ダイエット食生活!

Home / ok / ダイエット食生活!
ダイエット食生活!

どんな記事?

・早食いは、食べ過ぎにつながる

・食事を取る時は、食べることに集中する

・お菓子を食べる時は、洋菓子より和菓子を食べるようにする

・歳をとるとカロリー消費が悪くなる

 

 

(内容)

”ダイエット”と言えば運動の方をまず考える方もいるかもしれませんが、普通に食べていても”ダイエット”ができる方法があります。それは、”日頃の食べ方をほんの少し変えるだけ”で、できることなのです。

”食事を我慢したくない”、”つらい運動も面倒くさい”と思う方にはお勧めです。

 

1つ目は、”早食いをしない”ということです。肥満の第一歩になってしまいます。

肥満は食べ過ぎで起こります。人間は満腹を感じてしまうと食事を摂りたくなくなるのが普通ですが、この早食いは食べ過ぎの原因になってしまいます。

 

通常の食事では、脳がその量を判断しますが、満腹になったという指令は15分以上かかってから出るので食べ過ぎになってしまうのです。

満腹なのに、満腹だと感じるにはタイムラグがあるので、早食いの人は気をつけましょう。逆に、ゆっくり食べることで、食べる量をコントロールすることができ、ダイエットになります。

 

2つ目は、”食事に集中して、食事を取る”と言うことです。

テレビを見ながらの食事や、スマホやパソコンでネットをしながらの食事は、満足感が得られにくく、食べ過ぎの原因になってしまいます。

ゲームをしながらの食事も同じで、脳の指令を邪魔してしまうため、満腹かどうかわからない状態で、食べている状態なのです。

 

 

和菓子や洋菓子はともに甘いもので避けた方がよいのですが、どうしても食べたいと思うことはあると思います。そのときは、和菓子にしましょう。

同じ甘いものでも、洋菓子に使われている卵、バター、生クリームにはコレステロールが高濃度で入っています。

しかし、和菓子にも砂糖は入っていますが、コレステロールが入っていません。

コレステロールは悪者ではないのですが、過剰摂取には注意が必要で、ショートケーキより大福を選ぶ方がよいでしょう。

 

前回の「バターとマーガリンの違い?」でも紹介しましたが、マーガリンには飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸が含まれています。飽和脂肪酸は、脂肪燃焼や脳の働きをよくします。不飽和脂肪酸は、ダイエットや動脈硬化予防によいとされています。なので、食事に加えてみてはどうでしょうか?ただし、過剰な摂取は禁物です。

 

 

規則的に食べていると思っている人は、時間が来たらお腹が空いていなくても食べる習慣がついている人です。特にサラリーマンの方は、昼休みが決まっているので、お腹が空いていなくても、昼ご飯を食べてしまいます。

何気なく取ってしまう食事ですが、年をとると若いときよりはカロリーを消費しなくなるので、お腹がなったときに食べるようにしましょう。