運動ダイエットをしよう

Home / コラム / done / 運動ダイエットをしよう
運動ダイエットをしよう

どんな記事?

・有酸素運動(エアロビクス、エアロバイク、ウォーキングなどで少しの力で長時間できる運動)で脂肪を燃焼

・基礎代謝を高めてくれる無酸素運動(筋肉がつき、結果的に寝ているときも脂肪が燃焼)も必要

・有酸素運動と無酸素運動で相乗効果

・運動前後には必ずストレッチを行う

 

 

(内容)

ダイエットのためには、運動は欠かすことができません。

 

人間が運動しなければいけない理由は、筋肉量を増やすことで基礎代謝をアップさせ、消費エネルギーを増やしていく必要があるからです。

また運動は疲れをとったり、病気を防いだり、精神的にもストレス解消に役立ち、リフレッシュできます。

 

では、”どんな運動がダイエットにいいのか?”と言うと、やはり有酸素運動がお奨めです。

有酸素運動は、エアロビクス、エアロバイク、ウォーキングなどで少しの力で長時間できる運動のことです。

この運動の効果は体脂肪を使い切ることです。脂肪を燃焼させるためには、酸素が必要で、一般的に有酸素運動を20分以上続けることで脂肪燃焼が効果的に起こると言われています。このように、無理をせずにダイエットは継続することができます。

 

有酸素運動をしようと思っていたはずが、頑張って走りすぎてしまうと、浅い呼吸になってしまいます。脂肪を燃焼させる酸素が不足になって、カロリーは消費されますが、脂肪は減りません。ですので有酸素運動をする際には浅い呼吸にならない程度で頑張りましょう。長く続けられる強度を自分の中で探っていくことが大切です。

 

有酸素運動は脂肪を燃やしてくれますが、ダイエットをするためには基礎代謝を上げることも重要になってきます。基礎代謝を高くするには無酸素運動が最適になります。筋肉トレーニングや短距離などの運動は、酸素を補給しないので長時間運動はできませんが、筋肉を使うので糖質を減らすことができます。

 

筋肉をつけることで血液の流れ、酸素の供給などを活発にさせてエネルギー消費を増やし、基礎代謝を増やすことができます。基礎代謝が高くなれば、寝ているときでも脂肪を燃やしてくれるので、太りにくい体になることができます。ちなみにおすすめはスクワットです。スクワットは筋トレの王様と呼ばれており、全身の筋肉量のおよそ70%あるという下半身の筋肉を効率よく鍛えられるからです。基礎代謝のアップも大いに期待できます。

 

ダイエットには、実はこの2つの運動のバランスが重要になっています。もし運動ダイエットを始める場合、この2つのことが基本となるので無酸素運動と有酸素運動を取り入れれば理想的な運動ダイエットになります。

 

まず筋肉トレーニングを行い、無酸素運動を行い、糖質を増やすことや基礎代謝を上げる効果を得る。その後有酸素運動のランニングをすると脂肪を燃焼させ、最後にまたストレッチをして身体を整えると、理想的な運動を行うことができます。

 

無理な運動をせずに、継続できるような運動ダイエットをしましょう。