照らすことができない、LEDが使えない照明器具もある

 

では、どのようにして使い分ければよいのでしょうか?

 

〈蛍光ランプ〉

トイレやお風呂、廊下などといった短時間しか使わない場所

 

〈LED〉

リビングなどの長く照明をつける場所

それぞれの長所と短所を考えて、用途に応じて使い分けるとよいでしょう。

 

 

〇テレビでできる節約術

いくらインターネットが普及しても、テレビが人々の情報源であることには変わりません。ついつい、つけっぱなしにしてしまいがちですが、見てもいないのにつけっぱなしにするのはやめましょう。見ないときは、主電源から切るようにして、長期間見ないのであればコンセントから抜いてしまいましょう。

また、音声のボリュームを下げるだけでも消費電力は下がります。テレビを見る人数や場所に応じて上手に使いわけたいですね。

 

長く使うものだからこそ、使い方を見直してみませんか?

できることからやってみましょう!