バターとマーガリンの違いとは?

Home / コラム / done / バターとマーガリンの違いとは?
バターとマーガリンの違いとは?

どんな記事?

・バターは動物性脂肪で原料は牛乳で、マーガリンの原料はコーン油・大豆油など植物性脂肪

・バターに含まれるコレステロールは細胞膜の構成成分や性ホルモンなどに必要で大切なもの

・マーガリンに含まれる飽和脂肪酸は、脂肪燃焼や脳の働きをよくする

・マーガリンに含まれる不飽和脂肪酸には、ダイエットや動脈硬化予防に適している

 

 

(内容)

バターとマーガリンの違いは何なのでしょうか?

 

皆さんご存知の方も多いと思いますが、バターは動物性脂肪で原料は牛乳で、マーガリンの原料はコーン油・大豆油など植物性脂肪です。

 

マーガリンには2種類あり、油脂含有率80%以上の通常のマーガリンとマーガリンよりヘルシーな油脂の割合が80%未満のファットスプレッドがあり、大手食品会社が販売しているものの多くがファットスプレッドです。

 

添加物の違いで言うと、バターの原料は天然の動物性脂肪を固めたもので添加物は塩だけです。逆にマーガリンは加工品なので、圧倒的に添加物量は多くなっています。

 

現在話題になっているトランス脂肪酸は様々な食品に入っており、その量と質が問題になっています。

食物に含まれる脂肪酸にはトランス型とシス型があり、人工的に作ったのがトランス型で天然のものはシス型と呼びます。トランス脂肪酸はバターにも入っていて、その含有量はマーガリンより少なくなっています。

日本の場合、この含有量は国際基準を完全に満たしていて、問題ありません。

 

 

健康への影響はその摂取量によって異なってきます。

バターで特徴的なものはコレステロールですが、マーガリンにはコレステロールはほとんど含まれていません。

コレステロールは取り過ぎると健康被害が懸念されますが、コレステロール自体は細胞膜の構成成分や性ホルモンなどの材料になる大切なものなので、適度に摂ることは必要になります。

マーガリンは飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の割合が半々くらいです。飽和脂肪酸は、脂肪燃焼や脳の働きをよくすると言われています。また、ダイエットや動脈硬化予防に適しているのは、不飽和脂肪酸だと言われているので、バターを摂取するよりはマーガリンが健康には適しているという見解もあります。

 

食生活には一般的なバターとマーガリンですが、欧米化の食事化がどんどん進み、現在では老人から子供まで当たり前に摂取する時代になりました。その中でいいものを選び、摂取方法も大事になってきています。

 

天然のバターと加工品のマーガリンには、それぞれ長所がたくさんあるのでバランスを考えて摂取する必要があります。食べ物全般について言えますが、過剰な摂取はよくありません。健康に配慮した食生活を送っていきたいですね。